★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】ユーキャンスマイル

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

ユーキャンスマイル (騎手:武豊)

春は善戦続きもワンパンチ足りなかった

最高の名手を背に淀の観客に笑顔をもたらせ

 

 

一部でかなり穴馬として盛り上がり始めているユーキャンスマイル。

面白いなぁとは思っていたんだけど、流石に無視できないレベルになってきたのでここでもじっくり考察したい。

 

血統:

父:キングカメハメハ

母:ムードインディゴ

母父:ダンスインザダーク

 

血統的にはなるほどなぁ、といった感じ。

ダンスインザダークはもう菊花賞に出てたらとりあえず買っとけというぐらい、長距離・しかも京都に適性がある馬。

しかもムードインディゴも中~長距離に適性のある牝系なので、菊花賞は合いそう。

 

コース適性:〇

京都は3戦して2-0-0-1。

1敗は京都新聞杯の時のもので、この時は明確に上位たちとの差があった。

ただ鞍上も淀の長距離にめっぽう強い武豊なので、コースに対しては全く心配ないと思う。

 

展開:◎

京都新聞は出ては後方からになったけど、基本的には好位から王道の競馬をするタイプ。

あとで後述するけど今回はこの馬よりも内に先行馬たちが密集する結果になった。

なので普通にスタートすればおそらく好意の位置を無理なくスっと取れてしまう。

そうなるとこの馬にとってはかなり展開が向いてくるだろうなぁという気がしている。

枠は最高だと思う。

 

阿賀川特別 2人気1着 2:10:9 (3F 34.2)

60.2-58.5 スローペース

12.5-11.3-11.4-12.1-12.9-12.2-12.0-11.8-11.7-11.5-11.5

 

まずは前走から考察したい。

舞台は新潟の内回り、高速馬場で、後半のロングスパートで長く早い脚を要求された1戦。

 

この馬は良いスタートから好位に無理なく付け、飛ばした前の3頭を追っていった。

最後の直線で徐々にスピードを上げて、前が止まらない中でも外から一気に先頭を飲み込んで 見事勝利を飾った。

レースを見てるときはわからなかったけど前もラップを落としておらず、その中で明確に1頭違う脚で差し切ったのでかなり強かったなと思う。 

 

 

ダブルフラット比較で見てもかなり長い距離でスピードを持続させているので、この時点で菊花賞の好走の必要条件はある程度満たしてきているように感じた。

もちろん高いレベルで見れば弱点はあるんだけど...それは後述する。

 

京都新聞杯 1人気1着 2:11:4 (3F 34.2)

58.5-59.3 ハイペース

12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9

 

京都新聞では色々と噛み合わなかった。

 

まず先頭のペースが速かったためやや後方気味からのレースになったが、先頭がペースを落としたところでペースを上げたかったんだけど進路がなく後ろに下がってしまった。

最後の2Fぐらいでやっと後方から追い上げてきたが、先頭には及ばず6着に敗れた。

スピードの乗ってからは見所のある脚で迫ってきてたし、最後も全く衰えることなくゴール板を通過しているので力を余らせてしまっており、もったいないレースとなった。

 

展開一つと言ってしまえるんだけど、ここでも前走と同じようにちょっと気になる点が一つある。

それがコーナー部分でもたれるような走りになって少し置かれてしまっているところ。 

 

もしかしてこの馬はあまりコーナリングが得意でないのでは?というところが非常に気になっている。

菊花賞はコーナー6回の長丁場なので、この癖というか弱点は克服してこないといけない。杞憂だといいんだけど。

 

つばき賞 3人気1着 1:49:0 (3F 36.2)

47.3-49.1 ハイペース

12.6-11.0-11.6-12.1-12.6-12.4-12.5-12.1-12.1

 

気になって過去のレースを見たらつばき賞でも同様の癖を見せていた。

トロールビデオを見ればよくわかるんだけど、騎手がうまくもたれるところを矯正しようとしていることがわかる。

その中で素質で勝ってしまうんだから実力はかなりあるのは間違いない。

 

 

まとめ    

個人的に長距離になればなるほど騎手が大事だと思っていて、特に淀の長距離は騎手の成績がはっきりしていて武豊・蛯名・横山典あたりはかなり強い。

デムーロとかは去年ついに勝利したけど、この舞台ではまだまだ日本人ベテランジョッキーに一日の長があるかなと思っている。

そう言う意味では鞍上が武豊、しかももたれる癖はあるんだけどそれをよく知るジョッキーが乗るのは非常に心強い。

しかも前述したけど枠順は最高で、ジェネラーレウーノ・エポカドーロ・メイショウテッコンが内側に綺麗に並んだ(しかも最内がアイトーン)ので、何の苦労もなく先行争いを尻目に好位を取れる可能性がある。

そればっかりはほかの騎手がどう考えるか次第でもあるんだけど、少なくとも位置取りの心配は減ったかなと思う。

 

いい末脚も持っているしスピードの持続力もあるので、秋華賞カンタービレのように気づけば後ろから(どっちかと言うとラテュロスのイメージ?)なんてこともあり得る。

実力はもうちょっとと言うところなんだけど、調教も良かったし今の所は穴で抑える可能性が高い1頭になったかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ