★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】ヴィブロス【ドバイの走りは再現可能か?】

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

ヴィヴロス (騎手:福永)

紆余曲折を経て戻った鞍上

紅一点でも牡馬に引けを取らないドバイの走りを見せつけろ

 

 

前走の宝塚記念では実に2年近い時を経て鞍上が元の主戦騎手に戻ってきた...

外野で言われる以上におそらく色んなことがあったであろうことは想像に難くないけど、鞍上の福永のプロ意識は騎手の中でも折り紙つき。前走は集中した良い走りだったと思う。

5歳になったがレース経験はまだ14戦。国内・海外を転々としているが見た目以上にまだまだ若い紅一点。牡馬の強豪たちをあっと言わせられるか、ヴィヴロスと福永のコンビについて考察したい。

 

血統:〇

父:ディープインパクト

母:ハルーワスウィート

母父:Machiavellian

 

母の名前はそんなに競馬に興味がないor競馬を始めてすぐの人でももしかしたら聞いたことがあるかもしれない。 

なんといってもあのハマの大魔神の所有馬で、シュヴァルグランヴィルシーナ、そしてヴィヴロスと実に3頭ものGⅠ馬を生み出している名牝と言っていい馬。

大魔神ってホントに引きが強いよなぁ...って思うわ。正直この牝馬に出会えたのはすごい奇跡だよね。

将来馬主になりたい人にとっては夢のある話だよね。

 

適正的な話をすると母は典型的なパワータイプで短距離を中心としたダート馬だったけど、ディープやハーツクライといった芝馬と相性が良かったのか、産駒の活躍率はとても高い。

好成績を残しているのも芝中距離に集中している。

 

コース適性:〇

意外と府中はあまり走っていなくて、2017年10月、つまり去年の府中牝馬Sのみ。

ただこの時も半年ぶりの中でいいレースをしてきたし、多分適正はあるといって良いと思う。

走りとしては牝馬らしい素軽い瞬発力を持っていて、長い脚を使える能力もあるので、長い直線の舞台は絶好といって良い。

 

展開:〇

結構どんなレースにも対応してくるタイプなので展開は不問かな。

ただ比較的、後方からが多いということもあって流れたレースの方が好成績。

ただスローペースならそれなりの前目の位置を取れるといった器用さも持っているので、今回の上位陣の馬たちにとっては割と厄介な馬出おもしろい馬だと思う。

 

宝塚記念 3人気4着 2:12:1 (3F 36.0)

59.4-60.2 ハイペース

12.2-10.8-11.4-12.7-12.3-12.0-11.8-12.1-12.2-11.7-12.4

 

まずはドバイ帰りの1戦となった前走を振り返りたい。

あまり渋った馬場は得意でないイメージがあったんだけど意外とこなしてきたなというイメージ。

ペースが流れる中で後方からになったんだけど、その中でも最後はしっかりと脚を使ってきて惜しくも4着という結果だった。

 

この馬は結構掴みどころのない馬で、見てきて長いんだけど未だに適正を図り兼ねているところがある...

結構予想屋泣かせな馬で、ここで来る?といったところで好走したり、ここは来るやろ、って言ったところで凡走したりする。

陣営もおそらくそんな感じで、京都外回りは合うやろ⇒伸びきれず敗北...中山はいいと思う⇒惨敗...といった風に試行錯誤を繰り返してきた感じ。

個人的にはこの原因の一つが秋華賞で勝ってしまったことにあるんじゃないかと思う。後述するけど多分あまり得意でない京都の内回りという舞台で勝ってしまったために、中山を優先して使ったりすることになったんじゃないかと。

この時の秋華賞は上位組がすべて離脱したいわば敗者復活戦状態で、本当に高いレベルにあったとは今は思っていない。

なので良くも悪くもこのレースがこの馬の適性を見極めるための足かせになったのかなと思っている。結果的にだけどね。 

 

ドバイターフ 4人気2着 1:46:5 

47.7-46.9 スローペース

14.0-11.2-11.1-11.2-11.4-11.6-11.9-11.7-11.9

 

なんで適性の話を長々と述べたかっていうと、実はこの馬府中の芝2000mかなり合っているんじゃないの?と最近特に思うからである。

参考になるのがドバイターフのレースで、このレースへの適性に関しては2年続けて好走していることからもそこは疑いのないところ。

 

そして今年の2着となったレースはかなりレベルが高かったと思っていて、敗れたにしろ1着のベンバトルはかなり強かったと思うので価値ある2着だった。

何より 日本馬同士の争いとなった2着争いで1800mマイスターのリアルスティールや、今の牝馬最強かもしれないディアドラを抑えているのは強い。

特に先日のディアドラのレースを見る限り、今のディアドラを後ろから差せる馬っていうのはなかなかいないと思うので(このレースは半年前のものではあるんだけど...)、そう考えてもかなり魅力に映る末脚だった。

ラップを見てわかるように道中も全くペースが緩まない厳しい流れの中で後方から長く速い脚を使ってきたし、こういう厳しい流れでこそ強さを発揮するのかなという印象が強くなった。

 

結構ドバイのコースと府中のコースは共通点があるし、そのドバイの1800m戦で2年続けての好走はもはやフロックでも何でもない。

このレースの脚が引き出せれば、天皇賞という舞台でもかなりいい勝負になるはずである。 

 

府中牝馬S 1人気2着 1:48:1 (3F 33.2)

49.5-46.2 スローペース

12.9-11.6-12.3-12.7-12.4-12.5-11.2-11.0-11.5

 

それを頭に入れた上で日本での唯一の府中戦となる府中牝馬Sについて振り返りたい。

まずドバイ帰り半年ぶりのレースなので非常に未知の部分が多いレースだった。

 

この日は馬場が結構重くてペースが遅く、その中でも騎手の心理的に仕掛けが遅いレースになっていて、ラスト3Fの瞬発力が問われた直線レース。

本当に直線に特化したレースになっているんだけど、その中で勝ったクロコスミアにとっては願ってもないルメール風に言うとごっつぁんレースだった。

その中でもいいポジションを取りつつ最後まで伸びてきてたし、狭いところを開けてくる根性も見せたのでなかなか強かったと思う。

このレースを今になってみると、この馬府中でかなり強いレースができるのかも...と思う次第である。 

 

ただちょっと物足りなかった点としては、このレースみたいに極限の加速力が問われるとちょっと置かれていたので、あまりに瞬発力勝負になるのは避けたいかなと思う。

せめて4Fにラップを分散する形が良くて、もっと欲を言うと前が出し切って最後の1Fを落とす形がいいと思う。その中で後ろから長い脚で追い込んでくる展開がやはりベストなんだろうなとは感じる。

そういう展開にならなさそうなのがちょっと悩ましいところかなぁ。本当に悩ましい。

 

 

まとめ     

個人的には現在、5番人気以下の穴目の馬では一番期待している馬になるかな。 

前述した通り実は府中の舞台で強いんじゃないかと思っていて、そう考えたときにこの人気・この条件で出走できる天皇賞はかなり狙い目かも知れない。

 

一方でスローペース濃厚、瞬発力の優れた差し馬が多いという状況の中だと、前述した府中牝馬Sのような展開にあると苦しいかなとも思う。

できれば前がある程度飛ばして流れる中で、後方から無理をせず末脚にかける展開になって欲しい。

ただスローペースでもそれなりにやれる馬なので、少なくとも3着には拾いたいと思っている。

3連系の馬券を買う人は間違いなく馬券に絡めておくべきだと思う。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ