★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】メイショウテッコン

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

メイショウテッコン (騎手:松山弘)

父は同舞台で見る者をいい意味で裏切り魅了した

父の背中に追いつき、そして追い越せるか

その自慢の脚力でどこまでも逃げてゆけ

 

個人的にかなり狙っていた1頭なんだけど意外と人気しているなと感じる。

神戸新聞杯ラジオNIKKEI杯も強い競馬だったし、番狂わせの準備と舞台は整った。

春の実績馬たちに追いつき追い越せ、メイショウテッコンについて考察する。

 

血統:〇

父:マンハッタンカフェ

母:エーシンベロシティ

母父:Lemon drop Kid

 

冒頭で述べたけど父は菊花賞で番狂わせを演じたマンハッタンカフェ

ただし意外と産駒たちは長距離でそのイメージ程は走れていない。

牝系はキングマンボ系でどちらかというと中距離のパワータイプ。

通用する素養は十分なんだけど、客観的に見ると3000mという距離は未知数かもしれない。

 

コース適性:〇

京都は4戦しており2-0-0-2。

 

成績だけ見ると、展開次第でパフォーマンスが変わるまさに逃げ馬のそれ。

ただし後述するけどレースの引き出しは確実に増えてきている。

コースの適性は間違いなく悪くない。

 

展開:〇

逃げ馬は菊花賞での成績は最悪なんだけど、過去の菊花賞を見るとはっきり逃げた実力馬というのは実はほとんどいない。

一般的にも目標とされるリスクが大きく増える逃げという戦法で、3000mという舞台を逃げ切るのはかなりハードルが高いんだろうなと率直に感じるかな。

 

神戸新聞杯 6人気3着 2:25:7 (3F 34.7)

61.9-58.7 スローペース

13.0-11.2-12.5-12.5-12.7-12.5-12.5-12.3-11.8-11.2-11.3-12.1

 

はっきりと成長を見せつけた前走の神戸新聞杯

人気が語るように第2、第3グループの位置づけだったが、単騎の逃げからしっかりと粘り込み3着を確保した。

エポカドーロがよもやの出遅れで単騎でいく形となったが、トライアルらしいスローペースの逃げ。

最後の最後までよく粘っていたが、ラスト1Fでワグネリアンとエタリオウの末脚に屈しての3着だった。

 

冒頭でも述べたけどこの馬実はかなり強いと思っていて、その根拠の一つがこのレースで非常に強いレースをしたと思っていること。

 

まずラップだけ見ればスローペースなんだけど、先頭~後方まであまり差のない中でのスローペースの逃げなので、後方勢にはかなり余裕があった。

特にワグネリアン視点で見ると、最も得意とする高いレベルで速い脚を持続するレースになっており、そうして見た時にかなり粘り込めて良い勝負が出来ていたなと思う。

もちろんこの馬から見て前半無理をしていないが故に最後粘り込めてたというのもあるんだけど。

 

ただ馬体重も10kg以上増えていたし、叩きの中で春の最上位組を相手にこれだけ粘り込めていたのはかなり良い材料だった。

一気にクラシックの第1グループまで来たといっても過言ではないと思う。

 

ラジオNIKKEI杯 2人気1着 1:46:1 (3F 34.8)

46.3-47.4 ハイペース

12.2-10.4-11.6-12.1-12.4-12.3-11.9-11.6-11.6

 

前々走は後方から追い上げたフィエールマンを振り切って重賞初勝利を手にしたが、このレースで非常に面白い存在だと思い始めた。

 

まず前がかなり飛ばしている中で、行きたいのをなだめながら好位からの競馬だった。

ハイペースからの最後の3Fでスピード持続勝負になっているが、外から先頭を一気に捉えて最後までペースが落ちなかった。

フィエールマンもものすごい脚で追い上げてきているんだけど、着差以上にこの馬には余裕があったように見えた。

 

最後までスピードを落とさずに駆け抜けられた大きな理由が中盤の緩み。

この中でうまく息を入れて最後まで脚を持たすことができている。

そして、そのあと一気に加速出来ているのでエンジンのかかりも速い。これがこの馬の大きな強みだと思う。

 

京都新聞杯 1人気1着 2:11:4 (3F 35.0)

58.5-59.3 ハイペース

12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9

 

京都新聞ではその息を入れることができなかった。

このレースもラジオNIKKEIと同じようなレースで中盤緩んでいるんだけど、この時はうまく息が入らなかった。

トロールビデオを見る感じだと騎手と馬が少し喧嘩をしていて(ように見えた)、馬がまだまだ子供だったなという印象。 

この次走の白百合ステークスでは速いペースの中しっかりと粘りきってきた。ここでの負けをターニングポイントに、馬が逃げ方を覚えたのかなという感じがする。

 

強い逃げ馬は逃げながら強さをどんどん増していくと言うけど、この馬についてもまさにそれが当てはまって、レースの度に強みを増して行っているように見える。

 

 

まとめ    

この馬の強みはスピード能力が高く良い位置を取れること、その中で息さえ入れば後半もしっかりと脚を使えるところ、そして、ギアの上げ下げがレースの度に上手くなってきているというところ。

正直武豊が鞍上なら迷わず本命だった。それぐらい今年度のメンバーで見たときに逃げ馬としての資質が高いと思っている。

 

 よくジェネラーレウーノがキタサンブラックに似てる!と言われてるけど、パフォーマンスというか、馬として本当にキタサンブラックに近いのはこの馬かエポカドーロじゃないかなと個人的には思っている。

こういうタイプの馬を操るのが本当に武豊は上手いからね。...とはいえ、松山にはこの馬の強みをしっかり生かした強気なレースをして欲しいと思う。

逃げなくても強いし、逃げればもっと強い。

 

枠順が非常にカオスなことになっていて、アイトーン・ジェネラーレウーノ・エポカドーロと横並びというまさかのスタートになった。

どの馬が逃げるのか、展開を読むのが難しすぎる。予想ブログを立ち上げてまさか初回からこんな難しい問題が出されるとは思わなかった。笑

 

そう言う意味では、逃げずに折り合って結果を残したラジオNIKKEIが大きな財産になってくると思う。

前走後は疲れが出たと言っていたし、ワグネリアンも離脱した。

神戸新聞杯は見た目以上にタフなレースだった可能性も高い。

この馬も調教後の馬体重が更に10kg以上増えているので、この見極めは非常に重要かなと思う。

 

今のところ本命に近い、重い印を打つ可能性もある1頭。

ギリギリまで悩んで答えを出そうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ