★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】スワーヴリチャード

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

スワーヴリチャード (騎手:デムーロ)

大阪杯では力の違いを見せつけライバルを一蹴した

父譲りの成長力を味方に今年こそ覇権を奪え

 

大阪杯では強い競馬で一気に古馬戦線の中心的存在となり、安田記念でもレベルの高いマイラーたちを相手に素質十分な戦いを見せた、スワーヴリチャードが満を持して天皇賞に出走する。

府中の舞台はまさに庭。今度こそ名実ともに古馬戦線の派遣を奪い取れるか、スワーヴリチャードについて考察したい。

 

血統:〇

父:ハーツクライ

母:ピラミマ

母父:Unbridled's Song

 

兄弟のエマノンもそうなんだけど、中距離戦のパフォーマンスに非常に優れている。

父はあのディープインパクト有馬記念で破ったハーツクライで、知ってのとおり成長力が売りの血統。傾向的にハーツクライ産駒は4歳を超えると完成を迎える産駒が多く、勝っているときは勢いそのままに好調を維持することが非常に多いイメージ。

なのでスワーヴリチャードにとっても、まさに充実の秋になる可能性は十分。

 

コース適性:◎

東京コースは2-2-1-0で非常に得意としている。

 

3着も適正があるとは言えなかったマイル戦の安田記念のものなので、府中コースはまさに庭といっていいだろう。

特に1ターンの府中2000mは最も得意とするコースだと思うので、コースに関しては全く言い訳が効かないくらい良い条件。

 

展開:◎

安田記念のペースですらある程度の位置で追走できるし、左回りなら自在に動くこともできるので、枠順次第だけどある程度の位置も取れると思う。

出遅れぐせがあるので欠点になるんだけど、ポジティヴに考えれば、前走マイル戦を使ったことが馬にとって前向きさが出て良い方向に繋がるかもしれない。

スローペースからの瞬発力にも非常に優れているので、天皇賞の条件はピッタリ合うだろう。

 

日本ダービー 3人気2着 2:27:0 (3F 33.5)

63.2-61.2 スローペース

13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4 

まずは皐月賞の敗戦から立て直した日本ダービー

かなりのスローペースで後半3Fの直線の瞬発力が求められた1戦。

中段ぐらいの位置取りでジッと我慢していたんだけど、外からレイデオロが一気にまくって抜け出したのを後方から猛追したけど捕まえられなかった。

 

このレースに関してはレイデオロが予想以上に強くて&ルメールの好騎乗を褒めるべきで、この馬もダービー馬になる素養は十分のレースをしていた。

このラスト2Fで10秒台の瞬発力を出すことが出来るのは天皇賞で非常に大きな武器になる。この馬は左回りだったら位置取りの心配もそんなにする必要がないので、スローペースで前半無理をしなかったら間違いなく速い脚を使ってこれる。

 

ただこの時は対レイデオロに関して言えば完敗だった。

  

大阪杯 1人気1着 1:58:2 (3F 34.1)

61.1-57.1 スローペース

12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6

 

その後有馬記念で3着に入り年内を終え、2018年初戦の金鯱賞で強い競馬した中で迎えた大阪杯

この1戦はまさに古馬としての真価が問われる1戦だったんだけど、非常に高いパフォーマンスで見るものを驚かせた。

まずラップを見て驚かされるのが後半5Fが57.1と異常に速い。前半が61.1と遅かったのもあるけど、この馬は後方から一気にまくった上で57.1のラップを踏んでいるから間違いなく強かった。

 

この馬としてはゲートの出遅れで後方からになってしまったけど、道中ほかの馬のペースがあまりに遅かったので自ら捲っていってしまった。

そして4角ではもう先頭に並びかけて、最後は一気の瞬発力で他馬を置き去りにして、ペルシアンナイトの追撃も封じ込めた。

阪神の短い向こう正面でまくるなんて重賞どころか平場でもあまり見られないんだけど、このレースは武豊ルメールもおらず、他の騎手のその辺の意識が非常に低かったことと、デムーロがそれを見越して一気に勝負をかけたまさに会心の騎乗だった。

 

まぁこれに関してはデムーロ流石、なんだけど、馬としてみるとこの出遅れ癖は非常に危険な要素。

府中の2000mで同じことをやるともうリカバリーは出来ないので、今度はゲートについて非常に重要になる。

まぁ安田記念で大丈夫だったからそんなに心配はいらないかもしれないけど、ミルコは自分でも認めるほどゲートが苦手な騎手だからね。

 

とは言え、このパフォーマンスやアルゼンチン共和国杯の走りを見る限り、こと左回りに関しては現役最強レベルの脚を持っている。

不利がなければ普通にこのメンバー相手でも押し切れるだけの力を持っているし、成長している。

 

皐月賞 2人気6着 1:58:2 (3F 34.3)

59.0-58.8 平均ペース

12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7

 

じゃあこの馬に弱点はないのかというと、気になるのがこの皐月賞の敗戦。

有馬記念でもそうだったから右回りで、というところももちろん大きいんだけど、このレースは序盤からそれなりに流れていく中で中団で追走していたが、少し追いかけるのが辛い感じで徐々にポジションを落として、最後は馬が苦しくなって伸びてこなかった。

 

有馬記念でも同じように手前を替えるのに手間取ってたから右回りで顕著なんだろうけど、苦しくなってくると脚の切り替えが上手くできなくなる癖がある。

この皐月賞では速いペースをそれなりの位置で追走することになったけど、そういう基礎的なスピード能力がある程度要求される戦いになると、少し末が甘くなってしまう傾向にある。

安田記念でもマイル戦のペースをある程度好位で追走できていたけど最後の末脚が甘くなってしまったので、この馬にとっては前半は無理をしないほうがいいんだと思う。

 

前半がけっこう流れるような展開になると飛ぶという可能性は充分出てくるように思う。

 

まとめ    

今までのパフォーマンスでもわかるように府中はまさにこの馬にとっての庭 だし、金鯱賞大阪杯でも強い競馬を見せつけてきており、まさに成長の一途を感じ取れる。

一方で安田記念からの直行というのはあまり例になく、少なくともあまりプラスになるようなイメージはない。

とは言えライバル陣も順調に来ている馬のほうが少ないので、このメンバーの中でも実力は最上位と見て間違いない。

 

よほど極端な流れにならず、不利を受けるようなこともなければ一番馬券内が固い馬だろうなと考えている。

 

あとは追い切り等からしっかり馬の状態を見極めたい。

現状では本命候補の1頭で考えている。

 

↓クリックで協力頂けると今後の運営上、非常に助かります↓

人気ブログランキングへ

 

↓非常にオススメの予想サイトで、無料で活用できます↓

注目レース無料情報はコチラ