★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】ステイフーリッシュ

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

ステイフーリッシュ (騎手:藤岡祐)

京都新聞杯では強い競馬で後続を寄せ付けず

名前の通り、常識に囚われない走りで道を切り開け

 

かのジョブズが語った名言のとおり、京都新聞杯ではアッと驚く先行からの押し切りで重賞を制覇し、まさにその言葉をレースで体現したが、菊の舞台でも同じことが出来るだろうか。

現状予想オッズで11番人気と人気は低いがステイフーリッシュについて考察したい。

 

血統:

父:ステイゴールド

母:カウアイレーン

母父:キングカメハメハ

 

 

ステイゴールド産駒は過去の菊花賞で2勝(ゴールドシップオルフェーヴル)しており、長距離戦への適性も高い。

またステイゴールド×キングカメハメハは最近だとスプマンテとかと同じ組み合わせで、いわゆる「走る」傾向が強い血統である。

母のカウアイレーンはあまり長距離志向が強くない所が気になるが、今までのレースぶりからは3000mへの延長はおそらく問題にならないだろう。

 

コース適性:◎

京都では1戦のみだが、それが京都新聞杯での完勝のもの。

後で語るがこのレースはかなり強かったと思っているので菊花賞の舞台は本当に楽しみである。

 

展開:〇

正直どんなレースをするか中々読めないところがあるので何とも言い難いけど、

京都新聞杯で完勝したコンビなのでおそらく同じような戦法で来るだろうと思う。

ただし今回は先行馬が多いのでそこの兼ね合いがどうかなという所。これは他の先行馬にもすべて言えるんだけど。

今のところだけどあまりペースも上がらないと思っているし、いかに前目のポジションに着けることが出来るかがこの馬にとってはカギになってくるかなと思う。

 

神戸新聞杯 4人気5着 2:26:4 (3F 35.2)

61.9-58.7 スローペース

13.0-11.2-12.5-12.5-12.7-12.5-12.5-12.3-11.8-11.2-11.3-12.1

 

まずは前走、5着に敗れた神戸新聞杯を振り返る。

 

スローペースの中、スタートを決めるが外枠から飛ばした各馬を前に行かせて無理に逃げなかった。

絶好の好位で無理をせず前についていき3番手につけ、4角でも特に不利なく駆け上がっていったが直線は思ったほどあまり伸びず、最後はエポカドーロに遅れて5着だった。

 

京都新聞杯の強いレースを考えるとう~ん...という所だった。

後述するけどこの馬はペースが上がった方が良さが出るのかもしれない。

 

まぁ叩きだったこともあるし、直線も最後の1F近くまでは食い下がっていたのでそこまで悲観するような内容ではなかった。

どちらかと言うと3角手前でこの馬基準でペースを少し落として他馬とほとんど同じ位置取りになってしまったのが良くなかったかもしれない。

要するに、めちゃくちゃ切れる脚があるわけでもないので現状は位置取りで優位に立ち、そのセーフィティリードをいかに保てるかという競馬が合っているのかもしれない。

これぐらいのペースであればメイショウテッコンのような位置取り・レースで進めるのが良いのかもしれない。

  

日本ダービー 10人気10着 2:24:2 (3F 34.3)

60.8-58.3 スローペース

12.7-11.0-12.3-12.4-12.4-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.2-12.2

 

上述した根拠となるのが10着に敗れた日本ダービー

スタートでやや出負けしてしまい、そこからあまり無理に出さずに中段に位置を取っていた。

横山典が仕掛けを我慢しつつ、4角から徐々に押し上げていくも他馬に比べて脚色で優位に立てず、後ろの差し馬にも抜かれて10着に敗れてしまった。

 

このレースでもそうだったんだけど、直線で切れる脚がそんなになく、またスピードの持続性も一定の水準にはあるんだけど他馬をねじ伏せるほどのポテンシャルがあるかと言うとそうでもない。

そのため位置取りが後ろからになってしまうと他馬に比べて優位な所がほとんどなくなってしまう印象にある。

 

京都新聞杯 7人気1着 2:11:0 (3F 34.6)

58.5-59.3 ハイペース

12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9

 

じゃあこの馬の強みはどこかと言うと、おそらくその答えがあるのがこの馬のベストバウトの京都新聞杯

 

このレースではゲートをきれいに出た後に積極的に位置を取り、

内のメイショウテッコンが速かったため離れた2番手となり追走して行った。

 

3角手前でメイショウテッコンが大きくペースを落としたところで前との差が詰まり、この馬で見ると同じようなペースで軽快に追走し、下り坂から追い始めて直線入り口で先頭に立った。

そして残り2Fの時点でしっかりと抜け出し、最後の1Fでアドマイヤアルバやシャルドネゴールドが迫ってくるも抜かせなかった。

 

このレースは正直かなり驚いたし、強さを見せつけたなと思っている。

中盤でかなり緩んだとは言え、序盤もペースが速かったしその中で坂の下りから一気にペースが上がっている。

アチェンジとスピードの持続力の2つの要素を高いレベルで求められた1戦。

この中で他馬との比較ではっきりと先に抜け出し、最後の最後までラップを落としてこなかった。加えて高いギアチェンジと速い脚も見せつけたため、まさに驚きの一言だった。

当時の速い時計が出る馬場ももしかしたら向いたのかもしれない。

 

まとめ  

まず現状の人気は舐められ過ぎていると思う。

もちろんダービーは負け過ぎだし、神戸新聞杯も上位との差を改めて浮き彫りにしたようなレースになったため、致し方ないかなとも思う。

 

その一方で京都新聞杯の勝ちっぷりは非常に見所があったし、アドマイヤアルバ、シャルドネゴールドといった強敵の追撃も問題にしなかった。

今回は差してくる相手が更にレベルアップするのでもちろん同じようなパフォーマンでは勝つのは厳しいと思うが、3000mという距離に伸びた時にどっちに有利に転ぶかを予想するのは非常に難しい。

菊花賞の裏データの中で騎手の乗り替わりの成績が非常に悪いというデータもあるけど、同じ京都という舞台で勝っている藤岡祐への乗り替わりはそんなに悪くない。

 

少なくとも現状のオッズほどの差はないと思っているので、枠順や馬の調子次第では積極的に狙ってもいい1頭だと思う。

 

現状で穴馬で注目している1頭になるかな。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ