★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCクラシック【出走馬考察】サンライズソア【4週連続GⅠはこの馬?】

f:id:syuuuun709:20181029004344j:plain

サンライズソア (騎手:ルメール)

強敵が多い中距離ダートに新風を

舞台は同じ、もう一度京都ダートで強敵を穿つか

 

まだGⅠでの勝利がない馬だけど力のあるところは確実に見せ続けてきていて、あとひと押しという状態まで来ていると思う。

そこに配されたるや、なんと鞍上は3週連続GⅠ勝利の覚醒ルメール。 完全にGⅠ奪取の舞台は整ったと言えるだろう。

とは言え当然のように勝つのも競馬で、負けるのまた競馬である。

果たしてサンライズソアはルメールに驚異の4週連続GⅠをもたらすのか?考察していきたい。

 

 

血統:〇

父:シンボリクリスエス

母:アメーリア

母父:スペシャルウィーク

 

まさに良血の優良馬のイメージそのままで、父は万能種牡馬シンボリクリスエス

母のアメーリアはバリバリのダート血統で、サンライズソアはその流れをよく受け継いでいると言えるだろう。

兄弟のルドルフィーナもそうだけど、中距離ダートで良さが出てる印象が強い。

 

 

コース適性:〇

京都コースは低人気で勝ち切った平安Sと同じ舞台なので良いといっていいでしょう。

少なくともコース的にはこの馬の持ち味である前目からの競馬をしやすいし、斤量面の差もないので、あとは相手関係といった側面が強いように思う。

 

展開:〇 

 

京都1900mなので比較的ペースが落ち着くこともよくあるんだけど、そうするとケイティブレイブあたりは同型でかなりの強敵なので厳しいと思う。

なのでケイティ比較で勝つ競馬をするためには少なくともひと工夫が必要になると思う。

今回はほかにも強敵が多いけど、同型で似た強みを持つ(後述)ケイティブレイブが本当に目の上のたんこぶ状態になる気がしている。

 

平安S 7人気1着 1:57:3 (3F 37.0)

50.8-48.6 スローペース

7.1-11.5-12.5-13.1-12.8-11.6-11.7-12.1-12.3-12.6

 

まずは低人気を覆して見事に勝利を飾った平安Sを見ていきたい。

前目から展開をスローにコントロールした中でのロングスパート戦。

ミツバが早めに捲っていったことでかなりのロングスパート戦になっており、この馬で見たときにスローだけどそういう意味ではあまりよくない展開だったと思う。

その中で前で踏ん張っており、むしろ後ろの馬のほうが辛くなって最後は差を広げての強い競馬だった。

 

ケイティブレイブが厄介といったのは まさにこれと同じようなレースを日本テレビ盃ケイティブレイブがやっているからで(単純比較はできないけど)、そしてこの馬も強いんだけど同じような競馬をやったら現状はケイティの方が上だと思う。

そういう意味ではこの競馬も強かったんだけど、こういうレースをしちゃうともれなく強敵も一緒に来てしまうのが難しいところかな。

 

シリウスS 4人気5着 2:01:8 (3F 36.8)

60.4-61.1 ハイペース

12.6-10.8-11.3-13.5-12.2-12.3-12.3-12.2-11.9-12.4

 

次に見たいのは前走に惜しくも敗れたシリウスS

この時は馬場が軽く、かなり時計の出る状態だった。

その中でやや落ち着いたペースでこれもロングスパート戦だったけど、最後の2F目でもう一度加速しており、後半のスピードと持久力の総合力が要求された1戦だった。

 

57.5kgのトップハンデも効いたと思うけど、このレースでは最後まで粘れずオメガパフュームやウェスタールンドに差されて3着までだった。

このレースを見るとイマイチ今回の舞台で勝ちきるイメージが沸いてこなくて、展開面で恵まれないとやはり逃げ切れない可能性が高いんじゃないかと思う。

 

ウェスタールンドの末脚はともかく、オメガパフュームのこのレースのパフォーマンスはかなり高かったし、この馬も楽な相手ではないと思う。

 

 

ブリリアントS 1人気14着 2:13:1 (3F 39.4)

61.0-60.0 スローペース

7.0-11.4-12.1-12.7-12.7-12.1-12.3-12.8-12.6-12.3-12.8

 

この馬の崩れるパターンも見ておきたい。

出遅れて全くレースに参加できなかったのがこの ブリリアントSだけど、師走Sとかもそうなんだけど後ろからになると全く持ち味を出せない。

なのでケイティブレイブとは違いこの馬は必ず前目から進めたいので、枠順次第では少し無理をする必要も出てくるのでそこは他の先行馬たちとの位置関係をよく見ておきたい。

 

 

まとめ     

 

現状少し足りない...という印象が強いのがこの馬だけど、こういう馬を勝たせるのがまさに今のルメールだからね。

そういう意味では取捨の難しくなる馬だと思う。

とは言えこの馬が勝ちきるパターンというのはなかなか想像できなくて、少なくともケイティブレイブとの比較で見ると同じ位置からだと勝負にならないと思う。

なので少なくともケイティブレイブより有利な位置でレースを進めたいし、その上でペースをコントロールしていく必要がある。

果たしてこのメンバーに対してそれができるかどうかなんだけど、なかなか難しいミッションだなと感じる。

 

楽しみな馬ではあるけどほかにも面白そうな馬が多いので、現状の人気のままで行くなら切ることも視野に入れたい1頭かな。

今のルメールを切るのは難しいけどね。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。