★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】サングレーザー【中距離覇権争いの序列を覆すか?】

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

サングレーザー (騎手:モレイラ)

マイル路線から名の通り彗星の如く現れた新生

果たして最強古馬達すらも飲み込んでしまうのか

 

マイラーズカップが非常に強い競馬だったサングレーザー。

前走は強豪揃う古馬の王道路線とも言える札幌記念に殴り込みをかけ、果たして中距離でもやれるのか?という疑問に対して、見事に一発で回答してみせた。

相手は更に強化されるが、勢いそのままに中距離の古馬路線の序列をも覆し、名実ともに名の通り彗星のような存在となれるか。

モレイラとサングレーザーのコンビについて考察したい。

 

血統:〇

父:ディープインパクト

母:マンティスハント

母父:Deputy Minister

 

はっきり最初に言うと距離は問題ないと思う。

前走の札幌記念安田記念を見る限りの印象だと、今まで短距離しか使ってなかったのがもったいなかったな…ってなる可能性のほうが高いんじゃないかと。理由は後述するけど。

短距離を中心に使われたのはおそらく母側の血統を考慮してのことなんだろうけど、確かに短距離に活躍馬が多いイメージ。

そこにディープインパクトの切れ味が加わって、非常に競走馬として高い資質を見せているのが、このサングレーザー。

 

コース適性:◯

京都での好走が多いイメージで、東京は安田記念での一走のみ。

とは言え血統的にも、今までのレース的にもおそらく府中が合わないということはないでしょう。

ただ舞台がGⅠなので、高いレベルで見たときにこの馬の適性がどこにあるかはしっかりと考察したい。

 

展開:◎

短距離路線出身なので追走にも苦労しないし、ペースが流れた中でも高いレベルの脚を長く使ってこれる。

また瞬発力もあるのでスローペース濃厚な今回の天皇賞でも直線勝負は望むところだろう。レイデオロやスワーヴリチャードに対して良い位置を取れそうというのは大きなメリットになる。

心配なのはかなりのスローで折り合いをなくすパターンや、あまりに前に行く馬がいなくて押し出されて先頭になるパターンとかは避けたいところ。

まぁ枠順的にはそんなに心配いらないと思うけど。

 

札幌記念 1人気2着 2:01:1 (3F 36.4)

59.1-62.0 ハイペース

12.5-10.4-11.5-12.1-12.6-12.4-12.0-12.6-12.5-12.5

 

まずは前走、一気の中距離挑戦から見事に勝利を飾った札幌記念から振り返りたい。

マカヒキのところでも述べたんだけど、正直レースのレベル的には…といった印象を抱いた。見てるぶんにはかなり興奮したレースなんだけどね。

この馬は超ハイペースの中で中団からレースを進めて、内内から最後は捌ききってマカヒキを見事に捉えきった。

 

これはけっこう好騎乗によるものも大きくて、結果的にだけど他の馬もあまり伸びて来なかった中での消耗戦とも言える中で、内を通った影響というのはおそらく小さくなかったと思う。

この最後はどの馬も厳しくなっていたのが馬場自体の影響なのか、馬のパフォーマンスなのかで判断が分かれるところ。

なので、この馬が本当に中距離で通用するかを評価するためには、他のレースについても振り返る必要がある。

 

安田記念 3人気5着 1:31:5 (3F 33.7)

34.2-34.5 平均ペース

12.2-10.8-11.2-11.3-11.3-11.4-11.4-11.7

 

そこで見たいのが安田記念

個人的には安田記念はけっこう中距離適性がある馬に有利な面もあると思っていて(中距離馬にとっては前半のペースがかなり厳しいけど...)、その理由はかなりタフなスピードレースになるので一定以上のスタミナも求められるから。

要は単純なスピード一辺倒の短距離馬だったら、安田記念の舞台では好走はできないと考えている。

 

この馬としては5着に敗れてはいるんだけど、大きな原因なのがペースが緩まない中でコーナーでずっと外を回していたところ。

見ての通り非常に速いラップをレースを通じて求められた究極のスピードマイル戦で(かなりレベルが高かったと思う)、その中で緩みのないペースの中でコーナーでもずっと外を回してというのはかなり辛かったと思う。

このレースに限って言えばスワーヴリチャードとの差に関してはそこが大きいと思う。

 

そしてこのレースでもそうだけど、実はこの馬は短距離やマイル戦だと追走に少し苦しんで後手を踏むパターンが散見されて、 後半の末脚は確かだけど、前半のロスというか、後手を踏んだ分で最後に届かないというのがとても多いと思う。

安田記念はまさにその典型、逆のパターンではマイラーズCもその典型で、前半無理をせずに内々を回したことで最後にしっかりと脚を引き出すことが出来た。

 

距離が伸びても...と言っているのはまさにここの部分で、前半で苦しんでいた分を中距離戦のペースで補完できる部分は多いと思う。

あとはこれによって末脚をさらに引き伸ばせるかどうかだと思う。もし引き伸ばすことができたら...たとえ相手がスワーヴリチャードやレイデオロでも決して見劣らない馬だと思う。

 

マイラーズC 4人気1着 1:31:3 (3F 33.2)

33.9-34.1 平均ペース

12.2-10.7-11.0-11.9-11.4-11.2-11.2-11.7

 

先ほど「逆のその典型」...と述べたマイラーズCを最後に振り返りたい。

このレースがこの馬にとってのベストレースで、前半ロジクライが飛ばして流れた中で、無理をせず後方から内を通って追走していた。

そしてコーナーでもスムーズに外に出されて、最後は前が1Fを落とした中で凄まじい脚で突き抜けた。 

 

ラップを見ると仕掛けが早くなっていて、4Fで高いスピードの持続力、総合力が要求されているけど、この馬は前半無理をしなかったことでその総合力の高さを見せつけた。

 特にラスト1Fの伸びは凄まじくて、この1Fだけで合計5馬身ぐらいは詰めているので、10秒台に近い脚を使ってきていて凄まじい破壊力だった。

結構レッドファルクスのイメージに近くて、前半無理をせず脚を貯められれば最後に破壊的な脚を使うイメージ(全盛期レッドファルクスはもっと凄かったけど)で、その前半が短距離・マイル戦では安定していなかった。

これが中距離になって良い方向に行くだろうから、そうなると非常に面白い。

 

まとめ     

前走の札幌記念だけではまだ本当の中距離馬としての評価は難しくて、 このレースで明らかになると思う。

先にも述べたけどこの馬の強みは後半の脚の破壊力で、それを2000mでも使えるかどうかが大きな焦点であることは間違いない。

前回の札幌記念はそれなりに流れた中で割と前目だったので、なんとも言い難いんだけど、今回はスロー濃厚だしおそらくほとんど無理をしなくていいレースになるはずなので、そうなった時にどれだけの後半の能力を見せてくるか。

 

重要になるのは序盤の位置取りでスワーヴリチャードやレイデオロの前を取れるかどうかだと思う。

まぁ少なくともレイデオロよりは前にいけるはずなので、あとはスワーヴリチャードとの関係になるかなぁ。

これらの馬たちよりも前目を取れてゆったりとした流れになればかなり面白いと思うし、十分逆転の目が残っている。

 

現状、レース展開も含めて上位2頭に逆転の目、つまり単勝として穴目で買えるのはこの馬ぐらいかなと思っている。

(ヴィヴロスとかアルアイン、キセキも面白いんだけど、展開がね...)

一方で中距離での本当の意味での適正はまだわからないので、馬券を買う側にとっては非常に悩ましい1頭。

 

個人的には間違いなく持つし、むしろパフォーマンスも上げると思っているので、あとはどういう買い方にするかをギリギリまで考えたい。

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ