★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】レイデオロ【二強は磐石と言えるか?】

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

レイデオロ (騎手:ルメール)

前走見せた走りこそダービー馬の片鱗

強敵を穿ち、名前のとおり今こそ黄金の王となれ

 

ダービー、そしてジャパンカップと強い競馬をして、特にジャパンカップではあのキタサンブラックに先着をし、見るものに世代の交代を予感させた。

今年の古馬戦線は間違いなくこの馬が王として引っ張っていくと思われていた...あの京都記念の日までは。 

凱旋門賞への挑戦も、最強古馬への道も、あの日の敗戦から歯車が狂ってしまった。

しかし、前走のオールカマーで見事に復活、それも強い競馬で古馬の一戦級の覇権を一気に手繰り寄せた。

とは言え絶対王者不在の古馬戦線。その序列の並びは現状かくも不安定で揺らいでいる。

今回の天皇賞は王者の復活を印象づけるにはまさに絶好の舞台であろう。覚醒ルメールを背に、名の通り王として君臨することができるか、ルメールレイデオロのコンビについて考察したい。

 

 

血統:〇

父:キングカメハメハ

母:ラドラーダ

母父:シンボリクリスエス

 

この馬もミッキーロケットと一緒で非サンデー の血統なんだよね。

見れば見るほど味わいのある血統で、一見パワータイプの血が強そうなんだけど絶妙にスピード、瞬発力がある。

シンボリクリスエスは競走馬としても種牡馬としても非常に優秀だと思う。

 

 

コース適性:◎

 

この馬の最も優れているところは後半の総合力で、ごまかしのきかない直線コースが長ければ長いほどその能力を発揮できる。

極端な話、3歳ぐらいの頃は直線2000mのコースとかでどんなパフォーマンスを出せるのか一度見てみたいなぁ、と思っていた。

ただ古馬になってからはコントロールも効くようになってきた印象で、前走とかは中山の舞台で器用な競馬をしていたし自在性が出てきたように思う。

 

展開:〇

基本的に前半無理をしないほうが良さが出る馬なので、少し前を行く馬に展開を作られてしまうきらいは有る。

それでもダービーの時もオールカマーの時もそうだったけど、ルメールが上手く乗ってこの馬の良さを引き出しているイメージ。

特にルメールはこの馬に乗ると非常にいい騎乗をしているイメージで、3歳以前とかはかなり掛かりぐせを見せていたのが最近は随分マシになってきた。

京都記念のあたりでかなり足踏みをしていたイメージがあるけど、ほぼ順調に成長してきたといって良いと思う。

 

日本ダービー 2人気1着 2:26:9 (3F 33.8)

63.2-61.2 スローペース

13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4 

 

まずは強い競馬を見せた日本ダービーから。

皐月賞で人気を裏切って5着だったけど、このダービーで見事に盛り返してきた。

かなりのスローペースから後半3F戦、その中で高い瞬発力とトップスピードを問われた1戦だったけど、ペースが上がらない中自らまくって先団に取り付いてしまい、そのまま押し切っってしまった。

前のマイスタイルもかなり粘っていたけど3F目でこれを退け、そのあと猛追してきたスワーヴリチャードを最後まで追いつかせず完勝だった。

 

正直に言うと噛みあったと言う印象も強くて、結局高い瞬発力を持って前の位置にいた馬にとって有利なレースになった。

とは言ってもあくまで結果論でそれを実行できたルメールがもう素晴らしいという他なかった。

ここで特にすごいと思うのは、いくらスローの中とは言えこの馬で見たときに自らペースを上げてきているので、後半ではかなり長い距離、速い脚を使ってきている。

4角手前で一度小さく息が入ったのが良かったと思うんだけど、それでも最後にこのラップを踏めたのは3歳にしてはかなり強かったと思う。

 

ジャパンカップ 2人気2着 2:23:9 (3F 34.6)

60.2-59.1 スローペース

13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

 

古馬の一線級を相手に強い競馬をしたのがジャパンカップ

正直このレースを見て今年いっぱいはもうレイデオロの天下だろうな...と思っていた。

当時は結構時計のかかる馬場で、その中でこの時計は中々だった。 

 

ラップを見てわかるように最初の1F以外はほぼ12秒フラットぐらいで進んでおり、結構まんべんなくスピードを要求されたことで全馬末脚が削がれていて総合力の戦いになっている。

キタサンブラックにとっては落鉄もあったし展開も厳しかったけど、それでもこれだけ前半後半厳しい中で最後の伸び脚はなかなか秀逸だった。

たとえば状態面の話があるにせよマカヒキあたりを全く問題にしていないし、普通に強かったと思う。

 

この馬のいいところはスローの中で非常に高いレベルの瞬発力を使えるし、厳しい流れの中でも良い脚を使ってこれるしで、どんな展開でも高いレベルの後半要素を出せるところが一番の強み。

 

 

京都記念 1人気3着 2:16:3 (3F 36.4)

63.0-60.7 スローペース

12.5-11.5-13.3-13.0-12.7-12.6-12.2-12.2-12.2-11.8-12.3

 

上記のレースに加えてオールカマーも後半要素で先行勢をまとめて撫で切ってしまい非常に強かった。

今のところ全く隙がないように見えるけど、実際はそうでもないので京都記念についても振り返りたい。

 

このレースはまず馬場状態が非常に悪くなってこの馬にとってよくなかったというのもあるけど、出遅れから少し盛り返したところペースが非常に遅くて掛かってしまい、少し折り合いを欠いた状態で進んだロスが最後の追い比べの負けにつながったかと思っている。

 

とは言ってもそこまでめちゃくちゃにロスをしていたかと言うとそういうわけでもなく、1倍台の馬として割と正攻法のレースをしたんだけど力負けという感じだった。 

そういう観点から行くと、こういう時計のかかる馬場はあまり得意じゃないんじゃないかという気がしている。そうでないとこの敗戦がなかなか説明がつかない。

 

それと...少し忘れられてるけど、この馬は実は2000mとかの距離はあまり得意でないイメージがある。

皐月賞とかでもそうだったんだけど、後半要素の強さ・総合力がこの馬の武器なのでいかに前半無理をせずに行けるかが焦点になる。

もちろんペースが流れて息の入らない苦しい流れになったとしても、ほかの馬も苦しければ相対的に優位に立てるんだけど、たとえば2000mに適性のある馬がいる中でそう言う展開になると少し厳しいと思う。

 

だからこの馬の一抹の不安を挙げるとすると、まず馬場ができる限り良い状態になって欲しいというところがひとつ。

そしてもう一つは皐月賞などのような流れになって欲しくないという点がひとつ。

超がつくほどのスローでもそれは同じだと思うんだけど、この馬は本質的に2400mぐらいの距離が欲しい馬だと思っていて、結構2000mはギリギリじゃないかな?と思う。

今までのレースで見ても相対的に2200m戦でパフォーマンスを落としているし、2000mではもっと落としているイメージがある。(あくまで高いレベルでの話)

 

なので、強い馬には間違いないんだけど、こと府中の2000mという舞台で果たして本当に信頼ができるのか?という点に関しては少し不安が拭えない。

本当に高いレベルになった時、それが顕著に現れてくると思うので、スワーヴリチャートというおそらくこの条件が一番良いはずであろう馬に対して、この舞台で優位に立てるかどうか...逆にここで勝てるようであれば、ジャパンカップではさらに磐石の、本命視すべき馬になるだろうと思う。

 

まとめ     

正直、ドバイの敗戦は結構ショックな負け方(力負け)だったので、オールカマーはどうなるかなぁとあまり期待せずに見ていたんだけど 、これがびっくりかなり強かった。

おそらく状態面がかなり悪くて徐々に戻ってきてるんだと思う。

 

ただし今回の調教を見てもまだMAXという感じではないし、中間の調教でもアクシデントがあったし必ずしも順調には来ていない。

適正的にはもっと距離が長いほうがいいとずっと思っているし、自分のその感性・感覚に従うのであれば今回の天皇賞では、休み明けといえどもスワーヴを今のところは上位に取りたいかなと思っている。 

 

とは言えば圏外になるのもまた考えづらいので、買い方が非常に、本当に悩ましい。

今回の天皇賞のデムルメ決戦は、なかなか見所のある戦いになると思う。

こういうレースでこそ日本人騎手の意地もぜひ見てみたいね、楽しみにしている。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ