★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCレディスクラシック【出走馬考察】ラビットラン【果たして鉄板か?】

f:id:syuuuun709:20181029214638j:plain

ラビットラン (騎手:Mデムーロ)

芝だけでなくダートでも見せた非凡な才能

牝馬の頂点へ舞台は整った

 

芝の舞台では正直頭打ちの状態が続いていたけど、ダートに変わることで変身して強さを発揮してきたのがラビットランだ。

特に前走は交流のGⅢとは言えどここに出走するライバル(プリンシアコメータ、クイーンマンボ、フォンターナリーリ)たちを相手にせず圧勝した。

果たして前走の圧勝は本物だろうか?GⅠというこの舞台でも再現は可能なのだろうか?ラビットランとMデムーロについて考察したい。  

 

血統:〇

父:Tapit

母:Amelia

母父:DixielandBand

  

芝で好成績を収めてきた馬ではあるけど、血統的にはバリバリのダート馬。それも中距離型の。

なのでダートという舞台で血統的に嫌う要素は全くないと思う。

ラ二の兄妹とは言えこちらは気性的にはほぼ問題はないしね。 

また産駒としてのスピード能力は母側の方の血をよく受け継いでいて、非常にバランスがいいと思う。

軽い馬場でも重い馬場でもどちらでもやれそうで、不問だと感じる。

 

コース適性:〇

京都コースは新馬戦でも勝っているし問題ない。

3歳500万以下の時に1番人気で京都のダートコース(それも今回と同舞台)で惨敗しているけど、不利を受けて馬が走る気をなくしてのものなのであまり嫌う必要はないと思う。

むしろ距離的にはこれぐらいの距離か、もっと長くてもいいぐらいだと感じる。 

 

展開:〇

スピード能力があるのでダート戦では前目の位置を無理なく取れる。

こと京都1800m戦に関しては位置取りがレースの半分ぐらいを占めてしまうぐらいに重要だと思っているので、前に行ける要素は非常に重要。

逃げた言うまでもないので展開的には今回の条件は悪くならないと思っている。

 

リーダーズゴールド 3人気1着 2:05:6 (3F 38.4)

 

まずは前走圧勝したブリーダーズゴールドを見てみたい。

ちょっとラップがないんだけど、勝ったこの馬の3Fのラップを見てもわかるようにかなりのハイペースのレースで、不良馬場で時計の速いスピードレースだった。 

その中で好位を追走してペースが緩んだところで一気に前へ、そして他の馬が苦しくなる馬でこの馬は相対的にぐんぐん加速して上がり最速でぶっちぎっての勝利だった。

 

まぁこのレースに関しては恵まれた点が否めなくて、まず前があまりにも飛ばしすぎで、上がりの3Fを見る感じだと4秒ないしはそれ以上のふざけたハイペースになっている。

ここまで来ると元来持ってる基本的なスピード能力勝負になるので、そういう意味では芝の適性も強いこの馬にとっては望み通りの展開だったと思う。

 

個人的なイメージでタピット産駒は不良馬場とかのタイムが出るダートコースに非常に強いイメージがあるし、その印象通り強い競馬だった。

 

スパーキングレディー 4人気3着 1:41:2 (3F 38.5)

36.7-38.9 ハイペース

12.8-11.2-12.7-13.3-11.9-12.5-13.3-13.1

 

3着に敗れたスパーキングレディーは非常にトリッキーなレースになった。

ラップだけ見るとハイペースだけど、道中かなり緩んだあとに一気に1秒以上の加速、そして最後は粘って出し切る競馬になっている。

 

この馬で見ると一気に加速したところでちょっと周りに出し抜かれたところがあって、それが最後の着順に影響した印象。

あとはけっこう時計が掛かっていて、これだけパサパサの馬場になってしまうとこの馬の強みであるスピード能力が少し削がれてしまった感がある。

もちろん最後も伸びては来ているけど、リエノテソーロに負けている以上、こういう展開になると今回の上位の馬たちに対してもそんなに威張れないと思う。

 

3歳500万以下 1人気6着 1:52:6 (3F 38.0)

35.6-38.2 ハイペース

 

12.1-11.4-12.1-13.0-12.8-12.6-12.5-12.8-12.9

 

 

冒頭で気にしなくて良いとは言ったけど、今回と同舞台で敗れてしまった過去のレースについても見ておきたい。

京都ダート1800mの舞台で見ての通りハイペースだけど、3コーナーの下りからロングスパートしている京都コースらしいレース。

 

この馬は道中は上手く流れに乗っているように見えたけど直線の伸びがイマイチで最後は流れ込むだけだった。

このレースでもそうだけどダートの力のいる馬場では若干パフォーマンスを落としている印象で、どちらかというとできる限り渋ってスピードが要求される方がいいタイプだと思う。

ジリジリとだけど最後まで伸びてきていたところを見ると距離はあんまり関係ないと思うし、こういうロングスパート戦は芝の成績を見ても悪くない。 

なので出来ればもっと時計の求められるレースの方が良さが出るだろうという見解。

 

まとめ     

現状の想定で1番人気(2.2倍)だけど、これは少し前走の結果を額面通りに受け取りすぎてて危険だと思う。

繰り返しになるけど前走の圧勝は前が飛ばしすぎて崩れたこと、馬場が極端に渋ってスピードの求められるタイムレースになったことが幸いしているのは間違いない。

なので力のいるダート馬場になった時にどこまでやれるかが焦点になるけど、スパーキングレディのときのように、そうなると人気ほどの信頼度はないと思う。

 

京都は比較的スピード決着になることも多いので、この馬としては出来る限り時計を詰めるようなレースをしたいところだと思う。

なのでプリンシアコメータあたりがどういう流れを作るかが非常に重要になる。

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。