★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCレディスクラシック【出走馬考察】クイーンマンボ【いざ4週連続GⅠ勝利の偉業へ】

f:id:syuuuun709:20181029214638j:plain

クイーンマンボ (騎手:ルメール)

臨戦過程と調教に不安も...

この騎手にはもはやデータは関係ないのか

 

 

去年の関東オークスの勝利を皮切りにダート牝馬戦線を引っ張り続けてきたのがクイーンマンボだ。

ここ2戦はいずれも人気を裏切る結果となってしまっており、調教でのアクシデントもあわせて踏んだり蹴ったりの状況になっている。

しかし鞍上は現在最も信頼できると言えるリーディング・Cルメールだ。

3週連続のGⅠ勝利、関東馬菊花賞勝利、オールカマーから天皇賞勝利と、まさにデータブレイカーぶりを見せつけている。

この馬でもデータブレイカーぶりを発揮して、4週連続のGⅠ勝利をもたらすのだろうか?とは言え、こういう注目が集まった時に崩れるのもまた競馬である。 

ここでこそ冷静にクイーンマンボの勝利、すなわちルメールの4週連続GⅠ勝利の可能性について考察したい。

 

血統:〇

父:マンハッタンカフェ

母:スズカエルマンボ

母父:シンボリクリスエス

 

母は最近になって中央の初勝利を飾った繁殖牝馬で、異父兄弟にダノンプレシャスなどがいるがいずれもダート中距離での活躍馬が多い。 

血統的にはパワータイプで力のいるレースでこそ力を発揮するタイプだ。

 

コース適性:〇 

京都コースは実績が平安Sの1戦のみなので評価が難しいけど、比較的ロングスパートを得意とするタイプなので悪くないと思う。

ただし正攻法の競馬で外から押し上げていくことが多いので、京都のように3コーナーから加速するコースだと外外を回してロスが生まれる可能性をけっこう秘めている。

まぁそこは今の鞍上なら計算して上手く乗ってくれると思う。内枠を引いたし。

 

展開:〇

最近ちょっとずつだけど先行できなくなってきてるので、展開は少し前の馬に依存するところがある。

けど得意なのはロングスパートだけど速い脚も使えるし瞬発力もあるので、展開に関しては比較的どんな展開でも器用に対応してこれると思う。

 

平安S 3人気2着 1:57:5 (3F 36.7)

50.6-48.6 スローペース

7.1-11.5-12.5-13.1-12.5-11.9-11.7-12.1-12.3-12.6

 

まずは同じ京都コースで強い競馬を見せた平安Sを見てみたい。

ペースはかなりのスローだけど、京都らしく坂の下りから一気に加速していて、瞬発力とトップスピード、そしてその脚を持続する能力と、後半要素が結構高いレベルで要求された1戦。

この馬は前目よりの中団から正攻法で外から加速していったが、ラップを見てわかるように11秒台を踏んでいるところで外から一気に上がっているので、上位の馬たちの中ではロスした部分が多かったと思う。

その中でも最後まで粘れていたし長く脚を使ってこれていたので強い競馬だったと思う。 

調子を落としていたとは言えテイエムジンソクやクインズサターン辺りにも先着しているし、こういう競馬になれば十分勝利も視野に入る。

 

レディスプレリュード 4人気5着 1:55:4 (3F 38.7)

51.1-50.3 スローペース

12.7-11.9-13.3-13.2-12.5-12.2-12.9-12.3-12.9

 

 

なのでこの馬は力としては十分だと言えるので、ここからは近走の敗戦について見ておきたい。

ディフェンディングチャンピオンとして臨んだレディスプレリュードでは圧倒的人気を裏切る敗戦となった。

 

まずスローペースの中でも後方からになってしまい、中々位置を上げていくところがなかった。

徐々にペースが上がっていく中で必死に追ってはいたけど反応悪く、逆噴射する形で後方に沈んでしまい、まったく見せ場なく敗北してしまった。

 

う~ん、この敗戦は...という感じで、この馬としては決して悪くない展開だった(スロペースからのロングスパート戦)にも関わらず、全く伸びなかったところを見ると状態面が良くない面が強かったのではないかと思う。

牝馬だしこういうレースの後っていうのは非常に買いにくいし、判断が難しい...とは言え、さすがにこの敗戦は展開というよりは馬の状態だと思う。

全く行き脚もついてなかったし状態がかなり悪いんじゃないかな。

 

リーダーズゴールド 1人気3着 2:07:1 (3F 39.5)

 

リーダーズゴールドも不可解な負け方だった。 

体重も落としていたしおそらく状態はマックスでなかったんだろうけど、プリンシアコメータにもはっきり及ばず3着だった。

プリンシアコメータがすごい勢いで飛ばしていたにも関わらずそれを捉えられなかったのは大きく不満で、上がりも0.5秒しか違っていない。

 

まぁこの1戦はあとで状態が、という話もしていたしそれが強かったと思う。

ただ気になるのはこの1戦もレディスプレリュードもそうだけど、近走行き脚がつかなくなってきているのが非常に気になる。

 

なので位置取りも後ろからになって必然的に騎手の追うタイミングや追い方に無理が生じているように思う。

 

まとめ     

 

状態面が全てだと思う。

リーダーズゴールドで一気に落とした体重の影響というか、その時のダメージがまだ戻っていないように感じる。

前走は額面上は体重を戻してきたけどおそらくまだ本調子にはない。

牝馬だし 一度調子を落とすと簡単ではないと思うので、最後まで見極めたいけど状態が戻らないようならバッサリ切るのもいいと思う。

どちらかというと人気先行型の馬ではあるからね...騎手もルメールだし。

 

一つ言えるのは前走も前前走も騎手が全く関係ないぐらいの負け方なので、これに関しては馬の足りないところをルメールが...という話にはならないと思う。

マンカフェ産駒だし、経験上こういう一度落ちてきた牝馬というのはなかなか時間がかかると思うので、事前の馬・調教師の雰囲気を見てだけど、現状は切ることも考えたい。

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。