★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCレディスクラシック【出走馬考察】プリンシアコメータ【ラビットランへ雪辱なるか?】

f:id:syuuuun709:20181029214638j:plain

プリンシアコメータ (騎手:武豊)

名手を背に雪辱誓う

彗星のごとく淀にその名を知らしめろ

 

去年は波乱となったレディスクラシックで、まさに彗星の如くあわや主役の好走を見せた。

惜しくも助演女優で幕を閉じてしまったが、今年は名実ともに一線級のオープン馬としてリベンジする。

今年こそは助演を返上、映えある主役として舞台で輝けるか?

プリンシアコメータと武豊について考察したい。

 

血統:〇

父:スパイキュール

母:ベルモントフェリス

母父:アジュディケーティング

 

スパイキュールはダートで見れば非常に安定した種牡馬で、特に中距離ダート路線で強い。

更に母系のアジュディケーティングは中距離ダート戦線で重賞勝ち馬を輩出しており、ちょうど今回のようなダート1800mぐらいの舞台は絶好の印象である。

一方で産駒はあまりスピード勝負には向かない傾向が強く、重や不良よりはパサパサダートの方が良い。当日の天気は大事になるでしょう。

 

コース適性:〇

京都コースは平安Sで大敗を喫しているので少なからず不安はあるけど、基本的には極端に速い脚、ラップを刻むよりも淡々と脚を長く使うレースの方が得意。

なので、3コーナーから加速してロングスパートになりやすい京都コースは合うと思う。

ただし道中や直線で瞬発力を問われたくはないので、できれば先頭をとってペースをコントロールしたい。

 

展開:◯

鞍上が逃げのペース作りが非常にうまい武豊なので、そういう意味では今回は自分のレースがしやすいと思う。

また極端に前に行きたい馬はあまりいなさそうなので、よほど枠順や並びが悪くなかったら前を取れると思うし、あとは鞍上が強気にマイペースを刻んでいけるかかな。

先にも述べたけどトップスピードや瞬発力に優れているわけではないので、極端な展開は嫌いたい。

  

レディスプレリュード 2人気1着 1:53:9 (3F 37.9)

51.1-50.3 スローペース

12.7-11.9-13.3-13.2-12.5-12.2-12.9-12.3-12.9

 

レディスプレリュードは最後まで粘り強く先頭を守り続けて見事に勝利を飾った。

ラップで見てけっこうスローにはなっているけども、3コーナー付近からロングスパートで長い持久力が要求されて、最後に一瞬だけ加速して脚を出し切る競馬になった。

この馬の理想的展開がこういうレースだと思っていて、平均的なラップを刻んでいく淡々とした流れになると気分良く走ることができる。

そしてこの馬は途中で加速する流れが苦手なんだけど、このレースでは0.6秒の加減速とはいえしっかりもう一脚を使って後ろに抜かせなかった。

 

なので今回のレースでもペースを握ってしっかりとラップをコントロールしたい。

後述するけどペースは上がってもある程度大丈夫だと思うので、要はどれだけ気分良く走れるかがカギになると思うし、騎手がそれをコントロールするのが重要になる。

  

リーダーズゴールド 4人気5着 2:06:4 (3F 40.0)

 

リーダーズゴールドはラビットランの項でも述べたけど、かなりのハイペースを自ら刻んでいったが最後は流石に落として敗れた。 

とは言え非常識とも言えるラップの中でも大崩れしていないし、多分気分良く馬が走って馬場の分だけこれだけ速くなったんだろうけど、自分のペースでいければこれだけのハイペースでも脚を残せるのは意外だった。

何しろ上がり3Fで40秒ぐらいまで落ちているし、前目の馬にとっての消耗度はかなり大きかったと思う。

これを騎手が上手くコントロールできたら化けるんじゃないかと感じる。

 

それに瞬発力が苦手とはいったけど、これぐらいのペースで行くなら、もしかしたら道中息を入れる展開にしても面白かったかもしれない。

とは言えスピードに限界がある馬ではあるので、どのみちこういう馬場では究極的には厳しかったように思う。

出来ればもっと乾いた軽い馬場のほうがいいと思う。

 

平安S 9人気11着 1:58:8 (3F 38.4)

50.5-48.7 スローペース

7.1-11.5-12.5-13.1-12.5-11.9-11.7-12.1-12.3-12.6

 

牡馬も相手にしてだけど平安Sでは惨敗を喫してしまった。 

スローな流れを番手から追走していたけど、ミツバが後方から一気にまくったことで早目の仕掛けになって前の馬にとってはラップ以上に厳しい展開だった。

とは言え直線付近ではもう追いすがる気力を無くしたかのように下がってしまった。

 

このレースを見て確信したのが、この馬は2つの弱点があること。

1つは11秒台ぐらいのラップを求められるとキツくなってしまう、他の馬に対しての優位性を保てなくなってしまうと言うこと。

もう1つは馬が走る気をいったんなくすと全くダメだということ。

他の敗戦レースでも見られるけど、いったんやる気スイッチが切れると走るのをやめてしまう。

 

なので先頭ではなくとも、自分のペースで走れるか否かがこの馬の好走を占う一つの指標になってくる。

 

まとめ   

 好走には条件がつく馬ではあるけど、展開がむけば十分に勝つ可能性がある。

とは言え力のいる馬場のほうが良いであろう気もするし、去年のJBCの2着は額面通り受け取らないほうが良いと思う。

今年は去年よりも展開、条件で厳しくなりそうなので馬券の取捨は現状ではよく考えたいかな。

 

武豊がマイペースに持ち込めば非常に面白いと思う。

けど、流石にちょっと人気しすぎかなという感じはする。

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ