★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCクラシック【出走馬考察】オメガパフューム【前走の走りは本物か?】

f:id:syuuuun709:20181029004344j:plain

オメガパフューム (騎手:和田)

若き勢いは留まるところを知らない

ダート界の王の打倒に名乗りを上げるのはケイティではない

 

今年のJBCクラシックには活きの良い3歳馬が2頭出走する。

その中でも有力馬で、前走強い競馬をしたこの馬は未知の力という意味では今回のメンバーでも間違いなく1番だろう。

前走も出遅れながら素材の違いで差し切ってきたし、もはや実力は疑いようのないところ。

あとはこれだけのメンバーになると少しのミス、振りが致命的になるため、目指すのは完璧な形の競馬。

ゴールドドリームやルヴァンスレーヴと言った現ダート界の王者達は強いが、それに真っ向から挑戦状を叩きつけるのはケイティブレイブではなくこの馬なのか?

オメガパフュームと和田竜二について考察したい。

 

血統:〇

父:スウェプトオーヴァーボード

母:オメガフレグランス

母父:ゴールドアリュール

 

なかなか奥のあるダート血統。

レッドファルクスのイメージが強いので中距離はどうかと言ったところかもしれないけど、そこは母系の血統でうまくカバー出来ているイメージ。

歳を重ねてもう少し良くなるだろうという気はしてるけど、前走の勝ち方を見ても少しずつこの馬の完成形には近づいていると思う。

ゴールドアリュールの血があるけど馬群に揉まれても大丈夫なのは良い。

 

コース適性:〇

京都コースは新馬の一戦のみだけどそんなに悪くないと思う。

し、1800mよりは1900mの方が競馬がしやすいと思う。

何よりほとんどのレースで出遅れている馬だから、淀みない流れになって取り付く暇がないとなかなか厳しい。

 

展開:◯

正直これについては現状なんともといった所ではあるんだけど、競馬のセオリー的には出遅れグセのある馬を京都の舞台で本命視するのは非常に勇気の要る行為。

 ただ1900mは比較的ゆっくり入れることも多いので、ゲートの欠点は1800mに比べると軽く済む。

とは言え前半からあまり離されすぎたくはないと思うし、馬群の中でもある程度は大丈夫なので序盤はできる限り前に行きたいだろう。

 

シリウスS 2人気1着 2:01:5 (3F 35.9)

34.4 7 36.5 ハイペース

12.6-10.8-11.3-13.5-12.2-12.3-12.3-12.2-11.9-12.4

 

まずは前走の強い競馬で勝ったシリウスSを見てみたい。

ハイペースだけど前4F目でグッと緩んであり、そこからロングスパートでスピード の持続力が要求された。

ロングスパートの中で外外から押し上げての結果なので、この中では力的に一枚抜けていたと思って良いと思う。

基本的には前半無理をせずに後半要素で勝負したい馬で、このレースでは最後まで粘り抜いたようにハイペースの中でも最後まで速い脚を見せてきた。

 

ウェスタールンドは例外にしても、他の馬を全く寄せ付けなかったし、サンライズソアも手応え十分で交わしたように、まだまだ余力がある印象だった。

11秒中盤ぐらいの瞬発力を求められたらどうかと言うのはあるけど、こういう展開になれば今回のメンバーでも上位。

 

ジャパンダートダービー 4人気2着 2:06:1 (3F 37:3)

62.6-63.2 ハイペース

12.5-11.8-12.8-12.9-12.6-13.1-12.6-12.5-12.2-12.8

 

惜しくも2着に敗れたジャパンダートダービーについても振り返っておきたい。

平均的な流れの中でロングスパート戦、シリウスSのように長い脚を続けて使うことを要求されている。

この馬はやや出負けするも中団ぐらいの位置を取れた。

そしていったんペースが緩んだ中で押し上げて、最後までしかっり伸びてきたけどルヴァンスレーヴには届かず2着までだった。

 

結構強い競馬をしてきたけどルヴァンスレーヴに素材の違いで持って行かれてしまった。

とは言え絶好の展開になったグレートタイムやクリスタルシルバー辺りは抑えているし、この競馬ができるなら距離が伸びると面白いと思う。

京都1900mではこう言う展開になることもあるので、これを見た時にJBCで面白いかもとは感じていた。

 

加古川特別 1人気1着 1:52:3 (3F 36.3)

36.7-37.0 平均ペース

12.7-11.0-13.0-12.8-12.9-12.9-12.6-12.3-12.1

 

最後に後半要素の強さで勝ち切った加古川特別を見ておく。

見ての通りダート戦では珍しくはっきり後半要素を求められた1戦で、ラスト2Fの瞬発力が求められている。

この馬はその中で外外から押し上げてなお余裕ある 状態でこのラップを踏めているので、後半に特化すると末脚もその分伸びることがわかる。

 

あまりこういう展開は見ないので額面通りの評価はできないけど、このレースを見てもおそらく前半無理をしない方が後半にいい脚を使ってこれるんだなというのは感じる。

なおかつ、この馬はスピードの持続力に非常に優れているので、こういうラップを続ける展開になればさらに良さが出ると思う。

 

現状分かっている中で、理想的なのは前半そんなに無理をしない中でのロングスパート戦が最も力を出し切りやすいようには感じる。

 

まとめ     

 

ジャパンダートダービーを見る限りルヴァンスレーヴ比較ではまだ少し力が足りないのは確かだけど、 とは言えこのメンバーなら十分勝負になるのは確か。

今回は3歳馬という事で斤量面の優遇もあるし、前半そこまで飛ばすような馬もいないようには見えるので、この馬得意のロングパート戦にもなりそう。

 

不安があるとすれば大きく2つ。

1つは前半極端に流れた時にどこまでついていけて、なおかつ末脚を引き出せるかと言う所が未知であることと、もう1つは単純にゲートが遅いところ。

今まで6戦して5戦は出遅れているので、今回もゲートはアテにしないほうがいい。

それにゲートの成否が勝負に大きく左右しがちなのがこの京都ダートという舞台なので、そこは大きな不安になると思う。

 

後半要素が強い馬とは言え、ケイティブレイブあたりを後半だけで後ろからぶち抜けるかというと、ゴールドドリームやルヴァンスレーヴあたりでもそれは難しいと思うからね...斤量面で優位とは言え、今回好走するためにはゲートの成否が大きく関与すると思う。

面白い馬だと思うけど、ゲートを見る限りアテにはしづらいと思うので非常に取捨は難しい。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ