★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCクラシック【出走馬考察】ノンコノユメ【夢よ今こそ現実に】

f:id:syuuuun709:20181029004344j:plain

ノンコノユメ (騎手:内田)

京都コースは初でも夢は譲らない

末脚でもう一度魅せつけろ、いざ夢の舞台へ

 

その末脚でGⅠ舞台での勝利という夢を掴みとるもその後は中々結果が出ず、セン馬になるという憂き目にもあってしまったのがこのノンコノユメ

セン馬の未来は厳しい。勝利・好成績で賞金を稼ぐ以外に他に道はないからだ。

この馬の末脚を見ると、今度こそはという夢を抱く自分もいる一方で、改めて競走馬の厳しさ...その現実を突きつけられてしまう自分もいる。

 

とは言え、1分あるいは2分で終わってしまう儚い一瞬のレースという舞台の中で、一瞬とも言える末脚の一閃で人々に夢を見させられる馬は少ない。

フェブラリーSで見事に果たした復活の戴冠は多くの人に夢を与えただろう。

慣れ親しんだ鞍上を背に、京都の舞台でもまた夢の走りを披露できるだろうか、ノンコノユメ内田博幸について考察したい。

 

血統:〇

父:トワイニング

母:ノンコ

母父:アグネスタキオン

 

 

あまりダート馬という印象が大きくない血統だけど、産駒の重賞勝利はほぼこのノンコノユメによるもの。

そういう意味では名のとおり母の夢 を体現したと言えるだろう。

血統的には中距離ぐらいが一番向いていると思うので、今回の1900mという距離も決して長くないと思う。

 

コース適性:〇

京都コースは初めての出走となる。

よく京都コースは前が有利と言われるけど、高いレベルでは決してそうとも言えなくて、むしろオープンクラスの京都1900mなどは差し馬のほうが台頭しているぐらい。

とは言え純粋にコースとして見ると、3コーナーの坂の下りから平坦の直線まで一気に加速して駆け抜けるスピードトラックなので、末脚にかけるこの馬にとっては展開のアシストは望みたいところ。

 

展開:〇

上述したようにある程度展開のアシストを望みたいのはあるけど、どちらかと言うと徐々に加速して出し切れる展開が合っていると思うので、そういう意味では行からどんどん加速する京都の舞台は良いし、ラスト1Fのラップを落とす展開になればスッと差し込んでこれると思う。

前半以下に無理をせずに良い位置を取れるかと、どれだけスムーズに加速して追い出せるかがカギになると思う。

 

かしわ記念 3人気4着 1:39:6 (3F 37.4)

36.6-37.5 ハイペース

12.5-11.8-12.3-12.7-12.4-12.0-12.6-12.9

 

まずはやや不完全燃焼 で敗れたかしわ記念を見ておく。

ややハイペースの中で3角からロングスパート、最後はラップを落とす中で出し切る競馬になっている。

この馬は道中後方から進めてスパイラルカーブで徐々に押し上げていったけど、最後は前がなかなか止まらず、伸びてきている中でゴール板を通過したという感じだった。

 

この次走のマイルチャンピオンシップでもそうなんだけど、近走は道中後ろからになって出しきれない競馬が続いていて歯がゆい。

特に近走で顕著なのが勝負どころのコーナーでほかの馬に加速で置かれてしまうところ。 

なので最後は伸びてくるけど既に大勢が決してしまっている場合が多い。

 

フェブラリーS 4人気1着 1:36:0 (3F 36.1)

34.1-37.7 ハイペース

12.2-10.7-11.2-11.7-12.5-12.6-12.3-12.8

 

そんな中でこの馬の強みを改めて示したのが復活の勝利を飾ったフェブラリーS

序盤からかなり流れる中で最後方からの競馬。

コーナーでも押して入るけどなかなか上がってこずに直線入口でもまだ最後方。

その中で直線に入ると一気に外から伸びてきて、大外からゴールドドリームさえも伸び込んで見事1着でゴールを駆け抜けた。

上がりの3Fが36.1を出していて、この馬自身で見るとおそらく前半の入りは37.5ぐらい。

コーナーでも押し上げられなかったんだけど、ペースがかなり流れたこともあって最後は前が苦しくなったところを一気に差し込んできた。 

 

この馬の一番の強みがまさにこのレースで、この馬は前半どれだけ流れようが末脚は確かなものを使ってくる。

逆にかしわ記念やほかのレースみたいに前半そこまで流れなくてもその絶対量はあまり変わらない。

なので流れれば流れるほど、直線が長ければ長いほどその後半の強さが確かなものになるという不思議な馬。

一方でコーナーとかで加速するのは苦手(このレースでも置かれている)なので、コーナー部分から一気に加速する展開になるとかなり苦しいと思う。

 

根岸S 6人気1着 1:21:5 (3F 34.2)

33.9-35.8 ハイペース

12.3-10.6-11.0-11.8-12.1-11.7-12.0

 

根岸Sの勝利でも同じことが言えて、33秒台の前傾ラップとなったこのレースでも最後の末脚で全馬をなぎ倒してみせた。

サンライズノヴァも同型でこういう展開ではかなりの強敵だけど、それを外から交わしきったのだから強かった。

とは言えこのレースも府中の直線だから届いたという要素は強いので、京都という舞台になって果たして同じことが出来るかというのが焦点になる。

 

まとめ     

単純な末脚の絶対量で言ったらおそらく現役でNo.1だけど、それは今のところは府中という舞台でのもの。

京都コースで同じパフォーマンスができるか?という疑問に対しては今のところ疑いの方が強いかなと思う。

 

何しろ京都コースで絶対に必要となるのがコーナー部分での加速で、それはこの馬が一番苦手としている能力だからね...

流石に京都コースで最後方一気は現実的でないので、どうしてもどこかで前目に付ける必要がある。

3コーナーの下りを利用してどこまでこのマイナス要素を補完できるかが焦点だろう。 

 

また、京都という平坦コースになることで、単純に考えると今まで最後の最後に前を差し切ってきた、ラスト1Fのひと押しが厳しい可能性もある。

現状は人気と状態と相談しながらだけど、展開次第では切るかもしれない1頭になると思う。

馬としては、冒頭でも述べたとおり応援したい1頭だけどね。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ