★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCスプリント【出走馬考察】ナックビーナス【ダート適性やいかに?】

f:id:syuuuun709:20181029211334j:plain

ナックビーナス (騎手:大野)

2年半の時を経て戻った砂の表舞台

初の鞍上背にスプリンターズの雪辱なるか?

 

モレイラ騎手を背に札幌の地で重賞勝利を飾った栄華から一転、スプリンターズSではまさに力負けと言える悔しい敗北を味わったのがナックビーナス。

今回はおよそ2年半ぶりとなるダートの舞台で 雪辱を喫しに来た。

鞍上のマジックマンはもういないが、初めてのコンビで新味を出してまたスプリント戦線の主役となれるか?

大野とナックビーナスについて考察したい。

 

 

血統:〇

父:ダイワメジャー

母:レディトゥプリーズ

母父:MoreThan Ready

 

この馬の最終的な結論は表題の通り、本当の意味でダート適性があるかどうかなんだけど 、血統面からは大きな不安がある。

なんと言っても典型的な芝馬の血統で、ダートの活躍馬というのが中々いない。

この馬自身はダートでも好成績を残しているけれども2年以上前になるし、素質だけで賄っていた可能性も十分ある。

なのでそこが唯一にして最大の焦点になると思う。

 

 

コース適性:〇

京都コースは芝のみの出走だけど、レースを見る限りではそんなに苦手そうには見えないし、平坦なコースも問題ないと思う。

ただし序盤にあまり無理はし過ぎたくないタイプで、先行力がかなり高いけど超がつくハイペースになるのはなるべく避けたい馬。

出来れば平均的な分散ラップでレースをするのが理想的なので、わりと激流の流れになることが多いこのコースは、そこが少し気になるかな。

 

展開:〇

なので上述したように、今回はかなり前半飛ばしそうな馬が多いので、この馬にとっては位置取りが非常に難しい。

出来れば前目から自分のペースで気持ちよく競馬を進めたいタイプだけど、おそらく今回は前についていくと必然的にハイペースになるので少し下げざるを得ないと思う。

スピードの違いで前を取れればいいんだけど、そこは枠次第なのでなんとも...少なくとも、展開面で考えると不安があると思う。

 

スプリンターズS 2人気7着 1:08:7 (3F 37.4)

33.0-35.3 ハイペース

11.7-10.3-11.0-11.3-11.5-12.5

 

 

まずは前走、期待されながらも残念ながら力負けしてしまったスプリンターズS

馬場状態を考えれば 前半がかなり速く、ラスト1Fで1秒ラップを落とす消耗戦だった。

この馬はその激流の中先頭集団にいたけど、最後の直線では加速せず甘くなってしまった。

比較的渋った馬場が得意な馬なので、おそらく馬場状態はそんなに適正的に悪くなかったと思うけど、道中まったく緩まなかったことで辛くなってしまったのかなと思う。

先にも述べたけどこの馬は自分のペースで競馬をしたい馬で、道中で息が入ると粘り強くなるんだけどこういう息が入らないレースになると伸びを欠いてしまう。 

なのでワンペースになる競馬はあまり得意でないと思う。

 

キーンランドC 1人気1着 1:09:4 (3F 35.7)

33.7-35.7 ハイペース

12.1-10.7-10.9-12.0-11.6-12.1

 

 

その特徴としてわかりやすいのが重賞初勝利を飾ったキーンランドC

このレースもスプリンターズとよく似た前後半だけど、大きく違うのはこの馬が先頭でレースを支配していたという点と、道中1秒以上緩んでいるラップが存在している点。

カーバンクルSとかもそうなんだけど、道中ちょっと緩んで息が入るほうがパフォーマンスが上がる傾向がある。 

もしくは、芝で言うと10秒近いラップを踏むのが得意でない印象で、それよりは11秒中盤ぐらいを続ける方がパフォーマンスが上がる。

要は、瞬発力やトップスピード、スピードの持久力を高いレベルで要求されると馬が辛くなってしまう。

そういう点からはそれが求められにくいダートに映るのは、レッツゴードンキなどと同じく好材料だと思う。

 

夕刊フジオパールS 1人気6着 1:08:7 (3F 33.9)

34.4-35.7 ハイペース

12.1-11.0-11.2-11.3-11.0-11.8

 

最後に少し毛色の違うレースとして上記のオパールSを見ておきたい。

ダートだけど京都1200mの舞台で、1番人気で51kgと非常に良い条件だったが伸びきれなかった。

ラップを見てもけっこう前半がスローになっていて、ロングスパート+10秒台のトップスピードが要求された1戦だった。

この馬は直線伸びてきそうな手応えの中でも伸びきれなかったように、こういう瞬発力、あるいは長い時間の速い脚が求められ展開が良くないんだと思う。

なので、ロングスパートになるようなレースや一気にラップが縮まる瞬発力勝負になると沈む可能性が高いと思う。

一方で分散的なラップを踏む勝負もあまり得意ではなさそうなので、理想的な展開としてはよどみなく進んだ中で一瞬緩むラップがあり、あまり瞬間的な脚は要求されない、という結構限定的な条件になる。

 

まとめ     

 

嵌れば高松宮記念キーンランドCのようなレースができるんだけど、一方でけっこう展開には注文がついてしまうタイプの馬。

そういうところがレッツゴードンキとの人気の差に現れていると思う。

そういう意味では鞍上が初の騎乗となるのはけっこうマイナスで、モレイラが継続騎乗だったら面白かったのに...というところ。

 

とはいえ力のある馬なので、馬券の取捨は当然重要になってくるんだけど...

冒頭でも述べたとおり、展開面への注文がつく以上、ダートの適性があるかないかで大きく評価が分かれるところなので、そこが鍵になる。

個人的にはダートの適性は決して悪くないと思うし、芝の弱点をある程度相殺してくれるとは思っているけど、同じような力を出せるかは未知と言っていいのでそこが不安なのは変わらないかな。

何しろ、途中でダート戦を止めて芝に戻しているからね...この辺はじっくり考えたいところ。

 

今のところは追い切り、枠順を見て最終判断するけど、買っても連下までかなぁ、とは思っている。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ