★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCスプリント【出走馬考察】モーニン【スプリントでも同じパフォーマンは可能か?】

f:id:syuuuun709:20181029211334j:plain

モーニン (騎手:Cデムーロ)

早熟と言われ続けてはや2年半が経った

GⅠ馬のプライド胸にスプリントの混戦に終止符を打て

 

早熟でもう終わった馬だ...フェブラリーSでの勝利以来勝ち星に恵まれず、ずっとそう言われ続けて迷走を繰り返してきたが、ここに来てまだまだダートの一戦級でやれるところを見せてきたのがモーニンだ。

前走のコリアスプリントでは1200mでも結果を残したが、果たして国内の曲者スプリンター達が集う中でどれだけのパフォーマンスを残せるか...ここに来て鞍上には、「日本で1年やったらリーディングを取れると確信した」と豪語するCデムーロを陣営は用意してきた。

果たしてこの騎手と距離の選択は吉と出るか?凶と出るか?

モーニンとCデムーロについて考察したい。

 

 

血統:△

父:ヘニーヒューズ

母:Giggly

母父:DistortedHumor

 

知ってのとおり早熟馬の印象が強いヘニーヒューズ産駒だけど、母もモーニンしか活躍馬がいないため、この馬がどちらに属するのかは何とも言い難い。

結局、今年復活を果たしたレースで「今までレースを嫌がってたからそこを直した」と調教師や騎手が話していたけど、まだ完全復活かどうかは微妙なところだと思う。

でも個人的には現在の能力的には、まだ往年の力に比べるとちょっと落ちるとは思っているので、ここに向けてどれだけ仕上がってるか、馬が走る気になっているかが大事になると思う。

 

コース適性:〇

京都コースは新馬戦依頼だけど、トップスピードと持続力両方ある馬なので京都コースは合うと思う。

スムーズに加速さえできればおそらく最後まで伸びてくると思うので、位置取りが非常に重要になるように思う。

特にゲートもそんなに上手いわけでないし、入りで33秒台とかを叩き出しちゃう馬たちがいるこのスプリント戦では序盤がかなり厳しくなると思う。

前半どれだけ楽を出来るかが重要。 

 

展開:△

一見先行馬たちが揃ったので、めちゃくちゃハイペースとかになればこの馬の出番かとも思うけど、緩まない流れで前に飛ばされたらおそらく追走で一杯一杯になると思う。

逆に後述するけどコーラルステークスみたいに極端に緩んでくれればこの馬の持ち味が生きてくると思うので、繰り返しになるけど序盤にどれだけ楽ができるかかなぁと思う。

 

コーラルステークス 3人気1着 1:23:4 (3F 36.5)

34.1-37.3 ハイペース

12.2-10.6-11.3-12.0-12.0-12.3-13.0

 

まずは華麗に復活を果たしたコーラルステークスから考察したい。

額面通り受け取るとかなりのハイペースなんだけど、これは正直に言うと後半にちょっと落としすぎだと思っていて、その分3秒以上のハイペースになっている。

この馬は前半いつもの通り無理をせず後方から進めて、少しペースが緩んだところで外から押し上げてきて先頭を一気に差し切って見事に勝利を飾った。

 

確かに強かったとは思うけど、フェブラリーSから見ると少し物足りないなという気はする。

もちろん58.5kgを背負って大外一気、っていうのは強くないと出来ない芸当だし、この1戦はある程度評価しないといけないとは思うけど...展開も向いたと思うので、個人的にはこの1戦で復活とは言いたくない気持ちが強いかな。

 

 

フェブラリーS 2人気1着 1:34:0 (3F 35.2)

34.1-35.6 ハイペース

12.2-10.8-11.1-12.0-12.3-11.9-11.6-12.1

 

 

そう思ってしまうのは勝ったフェブラリーSがあまりに強かったから...

このレースもダート東京マイル戦らしく前半から流れてハイペースだけど、見ての通り後半を35.6で纏めてきてるのでトータルで見ると1.5秒のハイペースに収まっている。

ここがコーラルSとの大きな違いで、この馬の末脚は本来もっと切れる。

 

この馬は前半かなり流れた中で好位を追走して、その中で前目からトップスピードと持続力を高いレベルで見せてきた。

この馬の良いところはハイペースの中でも後半要素を高いレベルで見せられるところで、たとえば2着のノンコノユメとかは完全に後傾で末脚にかけてくるけど、この馬は前目の位置取りからそれが出来る。

なのでこのパフォーマンスであれば京都の舞台でも全く不安はないし、ゴールドドリーム辺りのダートの最上位の馬たちとの比較で見ても優位に立てると思う。

 

かしわ記念 4人気6着 1:40:4 (3F 38.5)

36.6-37.5 ハイペース

12.5-11.8-12.3-12.7-12.4-12.0-12.6-12.9

 

まだ復活じゃないんじゃないか...とどうしても思ってしまうのが、前々走のかしわ記念の負け方が引っかかるからで、今のダート上位馬達にはここではっきり劣ってしまった。

まずペースがそんなに流れなかったこともこの馬にとってはあまり良くなくて、前半楽だった分ほかの馬たちも後半要素を削がれなかったので、この馬のハイペースでも後半良い脚を使えるという利点が相対的になくなってしまった。

以前の強かった頃のように前目から流れに乗れたのは良かった点だけど、後半伸びなかったところを見ても、今はこの距離だと馬の気持ちが最後までもたないんじゃないかと思う。

なのでそういう意味では距離短縮はいいのかもしれない。

 

 

まとめ     

強いのは確かで、少なくとも最盛期の力を出せればここでも最上位に位置する馬だけど、現状はこの人気(想定6倍)を背負うには過剰だと思う。

ただ今回のレースはほぼ確実に流れるだろうし展開としてはおそらく悪くないと思うので、あとはどれだけ馬が走る気になってくれるか、状態面が上がってきているかだと思う。

 

前走のコリアスプリントを見た感じだと1200mへの適性はちょっと微妙だと思っていて、下手をしたら何もできずに終わってしまう可能性もある。

し、1200mだったら気持ちを切らさずに真面目に最後まで走ってくれるのかもしれない。これが果たしてどっちに転ぶかは非常に興味深い。

結論としては、適性としては1200mのスプリント戦は微妙だけど、今の馬の状態としてはむしろ良いと思う。

なので調教の状態をしっかり見極めて、この馬がどれだけ走るつもりになっているか、それをどう評価するかで馬券の取捨が変わってくると思う。

 

現状は当落線上の1頭だと考えているかなぁ。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで協力頂けると今後の運営上、非常に助かります↓

人気ブログランキングへ