★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】キセキ

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

キセキ (騎手:川田)

前走ついに復活のキザシを見せた

歴戦の古馬達に今度こそキセキの走りを見せろ

 

前走の毎日王冠ではまさかの速いペースを前目追走から、最後の最後まで強く粘り込んで復活の狼煙を上げた。 

あのマラソンレースの菊花賞からはや1年が経ったが、ルーラーシップ産駒に2度目のG1制覇の美酒をもたらせるか、キセキと川田騎手について考察したい。

 

 

血統:〇

父:ルーラーシップ

母:ブリッツフィナーレ

母父:ディープインパクト

 

 

もう母父にディープインパクトが来るんだなぁ...としみじみ感じてしまう血統。 

ルーラーシップMr.Prospector系のキングカメハメハ×エアグルーヴ、そして母系にディープでサンデーの血と、血統だけ見るとまさにクラシック路線の申し子のよう。

ただ現時点ではまだルーラーシップ産駒というのはイマイチ掴みどころがなく、古馬になってからの成長力がどうかというのは、この馬やダンビュライトがこれから道を作って評価されていくんだろうね。

 

コース適性:◎

東京コースは実はそんなに走っていなくて、5着に敗れたセントポーリア賞と前走の毎日王冠のみ。

まぁ毎日王冠の感じや新潟でのレースを見るとおそらく府中の舞台はかなり合っていると思われるので、舞台としてはかなり期待できる。

 

展開:〇

前でも後ろでも競馬ができるのでちょっとなんとも言い難いんだけど、どちらかというとアルアインと同じようにスローからの瞬発力勝負よりはタフでスピードレースになったほうが良いタイプ。

後述するけど信濃川特別も毎日王冠も、そして菊花賞も長くいい脚を使ってきた。

  

信濃川特別 1人気1着 1:56:9 (3F 32.9)

58.2-58.7 ハイペース

12.6-10.9-11.4-11.4-11.9-12.1-12.2-11.9-10.6-11.9

 

まずは非常に速い時計で古馬を圧倒した信濃川特別。

良馬場でかなり速い時計が出る馬場状態だったけど、かなり流れた中で前半無理をせず、後半一気にぶっちぎってきて破格の時計の勝利だった。

ラップだけ見るとラスト2Fの瞬発力勝負なんだけど、この馬で見ると外から徐々にペースを上げていったのでかなり長く速い脚を使ってきている。

そしてこのレースは道中まったく緩むところがなく、途中でほぼ息が入らなかった。その中で外からまとめて差し切ったのだからかなり強い競馬だったし、スタミナの優れたステイヤーの適性も見せていた。

 

毎日王冠 6人気3着 1:44:7 (3F 33.9)

47.3-45.5 スローペース

12.8-11.0-11.5-12.0-11.7-11.7-10.9-11.2-11.7

 

前走惜しい競馬となった毎日王冠についても振り返りたい。

このレースも速い時計の出る馬場状態だったけども、アエロリットが飛ばす中でスタート良く好位置につけ、ラップだけ見るとスローペース だけど前傾の仕掛けの中で最後はステルヴィオに交わされたけども踏ん張っていた。

  

このレースでもそうなんだけども、ある程度ペースが上がる中で最後までしっかりと脚を使ってきている。

菊花賞でも見せた持続的な脚を使う能力と合わせて考えると、この馬実はステイヤーとしてかなり強いんじゃないか?と思う。おそらくもっと距離が長いほうがさらに良さが出るはずで、2000mももしかしたら短いのかもしれない。

ただそれなりに瞬発力も持っているので中距離にも対応できており、高いレベルで見ると長距離的なレースの方がよりパフォーマンスが上がるという感じかな。

 

アルアインとけっこう似た、ラップを分散させるほうが良さの出るスピードタイプではあるんだけど、この馬はどちらかというとより後傾に強さがあると思う。

つまり、スロー気味からのロングスパート勝負とか、5Fで11秒台を続けるレースとか、そういうラップを分散するスタミナ勝負になれば非常に強いと思う。

毎日王冠で見せたみたいに前目からスピードで押してタイム勝負、というのももちろん良いと思うんだけど、ここではラスト3F目が明確に速くなっていて、最後ちょっと落としてしまっているので、もっとラップを均等に分散させるような、長距離色の強いロングスパート勝負の方がより相手の良さを削げると思う。

 

セントポーリア賞 1人気5着 1:48:1 (3F 33.4)

48.5-46.5 スローペース

12.7-11.4-11.812.6-12.7-12.8-11.4-10.8-11.5

 

上記の大きな根拠となるのがセントポーリア賞の敗戦。

まぁかなり前のレースになるし このレースだけで判断するのは軽率なんだけど、ラップを見てわかるように明確なスローからの瞬発力勝負。

これ見てあっ、てなった人の感覚はまさにその通りで、このレースのラップの踏み方はまさに今年の天皇賞(秋)に近そうなイメージ。スタミナは一切問われておらず、今年の菊花賞みたいな直線だけのレース。

その中で直線よーいドンでダイワキャグニーやジュンヴァリアス、バルデスといった馬達に後れを取っている。

  

今回の相手はこういうレースで非常に強いスワーヴリチャードやレイデオロといった馬たちが相手なので、 同じような展開にするとおそらくキレ負けする可能性が高い。

なのでこの馬にとってはもっとスパートのラップを分散させて、持続的な脚を求める展開にしたい。

極端な話、12秒フラットのタイムを全ラップで踏むような展開になれば本命にしてもいい馬だと思う。

 

まとめ     

アルアインと同じく、この馬にとっては今回スローペースになりそうなのが非常に悩ましいところ。

前走のアエロリット、信濃川特別の時みたいな逃げ馬が淀みないペースを作ってくれるのが一番良いんだけど、今回の出走馬の中にはどこを見てもそういう馬がいないからね...厳しい戦いになると思う。

 

この馬の一番の強みは長距離色の強い持続的な脚と、その上でそれなりに瞬発力を使ってこれるところだと思う。

さすがにダイワスカーレットとは行かないけれど、こうなったらある程度この馬がレースを作ってもいいんじゃないかと思っている。

 

府中2000mの舞台で逃げ切りと言うのはこと天皇賞に関してはかなり困難なミッションだし、この馬が逃げてパフォーマンスを上げるともちょっと思えないけど、二番手ぐらいから早めに抜け出してロングスパート戦とかにしてしまえば、かなり面白くなるんだけどね。

逃げ馬が大逃げして、各馬が早めに捕まえに動いて仕掛けが早くなる…そんな展開だったら理想なんだけど。

 

能力としては非常に面白い存在なので、あとは展開が向くかどうかの1点だと思う。

アルアインと同じく、取捨は非常に悩ましいところだね。

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ