★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】ミッキーロケット【宝塚記念は本格化の証か?】

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

ミッキーロケット (騎手:和田)

解けたテイエムオペラオーの呪縛

名実ともに真のグランプリ馬となれるか

 

前走の宝塚記念で海外の刺客・強豪ワーザーを退けついにGⅠ馬、それもグランプリ馬の称号を手に入れたミッキーロケット。

くしくも鞍上の和田竜二は、テイエムオペラオーの死と同時に、テイエムオペラオー以来のGⅠ勝利を手にした。

あのGⅠ勝利は果たしてテイエムオペラオーがもたらした奇跡だったのだろうか?それを馬、そして騎手の実力と証明するには、更なるGⅠ勝利の称号を手位に入れるのがてっとり早い。

和田竜二とミッキーロケットのコンビについて考察したい。

 

血統:〇

父:キングカメハメハ

母:マネーキャントバイミーラヴ

母父:Pivotal

 

 

いつも母の名前で笑ってまうわ…海外って名前の付け方ほんとに自由だよね。多分ビートルズの曲が由来だよね?

…っていう余談は置いといて、血統を見てわかるように今とても貴重な非サンデー系の馬。

なので個人的にはとても興味深いし応援したいんだけど、血統的には今ぐらいに完成を迎える血筋だから、順調に成長していると思う。

ただあくまで血統を見る限りでは天皇賞っていうイメージではないかなぁ…もっとパワーのいる舞台が合いそう。

 

コース適性:△

なんと23戦目にして実質、初めての府中コースとなる。

(去年の天皇賞も出てるんだけど、極悪馬場で全くレースにならなかったのでノーカウントでいいと思う)

そういう意味では非常に新鮮で未知の魅力に溢れてるんだけど、正直あまりこのコースに合うイメージはないかな。

元々京都で高いパフォーマンスを見せていた馬だし、京都大賞典に使おうとしていたところを考えると、今回のこのレースはあくまでチャレンジの要素が強いと思う。

 

追記:今回の府中への出走は和田騎手の進言によるものが強いみたいですね。

 

展開:△

あんまりスローペースからの瞬発力戦っていうイメージはなくて、正直どっちもあまり得意でない印象かな。

ハイもしくはミドルペースで力のかかる馬場で総合力戦っていうのがここまでのミッキーロケットのイメージなので、それを覆してこれるかどうか。

 

宝塚記念 7人気1着 2:11:6 (3F 35.8)

59.4-60.2 ハイペース

12.2-10.8-11.4-12.7-12.3-12.0-11.8-12.1-12.2-11.7-12.4

 

まずは感動の1着となった前走の宝塚記念を振り返る。

考察には関係ないけど非常に胸が熱くなるレースだった。ゴールした瞬間、思わず目を拭った和田騎手の思いたるや...いろいろ言われて、何よりも一番悔しいのはやっぱり本人なんだなぁ、と痛感した。

個人的には馬券的にかなり悔しい思いをした1戦だったからあまり思い出したくないけどね...笑

それはまた、別の時に振り返ります。

 

レースとしては前半から結構流れていて厳しい流れだった。

中盤もほとんど緩まず、最終的にかなりタフなレースになっていてスタミナと脚の持続力が高いレベルで問われた1戦だった。

たとえばサトノダイヤモンドみたいに瞬発力に優れた馬はコーナーでグッと手応え良く来てるんだけど、最後にかなり甘くなっているのを見ると、荒れたレースではあるんだけど結構レベルの高い1戦だったと思う。

最後の最後まで抜かせる気配がなかったし、この馬の良さが前面に出たレースだったと思う。 

この馬の何よりの強みは、流れたレースで良い位置から長い時間脚を持続させてくるところで、まさにこの宝塚記念が見本になる。

 

京都記念 7人気7着 2:17:4 (3F 37.3)

63.0-60.7 スローペース

12.5-11.5-13.3-13.0-12.7-12.6-12.2-12.2-12.2-11.8-12.3

 

逆に明らかにこの馬の得意でない展開についても見ておきたい。

この京都記念とかはまさにそういうレースで、前半かなり楽な流れから5Fのロングスパート戦だったが、前目からジリジリとしか伸びてこれず最後は流しての7着だった。

 

この馬の明確な弱点が1つあってそれがスローペースからの瞬発力。

前半無理しなかったことで他馬の脚が削げず、そうなってしまうとよーいドンのような状態になった時に他馬に対しての優位性が全くなくなってしまう。

一方でこのレースのような長く脚を使う展開は得意としているので、そういう展開でも惨敗したのはやはり他馬が余裕な状態で直線に向いてしまったことが大きいと思う。

 

できれば明確にペースを上げてラップを分散する形にして、トップスピードが問われない展開にしたい。

この馬は今までに最速ラップで10秒台をおそらく踏んだことがないので、天皇賞秋という舞台ではそれは非常に大きなネック。

 

 

中日新聞杯 1人気5着 1:59:5 (3F 34.0)

60.7-58.8 スローペース

12.5-10.8-12.7-12.6-12.1-12.2-12.1-11.6-11.2-11.5

 

上記の弱点を確かめる上でも、似た舞台である2000m戦も振り返っておきたい。

このレースはハンデ戦でトップハンデを背負っていたのも大きかったけど、最終コーナーで外からメートルダールに捲られて力負けしたので、少し底が割れてしまったかなという印象だった。

まぁスローといってもそこまでひどいペースではなく、最後も比較的得意としているロングスパートで力を出し切る総合力が問われる戦いになっているので、その中でハンデがあったとはいえメートルダールに負けたのはかなり残念だった。

 

あえて負けた原因を深堀するとすれば、やはり他馬が余裕な状態にあると優位に立てないのだと思う。

逆に天皇賞・春日経新春杯の結果を見る限りだと、本質的には長距離タイプなのではないかと感じる。

そして先ほど述べたように瞬発力に優れているわけではないので、この馬のベストの条件としてはやや渋ったパワーが要求される馬場の中で、序盤からそれなりに流れてラップが分散する形になり、最後にどこまで粘れるかの総合力線、これが最も良い展開だと思う。

 

少なくとも、これまでのレース振りからはスローペースからのトップスピード戦、もしくはスローペースからのロングスパート戦、どちらになっても勝ち目は薄いように感じる。

 

まとめ     

 

最後は少しネガティブなことばかり述べてしまったけど、それでも宝塚記念のパフォーマンスは秀逸だったし、 展開・条件さえ向けば世代でも最強のパフォーマンスが可能なのことは疑いのないところ。

今回はもともと京都のレースを計画していたところや調整の遅れ、陣営や騎手のコメントからも叩きの要素が非常に強いと思う。

いわばチャレンジのレースで、決して勝負レースではないと思う。

調教を見る限りでは調子が良さそうだし流石にグランプリ馬として恥ずかしい状態では出してこないと思うのでそれなりのレースはするだろうけど、この路線のトップにこの条件で勝てるほどの力はまだないかなと思う。

 

個人的には有馬記念や、年明けの京都中山の2000m超えのレースで大きく買いたいと思う1頭。

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

↓クリックで協力頂けると今後の運営上、非常に助かります↓

人気ブログランキングへ

 

↓非常にオススメの予想サイトで、無料で活用できます↓

注目レース無料情報はコチラ