★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCスプリント【出走馬考察】マテラスカイ【前走の負けの理由は?】

f:id:syuuuun709:20181029211334j:plain

マテラスカイ (騎手:武豊)

先頭は誰にも譲らない

非凡なスピードは名スプリンターの証か

 

 

単身ドバイに挑戦して見せ場たっぷりの5着に入賞し、帰国後はそのスピード能力で圧巻のパフォーマンスを見せてきたのがマテラスカイだ。

プロキオンSでは驚異的な日本レコードを樹立し、スピード勝負の京都コースはまさに絶好の舞台と言えるだろう。

ところが前走、よもやの馬券外の敗北...JBCスプリントはこれによって、一気に混沌とした状況に陥ってしまった。

あの負けは実力なのか?それとも馬の状態なのか?JBCスプリントで盛り返しはあるのか?...今回のJBCスプリントの主役であり馬券の成就のカギを握る、マテラスカイと武豊について考察したい。

 

血統:〇

父:Speightstown

母:Mostaqeleh

母父:Rahy

 

父はバリバリのダート馬で日本にも多くの活躍馬がいるが、海外ではアラブなどの中東の重賞で勝ち馬がいる。

傾向的にはダート中距離ぐらいが最も適性がある感じで、スピードでガンガン押すタイプの産駒が多い。

マテラスカイもまさにその上質なスピードを受け継いでいると言えるだろう。

 

コース適性:◎

京都コースは勝利も惨敗も経験のあるコースだけど、基本的には間違いなく合うコースだと思う。

キタサンミカヅキのところでも述べたけど日本有数のスピードトラックなので、速い時計の出せるこの馬にとってはまさに絶好の舞台。

あとは良馬場になった時がどうかだけど、後述するけど特に問題はないと思う。

 

展開:〇

スピードでゴリゴリに押す馬だけど、京都1200mは基本的には前が有利なので、展開としても合うと思う。

ただし同型が多いし特に先行して厄介な馬が揃っているのでそこの兼ね合いがどうか。

とは言え最近は行ききって先頭に立つことも多いけど、基本的にはどんな競馬もできる馬なので無理に先頭に行く必要もない。

ので、前目から4角で先頭に立って突き放す、という王道の競馬も今回は視野に入れたい。

 

プロキオンS 5人気1着 1:20:3 (3F 35.6)

33.5-35.6 ハイペース 不良

11.9-10.7-10.9-11.2-11.6-11.2-12.8

 

まずは圧巻の日本レコードで勝ったプロキオンSを考察したい。

入りの3Fが笑ってしまうぐらい速くてなんと33.5。そこから道中も速い時計を刻んで、最後の1Fは一気に落として12.8というかなり早めから出し切る消耗戦だった。

最後はちょっと流し目なのもなのもあったけど相当ラップを落としていることからも前半から相当なスピード勝負で、高速レースに適性がないと勝負にならないレースだった。

ただし、この馬はこのラップをあまり無理せずに出しており、そんなに無理せず先頭に立ったけどそれでもこの入りはちょっと恐ろしいぐらいのパフォーマンス。

かなり高速馬場への適性があるんだと思う。

 

橿原S(1600万以下) 2人気1着 1:11:0 (3F 36.2)

34.8-36.2 ハイペース 稍重

12.3-10.9-11.6-11.9-11.9-12.4

 

プロキオンSの結果から高速馬場への適正があまりに強い印象があるけど、この橿原Sも良い競馬だった。

今回と同じ京都1200mの舞台で、好発からハナを切って先頭、淀みのないペースで逃げて最後もあまりラップを落とさずに完勝だった。

最後少し流しているからラップ上は落ちているけど、それでも後続との差をどんどん離していたしちょっとモノが違う勝ち方だった。

2着のジープルメリア辺りはいつ1600万以下を勝ってもおかしくない馬なので、額面通り受け入れる必要はないにせよ5馬身差は立派。

 

それにこの時は馬場は稍重だったけどそんなに時計も速くなかったので、パンパンの良馬場はわからないけどこれぐらいの馬場なら充分こなせるのは間違いない。

 

 

4歳1000万以下 6人気2着 1:11:8 (3F 37.5)

34.3-37.2 ハイペース

12.1-10.7-11.5-12.2-12.2-12.8

 

一応今回と同じ舞台で敗北を喫しているこのレースも振り返っておきたい。

3秒近いかなりのハイペースで逃げたけど、前半無理をしなかったハニージェイドに最後に差しきられた。

このレースも結構時計が掛かっていたけど、流石にこれだけハイになってしまうと後半がキツかったのかなという印象。

このレースが2018年の1月だけど、現在はこの時よりかなり馬の強さ自体が上がってる印象なので、このレースの結果だけでは判断できないけど、この馬のいろんなレースを見るとどうもハイペースに成りすぎると後半伸びないイメージが強い。

前走4着に敗れた東京杯でもそうだったけど、前半34秒ぐらいで入ってしまうとちょっと後半の粘りが弱くなる印象がある。

なので、前目では進めたいけどペースが上がりすぎるのは少し嫌かもしれない。プロキオンSの33秒台の入りの印象が強いけど、これは高速馬場への適性が強いと考えると納得できる。

 

要は、超ハイペースになり過ぎて途中緩むのが恐らく良くなくて、このレースも東京杯も、他の敗北レースもそうだけど途中緩んで12秒台のラップが生まれるレースだとパフォーマンスが落ちている。

おそらくだけど、スピードやギアの切り替えが上手でなく、あんまり器用な馬じゃないんだと思う。

だから一定のワンペースで進めて最後まで出し切る競馬が一番合っているように感じる。

なので、できる限り平均的にラップを刻んでいくレースがあっていると思うので、11秒台のラップを踏み続けて最後どこまで粘れるか、そういうレースになれば圧勝すると思う。

 

まとめ     

 

かなり強い馬だしタイムも持っているので京都で更にパフォーマンスを上げてくるのは間違いない。

し、最近は逃げが多いけど基本的にどんな競馬でも出来る馬なので、展開の融通はおそらくかなり効くと思う。

 

一方でペースに緩急がつくと結構脆いので、道中12秒台に緩んだり、いきなり10秒台の足が要求されたりといった、特殊な展開になると危ないと思う。

ただ今回のメンバーでは基本的にそれは起こりにくいと思うし、武豊はペースを作るのは天才的に上手なので、すんなり逃げられれば連は堅いと思う。

一方そうならない、もしくはそれが難しい場合は充分飛ぶ可能性もあるので、枠順からレース展開をしっかり考察したい。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで協力頂けると今後の運営上、非常に助かります↓

人気ブログランキングへ