★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】マカヒキ【マカヒキは復活するのか?】

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

マカヒキ (騎手:武豊)

凱旋門賞へ果敢にチャレンジも続く臥薪嘗胆の日々

ダービー馬のプライドを胸に今度こそ捲土重来を喫す

 

果たして収穫の秋、となるか。

そして、おぉ、ついにこの馬に武豊か...という感じだね。なんとも感慨深い。

よくワンアンドオンリー化と言われるけど実際は全く違っていて、個人的にはこの馬の力が落ちたとはあまり思っておらず、馬なりにかなり惜しいところまで頑張っていると思う。

そしてそれは同時に、この馬の力が今一歩足りていないという意味にもなる...

ただ今度の府中2000mという舞台は、この馬にとって間違いなく良い条件であろう。数々の名馬の背中を知る名手を背に、今度こそ先輩ダービー馬の力を証明したい、マカヒキ武豊について考察する。

 

血統:〇

父:ディープインパクト

母:ウィキウィキ

母父:フレンチデピュティ

 

もうずっと言われてきたことだけど、兄妹があのウリウリなので、どちらかというと短距離色の強いディープインパクト産駒。

体型もいかにもマイラーっぽい感じだったのでずっとそれが言われてきた。

ただここに来て、どうもホントの意味で中距離馬っぽくなってきたな...と思う。

馬の状態もここに来てかなり良さそうなので、ここはかなり期待できる条件と思う。

 

コース適性:◎

まぁダービー馬なので今更コース適性は言う必要もないかな...と。

ただこの時は素質でレースをしていたので、古馬になった今、本当の意味で府中に適性があるかどうかは非常に難しいところ。

ただジャパンカップ天皇賞の感じを見ても、やっぱり直線の長いコースが一番合うのは間違いないかな。

 

展開:◎

スローの瞬発力勝負は望むところだと思う。

その一方で後述するけどこの馬はある程度前半が流れたほうがパフォーマンスを上げてきている気がするので、出来れば厳しい流れのレースになった方がより良さが出ると思っている。

まったく同じ位置でよーいドンだったら、流石に現状最上位の馬たちに比べるとちょっと厳しいと思う。

  

札幌記念 1人気2着 2:01:1 (3F 36.4)

59.1-62.0 ハイペース

12.5-10.4-11.5-12.1-12.6-12.4-12.0-12.6-12.5-12.5

 

まずは前走の惜しくも敗れた札幌記念から考察したい。

時計を見てわかるように馬場は稍重でかなり重たい状態で、その中で前半かなり速いペースで消耗戦となっている。

このレースは正直評価がとても難しくて、まず間違いなくマカヒキにとってベストの条件ではないんだけど、同日の他のレースに比べると少し時計が遅い気がしていて、ちょっとレベルがどうだったかという疑問がまずある。

※同日の牝馬限定500万戦でも2:02:3が出ているので、そこから見ると流れたGⅡとしてはかなりタイムが遅いと思う

 

前半かなり流れてスピードが要求されていて、最後は早めの仕掛けからどこまで粘り強く脚を使ってこれたかと言うところなんだけど、最後の1Fまでラップを落とさなかったのを強いレースだったとみるか、出し切っていないレースとみるかで評価が変わってくる。

 

この馬としてはやや出負けして最後方からの競馬になって、道中もかなり流れていたのでやや追走が厳しい状態で押し気味の競馬になっていた。

とは言っても序盤は流れた中で後方だったのでこの馬にとっては良く、逆に3角以降の押し気味の中でペースが上がったことが最後の負けに繋がったと思う。

それなりに強い競馬をしたかな...とは思うんだけど、やはりこの馬にとって条件が悪すぎたと思うので、この1戦で復活だ!という評価はとても危険だと思う。 

 

毎日王冠 2人気6着 1:45:6 (3F 33.3)

47.8-45.6 スローペース

12.8-11.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.1-10.7-11.7

 

去年の天皇賞は極悪馬場の中でのレースなので評価が難しいので、ラップや距離、条件的に参考になりそうな毎日王冠の方を振り返りたい。

スタートは良くなかったけどすぐに騎手の内田が盛り返して好位を追走、ペースがかなりスローな状態になってほぼ直線だけのパフォーマンスが要求されたレース。

4F~3Fで一気に1秒加速して10秒台の脚が求められているので、まさに極限まで瞬発力勝負に特化したレース。

 

今年の天皇賞は逃げ馬不在で差し馬に強い馬が多いので、こういうレース展開になる可能性が高いと思う。(さすがに他の馬の騎手たちが、こういう展開を避けるために強気にレースメイクしてくれると思いたいけど...)

その中でこの馬は加速地点で少し置かれてしまい、伸びてはいるんだけど他馬に手応えで劣ってしまう状態だった。

最後まで伸びては来ているんだけど、リアルスティールサトノアラジンだけでなく、グレーターロンドンあたりにも明確に離されての6着だった。

 

この1戦で考えると今回もかなり厳しくなるかな...という気がしていて、まず3歳の頃に見せていた最上位の瞬発力が他馬に対して後れを取っていて、その後の直線3F戦の総合力でも抜けたものを見せられなかった。

要は総合力で明確に劣っていたわけで、これを見る限りでは展開の助けがないとスワーヴリチャードやレイデオロあたりにはとても...という感じがする。

 

もちろんゲートが良くなかった、休み明けだった、騎手の乗り方もそんなに良くなかった(加速地点でちょっとスムーズでなかった)という3つの言い訳もあるので、今回叩き2戦目、おそらく最も得意な舞台、騎手が名手の武豊に変わってどこまでパフォーマンスが上がるかというところが重要になると思う。

パフォーマンスを上げてこれなければ、このレースのようになすすべなく敗れると思う。

 

逆に言うと、この馬にとってはスローの末脚比べよりは、ある程度流れてくれて、その中で末脚を競う高いレベルのレースのほうがいいんじゃないかと思うし、その方が勝ち目がある気がする。 

 

日本ダービー 3人気1着 2:24:0 (3F 33.3)

60.0-58.0 スローペース

12.6-11.1-11.9-12.1-12.3-12.9-13.1-11.8-12.0-11.6-11.0-11.6

 

今までの考察では ネガティヴなところばっかり言ってしまったけど、じゃあ実際のところマカヒキもうダメなの?勝てないの?っていうのが読んでくれている方の率直な疑問だと思う。

それに対して答えるのは非常に難しいんだけども、少なくとも言えるのがダービーの時のマカヒキ古馬の中に加えても最上位レベルだった、ということ。

 

このレースはマイネルハニーが逃げて平均的なペース、その中でも上位の馬たちの決め手が強かった分、トータルで見ればスローペースになっている。

競馬ファンの方たちには知ってのとおり、この世代は強さ議論の中で常にいろいろ議論を巻き起こしていた世代で、その一番の要因がこのダービーと言っていいと思う。

特にマカヒキサトノダイヤモンドディーマジェスティの3頭は、この時点では3歳という括りにおいては歴代で見ても圧倒的に強い馬だった。

このレースは後半5Fで一気にペースが上がって、その中でラスト2Fで更に高いレベルで加速が要求された1戦だけども、この馬はその中で瞬発力も素晴らしかったし、何よりラスト2Fの加速ではあのサトノダイヤモンドのパフォーマンスを上回ってきた。

サトノダイヤモンドはこの年、最強キタサンブラックを破っているし、その比較で見てもこのレースが秀逸なのは疑いのないところ。

 

要は、このレースの時のパフォーマンスを出せるかどうか...シンプルに、そこに掛かっていると思う。

 

 

まとめ     

サトノダイヤモンドが華麗に復活を果たした(まだ完璧にとは言えないけど)以上、次はこの馬という機運が高まってくるのは当然の流れだと思う。

そして鞍上はあの平成の盾男・武豊。 まさにお膳立てが整った舞台だと思う。

結局さっきも「ダービーのパフォーマンスを出せるかどうか」と述べたんだけど、それぐらいあの年のダービーのパフォーマンスが素晴らしかったということで、逆に言うとその後のレース全てであの時のパフォーマンス以上のものを出せていない。

 

この原因はどこにあるのか?凱旋門賞への挑戦の代償なのか?ディープ産駒の成長力の問題だろうか?単純に馬の調子だろうか?それとも騎手の問題だろうか?

...少なくとも、天皇賞で一定の答えが出ると思う。馬券を買う側としては、当然その答えを事前に知りたいんだけどねw

 

個人的には、やはり凱旋門賞のダメージは大きいと思っていて、この馬で見たときに少しずつだけどパフォーマンスを上げてきてるし、今までのレースはこの馬にとって少し条件も悪かった。

内田騎手には悪かったけど騎手も合っていなかったと思う。(内田騎手のファンごめんなさい)

調子が見るからに上がってきているという情報もあるし、武豊マカヒキという組み合わせもかなりいいと思う。(ペースの読みに関しては他の追随を許さない騎手なので、この馬のベストの展開を導いてくれると思う。ゲート次第だけど)

 なので、直前のこの馬の状態は出走馬の中で一番注視しておきたい。

 

マカヒキの復活があるとしたら、その馬券を取りたい!と言うのはおそらく全競馬ファン共通の思いだと思う。(僕も当てたいw)

それでも、ただでさえ人気のある馬だし武豊でさらに過剰人気気味になるだろうから、馬券の取捨としては非常に難しいし、最後まで迷う1頭だね。

 

平成最後の天皇賞

始まりを制したのは武豊だったけど、豊に始まり豊に終わるのか...そんなドラマがあったら、とても熱いと思うので、一競馬ファンとしても、レースをとても楽しみにしている。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ