★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCスプリント【出走馬考察】レッツゴードンキ【水陸両用スプリンターの見せ場はここか?】

f:id:syuuuun709:20181029211334j:plain

レッツゴードンキ (騎手:岩田)

惜敗続きも芝ダート問わず高いレベルのスプリンター

さぁ今度こそ惜敗続きに終止符を

 

岩田騎手の見事な騎乗で桜花賞馬となってはや3年経つが、未だに芝ダート両方で息を長く活躍しているのがこのレッツゴードンキだ。

良く言えば、芝ダート問わずどんな条件でもそれなりの強さを未だに見せ続け、厳しく言うと、どんな条件でもあと一歩が足りない。

とは言え2年連続で高松宮記念2着、スプリンターズS2着は誇っていい実績だし、ここのメンバーならまさに大威張り。

あとはダートのスプリント戦でも同じ力が出せるかどうか、それだけだろう。

舞台は違えど、2年近い時を経て復活の勝利を果たしたのもまた、まさにこの淀の地だった。 

競走馬としての寿命が確実に迫る中、最後にまた一花咲かし、ドンキここに有りを観客に誇示できるだろうか、岩田康誠レッツゴードンキについて考察したい。

 

血統:◎

父:キングカメハメハ

母:マルトク

母父:マーベラスサンデー

 

正直この条件を待ちわびていた。

今年のJBCスプリントが淀だと聞いて、最も出て欲しかったのがまさにこの馬、レッツゴードンキ

母マルトクだけにダートに関する不安はないし、老いたりとは言えまだまだスピード十分なので淀のスピード戦も望むところだろう。

この血統は年齢を重ねて自在性が出てくるイメージだし、ダート近距離はまさに適条件。ここは期待したい。

 

 

コース適性:〇

京都コースは芝のみで1-0-1-2だけど、負けた2戦は適正外のものだしコースに関する不安は特にないと思う。

スローでも流れても前でも後ろでも競馬ができるので、あとは展開が向くかどうか。

逆に言えば、スプリント戦とは言えこの馬に関しては騎手の要素も 強いと思う。

実力馬なのでいかに紛れのない競馬できるかどうかが大事だと思う。

その点今回はマテラスカイ辺りもいるので、この馬に向く流れ(実力が必要なレース)になると思うけど。

 

展開:〇

展開面は前でも後ろからでも競馬ができるので特に気にする必要はないと思う。

けど今までスプリント戦では後ろからの競馬で良さが出ているので、おそらく後方からの競馬になると思う。

 前の馬たちはおそらくかなり飛ばすと思うし、例年ほぼ例外なく京都1200m戦は前傾ラップになるので、あとはスムーズに追い込み出来るかどうかが鍵かな。

おそらく岩田はインを付いてくるだろうしね。

 

スプリンターズS 4人気5着 1:08:6 (3F 34.3)

33.0-35.3 ハイペース

11.7-10.3-11.0-11.3-11.5-12.5

 

まずは芝だけど前走のスプリンターズSについて振り返ってみたい。

序盤かなり流れて消耗戦、前は出し切って後ろがどこまでという競馬だったけど、この馬はほぼ最後方近くから直線の競馬になって、上がり最速も出しきれずに5着という感じだった。

ラブカンプーが強かったのもあったけど前がけっこう粘る中で直線だけでこの順位まで押し上げたのは素直に評価できると思う。

とは言え出遅れて前半この位置取りになった時点でほぼ勝ちはなかったし、出来ればもっと良い位置を取りたかったところだと思う。

このレースもその前もキーンランドCでもそうだったけど、ここのところ少し、後ろから出しきれない競馬が続いている。

 

 

とはいえこの時は馬の状態が上がってこずに、最終追いが火曜になってしまったり、レース直前に馬の体重が減ったりと思い通りの仕上げでレースに合わせて来れなかった。 

このメンバー相手にスプリントで致命的な出遅れからこれだけやれるのだから、今回さらに上積みがあるかどうかで評価が分かれると思う。

 

高松宮記念 3人気2着 1:08:5 (3F 34.6)

33.3-35.2 ハイペース

12.0-10.3-11.0-11.4-11.5-12.3

 

ほぼ展開のアヤと言ってもいいぐらい、勝ちに等しい負けだったのがファインニードルに敗れた高松宮記念。 

 

内を回ってきたのもあったけど、ナックビーナスやセイウンコウセイといった辺りに先着しているし、前目の位置からほぼ勝ち馬と同じぐらいの脚を使ってきた。

この馬の良いところは展開問わず後半に良い脚を使える点で、非常にバランスが良いと思う。

要は、流れて最後にラップを落とす形になっても粘れるし、スローからのロングスパートにも対応できるし、淀みない分散ラップを刻む競馬でも脚を使ってこれる、非常に自在性に優れた馬だと思う。

 

強いて言うと、最近は10秒台の脚が要求されるトップスピード戦や、急加速の瞬発力が求められるレースではパフォーマンスを落としているので、そういう意味でも芝からダート代わり、さらにスプリント戦への距離短縮は絶好だと思う。

高いレベルの脚は健在だけど、芝では求められる時計が速い(かなり高いレベルでスピードの持続力、瞬発力が要求される)ことがネックになっていた。

その中でもGⅠで2着続きで頑張っていたし、ダートの舞台だとその後一歩が補える可能性が高いので、今回はチャンスだと思う。

 

フェブラリーS 10人気5着 1:36:7 (3F 37.0)

34.1-37.7 ハイペース

12.2-10.7-11.2-11.7-12.5-12.6-12.3-12.8

 

最後に距離は違うけどダート戦での戦いも見ておきたい。

ラップを見てわかるように超前傾のレースで、後半かなりラップを落とす中でもう一度ラスト2F目で加速を要求するという非常にタフなレース。

前が完全に潰れる中、ノンコノユメが末脚の違いで差し切ったけど、この馬も後方からジワジワと差を詰めてきた。

 

正直ここまでやれたことにびっくりしたけど、驚きは2つあって、1つはパサパサの時計のかかるダートでこれだけやれたという点。

もう1つはこれだけの前傾ラップの中でも最後まで加速、特にラスト2Fでの再加速ができていたという点。

今回は先行馬が多いのでこれぐらいの前傾ラップになることも十分あり得る。

その中でこれだけ長い脚で差してこれるのは非常に大きな武器。

平坦の京都なので前ももう少し粘るかもしれないけど、去年のレディスクラシックを見てもこの馬自身でももう少し前目で競馬ができると思う(条件は違うけど)し、そうなればかなり勝つチャンスが出てくると思う。

これだけ時計のかかるダートで走れるのであれば、少なくとも現状ダートの適性という点では全く不安がない 。

 

まとめ     

現在の想定人気で2番人気になっているけど、仕方ないかなという気持ち。 

正直今回のメンバー・条件はGⅠの最大にして最後のチャンスだと思っていて、この馬で見ると今年で一番の狙いどころかなという気がしてる。

この馬の適性面で言うと1200mがもっと良さそうだけど、芝ではキレ負け、あるいはスピード負けして惜しくも2着という結果だったのを、この舞台では補うことが出来る。

し、ダートに来てパフォーマンスも充分出せる馬なので、チャンスは十分。(芝GⅠで負けたのもレッドファルクス、ファインニードルと超一線級の馬たちだしね)

 

あとは前走でも少し調子が悪いと言われていたのが、今回どこまで上げてこれるか。

少なくとも調子が上がってきているようであれば、たとえ人気になっても馬券からは外せない1頭になると思う。

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ