★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCスプリント【出走馬考察】キタサンミカヅキ【関ヶ原を制するのは東でも西でもない?】

f:id:syuuuun709:20181029211334j:plain

キタサンミカヅキ (騎手:森泰斗)

群雄割拠のスプリント関が原を制するのは東でも西でもない

地方勢最大にして最強の刺客だ

 

例年JBCシリーズには多くの地方勢が挑み、そして敗れてきた。

マテラスカイが前哨戦で惨敗したこともあり、今年のJBCスプリントは例年以上に群雄割拠、悪く言えば主役不在のレースで、まさにどの馬が勝つかやってみないとわからない、混沌とした状態にあると思う。

そんな中、今年のJBCシリーズはなんと初となる中央開催となった。

ただでさえ地方勢が不利なこのJBCシリーズ、京都開催という更なるハンデを乗り越えて、中央に凱歌を流すことはできるだろうか、キタサンミカヅキと森泰斗について考察したい。

 

血統:〇

父:キングヘイロー

母:キタサンジュエリー

母父:サクラバクシンオー

 

 

キングヘイローで有名な短距離馬といえばローレルゲレイロが挙げられると思う。

意外とダートで活躍している産駒というのはあまりいないけど、血統的にはバリバリのパワータイプで、時計のかかる地方のダートに移籍して結果を残してきた馬になる。

そして母父サクラバクシンオーといえば、あのキタサンブラックも同じである。サクラバクシンオーはなかなか奥の深い馬で、母父で良い馬も多く輩出している。

 

 

コース適性:〇

 

京都コースというと実に1年半振りぐらいになるんだけど、あまりこの馬にとっていいコースという印象はないかな。

というのも京都ダートはコースの形状的に前有利になることが多く(3コーナーの坂の下りから加速できて直線が平坦なので前が止まらないことが多い)、後ろからになることが多かったこの馬にとっては伸びても捉えきれず、ということが多かった。

また日本でも有数のタイムが出る高速トラックなので、地方のパワーがいる馬場で結果を残してきたこの馬がどれだけ対応できるかがカギになると思う。

いずれにせよ、1年半という年月でこの馬がどれだけ成長したかだね。

 

展開:△

 

地方では割と先行するのが苦にならず、中央に比べて少し追走が楽になった分が有利に働いているところはあると思う。

中央の時は前半なかなか厳しいレースが多かったからね。

京都1200mで有力な先行馬も多いので、この馬からしたらできるだけ流れて前が潰れる展開になって、後半勝負にしたいと思う。

 

東京盃 2人気1着 1:12:1 (3F 37.4)

34.4-37.7 ハイペース

12.2-10.7-11.5-12.3-12.1-13.3

 

まずは休み明けだったとは言えマテラスカイを破った前走の東京盃を見てみる。

ペースを見てわかるように3秒の超ハイペースで、最後の1Fでかなりペースを落としている。

この馬は番手につけて前を追走して、最後はジワジワと伸びてきてラスト1Fで前が辛くなったところで相対的に良い脚を使って見事に差し切った。

 

この馬のいいところが まさにこのレースのような展開で、前がハイペースで最後にペースを落とす中でもしっかりと長く速い脚を使ってこれる。

また地方に行ってある程度の位置も取れるようになってそれが功を奏している。瞬間的に爆発的な脚は使えないけどじわじわと長く差し込んでこれるイメージ。

中央時代は良い脚は使ってこれるんだけど、どうしても良い位置を取れず、結果上がり最速、上がり2位で沈むということが非常に多かったんだけど、今は中位~好位ぐらいからその脚を使ってこれるようになった。

あとは京都という前が止まらない傾向の強い馬場でこの脚で間に合うかが大きな鍵になる。

 

 

JBCスプリント 4人気5着 1:11:5 (3F 36.2)

34.6-36.8 ハイペース

12.3-10.8-11.5-12.3-11.8-12.7

 

舞台は違うけどほとんど展開のアヤといっていい去年のJBCスプリントも見ておきたい。

大井の1200mらしく、急な最終コーナーで少し緩んで直線の瞬発力が求められている1戦。

かなりの消耗戦の中で瞬間的な速い脚も求められている1戦だけど、この馬は緩んだ地点から押し上げてきて最後まで良い脚を使ってきたが惜しくも届かずだった。

 

この1戦は位置取りが全てで、緩んだ中で押し上げられて展開も絶好だったけどこれだけ瞬発力が求められると厳しかった。

とはいえブルドックボス比較でほぼ同じ力の脚は使ってきていたしかなり強かった。

大井の力のいる馬場は本当に水が合うんだろうね。

 

天王山S 8人気12着 1:11:4 (3F 36.1)

34.4-35.7 ハイペース

12.3-10.8-11.3-11.8-11.8-12.1

 

最後に今回と同じ舞台となる京都1200mについても見ておきたい。

京都らしく緩みのない分散ラップ、ややハイペースの中で 前が最後までほぼラップを落とさない後ろの馬にとっては厳しい展開。

 

この馬は中団で競馬をしていたけど淀みのない流れの中なし崩し的に脚を使わされて最後は雪崩込むだけになった。

 

一番怖いのはまさにこういう展開のレースで、11秒台を続けるようなラップになってしまうと追走で足が削がれてしまって最後に伸びあぐねる印象。 

大井に移籍して良さが出たのは、相対的にペースが落ちて追走が楽になったことと、大井をはじめ地方ではスプリント戦でも一度ラップが落ちて緩みが発生しやすいので、ここで脚が貯まる・前との差を詰められるのが大きかったと思う。

逆に京都では上記のように緩まず11秒台が続くことが多いので、これを後ろから差し切るのは中々簡単なミッションではないと思う。

 

出来ればかなりのハイペースで前半が流れて、4F目に一度明らかに緩むような展開の方がいいと思う。

とはいえそこから瞬発力が求められる展開になると厳しいので、理想は東京盃のように超ハイから一度緩んでのロングスパート勝負が良い。

今のところは結構厳しいと考えていて、勝つためには相当展開に注文が必要だと思う。

 

まとめ     

 

今年はJBCスプリント、クラシック、レディスクラシックどれを見ても地方勢は厳しい戦いになりそうで、馬券内への勝負が期待できる数少ない馬だと思う。

個人的にも頑張って欲しいけど現状ちゃんと見てみると、やっぱり厳しい面の方が強そうだなとは感じる。

まぁ本当に冷静に考えれば、中央で頭打ちになったからこそ地方に移籍したわけなので、厳しい戦いになるのは仕方のないところだけどね...

 

とはいえ、地方の舞台でネロやマテラスカイなどの強豪も破っているし、中央の戦績ももはや1年半も前のもの。

 馬が別の生き物に変わっている可能性もある。

地方馬は中央のレースに出る際は、調教を含めていろいろ不利な面が多いけど...頑張って欲しいと思う。 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。