★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】ジェネラーレウーノ

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

ジェネラーレウーノ (騎手:田辺)

彷彿とさせるは、かの絶対王者キタサンブラック

非凡な逃げで最後の戴冠は譲らない

 

 

ダービーでは全く伸びず惨敗するも、セントライト記念では上がり馬の代表格だったレイエンダを相手にしなかった。

その戦績と戦いから思い浮かぶのは...そう、かの絶対王者キタサンブラックである。

セントライト記念組は過去の成績が良くないが、唯一の勝ち馬がまたキタサンブラック

第2のキタサンとなれるか否か、すでに逃げ宣言済みの田辺が最後の戴冠に導けるか。

 

血統:

父:スクリーンヒーロー

母:シャンハイロック

母父:ロックオブジラルタル

 

 出だしで強く煽ったけど...厳しい戦いになるのは間違いない。

血統的にはTHE中距離馬といった感じ。正直血統的に長距離で押せるところはあまりないかも。

ただし今の時計のかかる京都の馬場はパワータイプのこの馬にはおそらく歓迎だと思うのでそこは好材料

前述のように、血統的にもグラスワンダーデインヒルといったパワータイプの血が強く、父系にサンデーの血を持っている。

牝系には英オークス馬であるジェットスキーレディもいるが、いずれにしても長距離といった目で見るとワンパンチ足りない印象はある。

 

コース適性:△

関東所属なこともあり京都の出走経験はなし。

関西圏自体の出走も初めてになる。関東馬菊花賞における戦績については後で語るとして、この馬自体は先週時点ですでに栗東入りしている。

正直逃げ馬なのでコースの適正自体はあまり問題にならないと思っているが、今回は同型に強い馬が多いため、おのずとマークも厳しくなることが予想される。

すでに逃げ宣言がされているので、逃げるのはこの馬かアイトーンになると思うが、どのような逃げでレースメイクをするかが非常に興味深いところ。

鞍上はロゴタイプの逃げでモーリスを破ったこともある田辺。果たして京都で同じようなレースが出来るか。

 

展開:△

今回逃げ・先行で強そうな馬がエポカドーロ、メイショウテッコン、アフリカンゴールドといる。

この馬が逃げるところに上記の馬たちが後ろからつつく形になれば簡単にはいかないでしょう。

あとはこの馬がどのようなペースで逃げ、どこから仕掛けるか。 

今回の菊花賞のカギを握る大事な1頭であることは間違いなく、枠順発表が非常に楽しみ。

 

セントライト記念 4人気1着 2:12:1 (3F 35.2)

60.9-59.2 スローペース

12.4-10.9-12.3-12.4-12.9-12.0-11.5-11.2-11.6-12.3-12.6

 

まずは前走の巻き返したセントライト記念から。

タニノフランケルが飛ばして逃げる中2番手を追走し、3コーナーでさらにペースを上げて逃げたタニノフランケルをゆっくりと追い上げ、最後は交わして後ろから迫ったレイエンダに抜かせなかった。

う~ん、このレースは非常に評価が難しくて、まず最後の2Fでかなりラップが落ちていて、逃げたタニノフランケルのペースから考えてもちょっと落としすぎのように見える。

仕掛けが早い5F戦の勝負の中でラスト5Fが59.2秒というのは正直あまり速くなく、もう少し速いタイムが出てもよかったように思う。

最後はこの馬で見てもかなりラップタイムを落としていることになるので、菊花賞で見た時に協調できる材料にはなりにくいんじゃないか、という気はしている。

ただ馬場が雨の影響で見た目以上に重かった可能性はあるし、タニノフランケルも次走であっさり勝ち上がっていることからも中々評価が難しい。

 

日本ダービー 8人気16着 2:25:3 (3F 36.2)

60.8-58.3 スローペース

12.7-11.0-12.3-12.4-12.4-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.2-12.2

 

この馬を考察する上で絶対に外せないのがこのダービーの大敗。

着順は最後はもう流していたからあまり関係ないとして、スローペースの逃げという逃げ馬にとっては一見絶好の流れの中折り合いを欠いて全く伸びず馬群に沈んでしまった。

 

今年のダービーは菊花賞で見た時にかなり参考になるレースだと思っていて、ラップタイム的に見てもスローからの後半4~5Fのスピード持続力勝負。

実際の菊花賞にも多いパターンでこの展開で全く上位についていけなかった原因がわからない限り菊花賞では買えないと思っている。

このレースの敗着が折り合いを欠いて馬が全く走る気にならなかったのが原因だったら良いんだけど、菊花賞でも起こり得る展開で早々に馬群に沈んだのは非常に気になるところ。

もしかして距離が長いのかな...経験上、逃げ馬は距離適性に非常に敏感なイメージなので、2000mまでが適性距離で、2200mはギリギリの可能性もあるかもしれない。

ここは直前まで熟考して答えを出したい。

 

後述するけどこの馬は淀みない逃げ、もしくはスピードを生かしてオラオラ逃げるレースのほうで好成績を収めており、こういうかなりのスローペースが向かない可能性はある。

セントライト記念はスローと言っても平均的なペースに近いペースでもあったし、折り合いについてもそんなにひどかったわけではないように思うので、繰り返しになるけどイマイチこのダービーの負け方がしっくりこない。

戦績の似たキタサンブラックもダービーで大敗を喫しているけど、この時はかなりのハイペースを追走して脚をなくしたものだしこの馬の状況とは全く違う。

このレースだけを見ると菊花賞で考えた時にかなり厳しい気はしている。

 

皐月賞 8人気3着 2:01:4 (3F 37.6)

59.2-61.6 ハイペース

12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

 

最後にこの馬の印象的なレースとして皐月賞を。

見てのとおり重たい馬場の中で速いペースを刻み、前後半ともに淀みないスピードの持続力が要求されている。

この馬自身ほとんど上記のラップタイムに近い状態で走破しており、非常にパワー系の走りの印象を覚えた一戦。

 

正直このレースとダービーの敗戦から、この馬の一番の適正は中距離ダートなんじゃないかっていう気がしている。

かなり強いレースをしていて、当日の馬場状態から見ても前半5Fを59.2で逃げたのは正直めちゃくちゃなペース。

その中で後ろの馬の追撃を受け切って3着に残ったのだからかなり強かった。

もちろんステルヴィオワグネリアンが馬場状態から力を出せなかったというのも大きいかもしれないけど。

 

ただこの展開が菊花賞でも行けるかというとかなり怪しい。

3000mを淀みなく逃げて後半5Fの持続力勝負にするというのはかなりハードルが高く、圧勝か惨敗かの2者択一になってしまう。

人気も4番人気で落ち着くだろうし、先行馬が多い中で田辺がそこまでのギャンブルをするかというと、可能性は低いように思う。

枠順発表があるまで何ともだけど、アイトーンとかを前に生かして無難に番手から追走するんじゃないかと見てる。

そうなるとエポカドーロがかなりの強敵なので、この馬にとっては厳しい。

この馬にとって朗報なのは馬場がパワータイプに有利であろう時計のかかる馬場になっていることなので、出来ればもっと馬場が渋ってほしいところだと思う。

 

 

まとめ

イマイチつかみどころのない馬だけど、ダービーの敗戦をどう受け止めるか次第だと思う。

個人的には関東馬だということは抜きに今回は強く狙うのは難しいと思っているので、しばらく凡走して中山金杯あたりで穴を開けてほしいかなと思っている。

 

ただ前述したように早くから栗東入りして勝負にかけてきている感はあるし、

(コズミックフォースとか一月前から栗東入りしているらしいし)

今回は関東馬に有力馬が多いので例年とは異なる菊花賞になりそうだとも感じている。

 

良くも悪くも皐月賞のように展開を自由に作れる数少ない馬なので、

見るものをあっと言わせる強気なレースを期待している。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ