★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】グロンディオーズ

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

グロンディオーズ (騎手:モレイラ)

想定では9番人気だが前走は古馬相手に完勝

鞍上の名手ととも菊花賞の黒船となれるか

 

年間免許に落ちて傷心甚だしいことは想像に難くないモレイラ。

傷ついたプライドを取り戻すにはG1クラシック最終戦は絶好の舞台。

 

春の実績馬や他の上がり馬を相手にしてその力を見せられるか、グロンディオーズについて考察したい。

 

血統:

父:ルーラーシップ

母:シェリール

母父:サンデーサイレンス

 

血統的には今回の菊花賞に出走している馬の中でもかなり適正が高そうだと思う。

去年のキセキもそうだけどルーラーシップ産駒は言わずもがな長距離に強い仔が多いし、牝系も長距離に強い血統。

しかもパワーもあるタイプだし今の京都にもかなり合いそう。

血統的にはこれ以上ないというぐらい。

 

コース適性:〇

関東馬なこともあり関西圏への出走は0。

唯一の右回りの出走の中山で敗れているし何とも言えないところ。

ただ後述するけど、走法とか今までのレースぶりを見ていると菊花賞のコースは合いそう。

 

展開:〇

前走では改善したけど少しゲートの甘いところがあるのが気になるかな。

枠順発表で外を引いたし、現状だと後ろからになりそうでゲート次第でどの位置を取れるかがかなり重要になってきそう。

まぁそれについては別のレースの展開予想で直接話しをしたい。

 

信濃川特別 2人気1着 1:58:3 (3F 33.1)

60.8-57.5 スローペース

13.1-11.3-11.6-12.3-12.5-12.5-11.7-11.1-10.7-11.5

 

まずは菊行きの切符を手に入れた前走について考察したい。

 

ラップを見てわかるように 超スローペース。そして後半の4Fで一気にペースが上がり、さらに最後の2F目で切れ味も求められた1戦。

 

 

この馬は少し出負け気味のスタートだったんだけど、最初の2Fが遅かったので無理なく先頭に取り付くことができた。

 

そして後半ペースが上がったところでも少し置いていかれそうになったんだけど、最速ラップを刻んでいるラスト2Fで一気に伸びてきた。

さらに最後の1Fで後続を引き離していることからも、最後までそのスピードを維持できていたように思うしかなり強い競馬だったと思う。

 

ただし2つの弱点が明らかで、

1つはゲートが稚拙なところと、もう1つはトップスピードになるまでが遅い点。

この要素はレースでかなり重要になるところだし、後者は菊花賞では致命傷になりうるところなのでここが気がかり。

 

3歳500万以下 1人気1着 2:24:4 (3F 34.2)

60.8-59.2 スローペース

12.8-11.3-12.4-12.3-12.0-12.2-12.2-12.3-12.0-11.5-11.6-11.8

 

 

2走前の 500万以下でも同じ弱点は見せていて、ゲートで遅れて後方から。

ただ序盤が遅かったので追走にはあまり苦労しなかった。

 

先頭のリビーリングがはやめに追い始めて抜け出したところを後ろから追ったが、なかなか差を詰められず届かないかな?という所で最後の2Fで一気に差を詰めて差し切った。

最後のラップを見るとこの馬自身は11秒台前半の脚を続けて使えているしスピードは非凡なものを見せた。

 

ただそのトップスピードに乗るのがかなり遅いし、力を出しきれていない感じ。

エタリオウにかなり近いタイプだなと思う。

 

 

3歳500万以下 1人気3着 1:51:7 (3F 34.7)

51.8-47.7 ハイペース

13.3-13.2-12.8-12.5-12.1-12.2-11.8-11.4-12.3

 

唯一の敗戦となった中山の500万以下戦はそれをよりはっきり示している。 

 

 

このレースも超スローペースで前が早めに仕掛けた中、なかなかスピードに乗ってこず最後は最速の脚で迫ってきたが前を捕らえられなかった。

この時は先頭が最後の1Fでかなり落としているんだけどそれでも届かなかったので、瞬発力というかトップスピードに乗せる力が足りない、強い馬が中山で取りこぼす典型的なパターンだった。

 

まとめ   

 

強いのは確かなんだけど現状ではまだまだ足りないと思う。

こちらを買うならエタリオウを買いたいな...というところ。全然人気が違うけど。

 

ただ良い点に着目すると、まだまだ力を出しきれていないので、うまくトップスピードに乗せることが出来たら大物食いもあるかもしれない馬で、鞍上と合わせて考えると非常に悩ましい。

個人的には血統的にかなり菊花賞でパフォーマンスを上げてきそうなタイプだと思うので、嫌な存在だなと感じている。

 

ただし外枠(14番)を引いたしおそらくゲートで後ろからになると思うので、そこでいかに踏ん張って前を追走して、その上でどれだけ脚を引き出してこれるかというところかなと思う。少なくともエタリオウよりも前にいたい。

過去の菊花賞の橙帽子の成績はいいけど、オルフェーヴルゴールドシップとそうそうたる歴戦の名馬達だし、不利な枠であることは間違いない。

 

モレイラ人気するなら切りたいけど、この馬次第で後方の馬はレースの仕方が変わってくるので、鍵を握る1頭になるのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ