★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】グレイル

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

グレイル (騎手:岩田)

京都での新馬勝利からはや1年

岩田を鞍上に復活の勝利で戴冠なるか

 

 

ちょうど菊花賞の1年前の京都の新馬戦で勝利したグレイル。

そのあとのラジオN杯も制したがその後は振るわなかった。

前走のセントライト記念で3着に入り復活の兆候が垣間見えたが、今年長距離戦で絶好調の岩田を背に、今度こそ復活の1着なるか。

 

血統:

父:ハーツクライ

母:プラチナチャリス

母父:ロックオブジラルタル

 

残念ながら対菊花賞で言うとハーツクライ産駒は非常に成績が悪い。

まぁ古馬になってこそという血統もあるんだろうけど、なかなか振るわない。

牝系にデインヒルを持つので今の馬場状態は合うだろうし、この馬自身は体型・走りから長距離になっても全く問題ないタイプだと思うので、あとはどれだけ調子を上げてこれるかかな。

 

コース適性:◎

2歳の時のこととは言え、京都では2戦2勝しており重賞の勝利もある。

京都への適性はまったく問題ないのであとはどちらかというと距離か。

 

展開:〇

 

出遅れずに好位置を取れるかどうか。この1点にかかっていると思う。

後述するけど元々好成績を残していた京都の2戦はいずれも好位置からの競馬だった。

近走は出遅れが目立っており、直線伸びてくるんだけどどうしてもワンパンチ足りていない印象。

あとは少し時計のかかる馬場の方が好成績を残す傾向が強いので、今の京都の馬場は大きなアシストになると考えている。

 

セントライト記念 6人気3着 2:12:5 (3F 34.3)

60.9-59.2 スローペース

12.4-10.9-12.3-12.4-12.9-12.0-11.5-11.2-11.6-12.3-12.6

 

まずは前走3着に巻き返したセントライト記念から。

 

 

スローペースの中、スタートで出遅れてしまい後方からになってしまった。

 

 

ペースが速かったこともあり道中はなかなか押し上げられずゆったり進んで上がってこず、4角でようやく上がってきた。

最初は内に進路をとっていたが最後の最後に外に出されると、そこから目立った脚で追い込んできて最後はブレイステイキングを交わして3着まで上がった。

 

けっこう強い競馬をしての3着だった。

ジェネラーレウーノの比較で見て4角で10馬身ぐらいの差があったんだけど、最後の2Fでかなり詰めてきていた。

とは言ってもラップを見てわかるように先頭が最後はかなり落としているし、後方の馬にとっては捕まえやすかった展開ではあったと思う。

もう少し良い位置取りが取れていたら際どかったと思う。

 

日本ダービー 9人気14着 2:24:6 (3F 34.2)

60.8-58.3 スローペース

12.7-11.0-12.3-12.4-12.4-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.2-12.2

 

一方ダービーでは 全く見せ場なく敗れてしまった。

スタートからなかなか進んで行けず後方から。

スローペースからスピードの持続力を求められた一戦で、この馬も最後の直線で伸びてはいるんだけど、ほぼ見せ場なく沈んでしまった。

 

まぁ位置取りが悪すぎたし、直線もなかなか綺麗に追えなかった。

とはいえエタリオウ等はほぼ同じ位置から上位まで来ているので明らかに見劣ってしまった。

おそらく状態面があまり良くなかったのもあるでしょう。

あとはこういう早い馬場というのがあまり得意でないのかもしれない。

 

 

皐月賞 10人気6着 2:01:4 (3F 34.8)

59.2-61.6 ハイペース

12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

 

 

逆に重い馬場で良さが出たのが皐月賞

 

ここでも出遅れて後方からになってしまったんだけど、最後の直線では進路がない中で器用に他馬を交わしてきて最後はステルヴィオ、キタノコマンドールらと一緒に流れ込んできて6着だった。

 

このレースは結構強い競馬をしてきていて、馬群を縫うロスがなければ3着にも充分来れてた内容だった。特にステルヴィオ、キタノコマンドールらとは綺麗に仲良く3頭最後方、そして上がり最速だったが、この馬が一番ロスが多かったのは間違いない。

いかんせん位置取りが後ろ過ぎたし、1秒近く出遅れていて非常にもったいなかった。

 

ただ最後の末脚は目立っていたしこの馬の最も良い所である高いレベルでのスピードの持続力が垣間見えた。

詳細省くけども京都ラジオN杯では前が止まらない中でジリジリとスピードを上げて強かった頃のタイムフライヤーを差し切っているので、一旦スピードに乗ると非常に良い脚を長く使ってこれるのがこの馬の一番の強み。

 

正直、なかなか出し切った競馬というのを今まで一度も出来ていない(エタリオウにも言えることやけど)ので、これで序盤に好位置が取れれば非常に面白い存在になるんじゃないかと思っている。

 

 

逆にタイムの早い俗に言う高速馬場ではパフォーマンスを落としているので、今週の馬場状態についてはしっかりと見極めたいところ。

 

まとめ  

 

京都での勝ち鞍もあるし、重賞での好走経験もある。

そして持続力の高いスピード能力を持っており、その時の底はまだ見せていないように思えるので、菊花賞の穴馬の必要条件は充分満たしている。

 

具体的には、この馬が穴を開けるパターンは2つあると思っていて、

1つ目はスタートが決まって序盤に良い位置を確保して、後半4~5F戦になる中で最後の1Fを落としたところを一気に差し込んでくるパターン。

2つ目はエタリオウやブラストワンピースが前を掃除していく中に付いて行ってやはり最後の1Fでバテ差すパターン。

どちらにも共通して言えるのは位置取りが非常に大事だというところ...そして、これは今年の差し・追い込み馬すべてに言えることなので、枠順が非常に重要になると考えている。

 

追切が軽かったのが気になるけど、

調子は良さそうなので穴馬としてぜひ1考したい1頭。

 

天皇賞レインボーラインの再現なるか、楽しみにしている。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ