★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】エポカドーロ

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

エポカドーロ (騎手:戸崎)

皐月賞はフロックか?実力か?

「最も強い馬が勝つ」菊の舞台

いまここで黄金の時代の到来を証明しろ

 

Twitterを見て頂いている方はご存知かもしれませんが、今年はこの馬に馬券的にかなりお世話になっています。笑

オルフェーヴルとは思えぬ器用さと操縦性から皐月賞では番狂わせを引き起こしたけど、個人的にはフロックではなく強いレースをしたという見解。

この馬はかなり強いと思う。

 

血統:〇

父:オルフェーヴル

母:ダイワパッション

母父:フォーティナイナー

 

血統的にはややパワータイプで、キレキレの馬場よりはやや重目の時計のかかる馬場の方が得意だと思う。そう言う意味では今の京都に対しては◎。

 

ただ血統的には評価がけっこう難しくて、父系で見ると全く問題ないんだけど牝系は短~中距離系のイメージ。

同じく父にオルフェーブルを持つラッキーライラックもけっこう似た血統構成なので、走りを見る限りでは将来的な適正はもしかしたら中距離タイプかもしれない。

ただオルフェーヴル産駒はまだN数が足りないので何とも言えない。

 

コース適性:〇

京都は2戦しており1-0-1-0。

コース適正というか、器用で立ち回りも良いタイプなので、あまりコースは問わないタイプだと思う。

強いて言えば中山みたいな比較的小回りでタフなコースへの適性が強いように思う。

 

展開:◎

馬自身の操縦性は今回の出走馬の中でも一番高くて自在性があると思う。

後述するけど前回の神戸新聞杯でも後ろからそれなりに脚を使って来れたし、逃げでも差しでも、どのようなレースにでも相応に対応できる下地がある。

それゆえ、この馬に関しては最も重要になるのが騎手だと思う。藤原調教師がインタビューで「出来は万全。あとは戸崎くん次第」と冗談めかして言っていたけど、半分冗談で半分本気だと思う。

プレッシャーがかかるやろなぁ。

 

神戸新聞杯 1人気4着 2:26:1 (3F 34.5)

61.9-58.7 スローペース

13.0-11.2-12.5-12.5-12.7-12.5-12.5-12.3-11.8-11.2-11.3-12.1

 

まずは出遅れからまさかの人気を裏切ってしまった神戸新聞杯

 

藤原調教師だけでなく皆が思ったやろなぁ。「戸崎ィィィ!」って。

 

ペースも超スローになってしまいなかなか押し上げどころがなかった。 

むしろワグネリアンの方が先に押し上げていく形になり、更には後方のエタリオウにもあっさりと交わされ、最初から最後まで後手を踏む結果になった。

 

あくまで個人的な思いを書くと、よく4着まで来たなぁ、である。

最後のコーナーでは途中まで来るか?と思える脚色だったし、意外と後方からでもそれなりの強さは見せてきた。

ステイフーリッシュとかタイムフライヤー、アドマイヤアルバ辺りは余裕で抑えているし、 出遅れてもそれなりに強い競馬ができることがわかったのは収穫だったと思う。

 

とは言え、ワグネリアンやエタリオウには完敗だし、この馬が戦うのは最高峰のG1という舞台なので、その視点からだと後ろからの競馬は全くダメであることが改めて明確になった。

 

要は脚の速度の絶対値を比較するレースになるとダメだということ。

同じ位置取りからよーいドンをする形では優位性を見いだせないので、前受けして後方勢を出し抜いてから粘り抜くなどの一工夫が必要になる。

でもこの馬はそれが出来るので、今度の菊花賞では同じ鉄は踏まないようにレースを作ってくるはず。

  

日本ダービー 4人気2着 2:23:7 (3F 34.7)

60.8-58.3 スローペース

12.7-11.0-12.3-12.4-12.4-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.2-12.2

 

皐月賞は強かったのか?フロックなのか?

その問いに馬券購入者たちが出した答えの総意は「わからんけど多分フロック」。

まさにそんな声が聞こえてくるかのようなオッズになった。

(皐月賞を制してダービーで単勝10倍台以上だったのはサニーブライアンぐらいしか記憶にない)

 

速いタイムが出る馬場の中、先頭に立ってペースを作り最後の最後の最後まで粘り込んだが、福永の乾坤一擲の騎乗で最後に差されてしまった。

 

スローペースでセーフティリードもなかった中で、後方勢の追撃を最後まで押さえ込んだのは流石だった。

ダービーでは出来が悪いとか、高速馬場はダメだとか、色んなマイナス要素が囁かれる中で最後まで見せ場を作ったのは見事というよりなかった。

(馬券的には勝っていればベストだったんだけどなぁ。。)

 

理論的にこの馬の強かった点を述べるとすれば、府中の高速馬場という舞台の中で前目からペースを握ってしっかりとコントロールして、速い足を後半の4Fに分散してレースを完全に支配していたところ。

この前目に無理なくつけられる能力と、後半に速い脚を長く使えるところはまさに菊花賞の必要条件。

 

ひとつ懸念を挙げるとすれば最後の最後にラップを12.2まで落としているところかな。

これが距離なのか調子なのか、展開なのかでこの馬の菊花賞の結果が変わってくる。

仮に距離だとすれば...考えたくないけど惨敗もあり得る。まぁそれはどの馬にとっても一緒なんだけど。

 

まぁこの懸念というのは非常に高いレベルでの話。

とはいえ後述する皐月賞とかではもっと強いパフォーマンスなので、やはりこの点はちょっと気になるところではあるかな。

 

皐月賞 7人気1着 2:00:8 (3F 35.1)

59.2-61.6 ハイペース

12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

 

その圧巻のパフォーマンスだったのが皐月賞

 

展開はハイペースなんだけど、離れた番手のこの馬にとっては目算で61~62秒ぐらいなので、この馬より後方の馬にとってはスローペース。

そこから徐々にペースを上げて前を追い上げ、最後のペースが落ちた2F目で一気に突き抜けてクラシック初戦を見事戴冠となった。

 

レースをよく見ると3角から徐々に前との差を詰め始めていて、実際は5Fぐらい速い脚をずっと続けるような極めて高いレベルでのスピード持続力勝負だった。

その中で後方勢を全く問題にせず、なおかつ最後の1Fはさらに伸びているかのような手応えだったし、実際まだまだ余裕があったように見えた。

それに追い始めてからの反応も良いので、加速地点で置いていかれることもない。

むしろ反応が良くジョッキーの要求にすぐ応えてしまうので、ジョッキーの腕が本当に出てしまう馬だと思う。

 

このパフォーマンスが3000mでも出来るのであれば、菊花賞の本命は全く揺るがない。

馬場はできる限り渋くなるのがいいと思う。

 

まとめ    

皐月賞やダービー、遡ればあすなろ賞もそうなんだけど、レースを支配しながらいい脚を使ってこれるのがこの馬の最大の強み。

もちろんジェネラーレウーノ、メイショウテッコンも同じタイプの強さを思っているんだけど、2頭ともエポカドーロに比べればまだまだ馬が子供であるように思う。

なので、同じレースをすれば一番力を発揮するのはこの馬かなぁ、と考えている。

 

あとはこの菊花賞に向けてどれだけ余力を持って、なおかつ成長しているかという点が問われるかな。

前走はマイナス体重でみんながびっくりしたけど、調教師曰く「勝ちに行ったから」。今回は好きなだけ食べて好きなだけ走らせたよ!と言うけど果たしてそれが吉と出るか凶と出るか。下手したら+10kgぐらいで出走してくるかも。

 

この馬自身は皐月賞の時点である程度強さが完成されていた印象なので、菊花賞に向けてどれだけ成長を見せられるかが重要になると思う。そう言う意味では、前走は全くこの馬のレースができなかったので今回は期待したい。

 

「最も強い馬が勝つ」とは昔からずっと言われる菊花賞の格言。

言い得て妙なんだけど、ああなるほどなぁ、と思うことがある。

 

今のところ、現時点では出走馬の中でこの馬が最も強いと思っている。

ので、現時点では本命候補です。

あとはレースを支配できるが故に、差し一辺倒の馬とは別の意味で騎手の要素が非常に大きくなるので、戸崎圭太がいかに自分のレースを出来るかがカギになると思う。

 

日曜日の淀、「戸崎ィィィ」の叫びが今回はどちらの叫びになるのか、見届けたい。

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ