★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年天皇賞(秋)【出走馬考察】ダンビュライト

f:id:syuuuun709:20181021190056j:plain

ダンビュライト (騎手:戸崎)

力は確かも不完全燃焼続く

初の騎手を背に新味を引き出せ

 

能力は高いしずっと期待してる馬なんだけど、この馬もアルアインと同じく不遇だなぁと思っていて、実に今回の戸崎騎手で7人目の乗り代わりになる。

 正直、天皇賞という舞台は後述するけどあまり合っていると思っていなくて、騎乗にひと工夫ないと中々厳しいと思う。

個人的にはここである程度騎乗に目処を立ててきて、人気を落とした中山あたりで強く狙いたいと思っている。いずれにしても、今後どこかで必ず穴を開けるポテンシャルを持った馬なので、しっかりとこの馬の強みを考察して把握しておきたいと思う。

 

血統:〇

父:ルーラーシップ

母:タンザナイト

母父:サンデーサイレンス

 

この馬もキセキと同じくルーラーシップ×母父にサンデーの血を持った血統。

この牝系はいずれも芝の中距離~長距離で結果を残していて、どちらかと言うとスピードのキレというよりはパワータイプな印象。

府中というよりは中山、小倉あたりのイメージがかなり強いかなぁ。

 

コース適性:△

はっきり言って東京コースはあまり向かないと思っている。

それはコースの形状というよりは、展開が瞬発力勝負になりやすいから。

後述するけどこの馬はキレで勝負するタイプじゃないので、どこかで10秒台の足が求められる展開になればその時点でかなり厳しくなってしまう。

 

展開:△

そのため今回のスロー濃厚なメンバー構成もかなり厳しいかなと思っている。

まぁほかの馬にも言えることなんだけど、直線の競馬にしてしまうとその時点で厳しくなってしまうので、どこかで騎乗にひと工夫が必要になる。

とは言え今回は乗り代わりなので、戸崎がそこまで強気で乗ってくるかどうか...というところだね。

あまり強くは狙えないかなと思う。

  

大阪杯 8人気6着 1:58:8 (3F 34.5)

61.1-57.1 スローペース

12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6

 

まずはこの馬にとって非常に不完全燃焼だった大阪杯について振り返りたい。

見ての通りめちゃくちゃなスローペースで後半の瞬発力とその持続力が強く問われた一戦。

この馬は無理に先頭に行かずヤマカツライデンの2番手を追走してたんだけども、あまりにペースが遅いためにやや掛かり気味。

その影響か少しずつペースを落として後ろに下がり、スパートで少し置かれてしまい、最後は後ろの差し馬に劣って6着までだった。

後半特化の一戦になってるんだけども、神戸新聞杯でもそうだったけど後半要素が強く問われると最後に甘くなってしまう。

この馬はアルアインと同じくスピード能力が高い印象で、ハイペースやミドルペースの中で時計勝負の流れが合っている。

なのでこのレースみたいに明確にスローペースになると強みが削がれてしまい厳しい。

 

AJCC 2人気1着 2:13:3 (3F 35.4)

61.3-60.0 スローペース

12.8-11.2-12.3-12.5-12.5-12.0-12.2-11.8-11.8-12.1-12.1

 

この馬のもう一つの強みがよく出ていたのが強い競馬で重賞を制したAJCC

このレースもラップだけ見るとスローペースなんだけど、ラップの中身が特殊で平均的に脚を使っており長時間の脚の持続力が問われていた。

こういう極端に速いラップが無い方が明確に良いのはアルアインとかも同じで、2頭とも先行力がありレースを作れるという点ではよく似ている。

ミッキースワローも強敵だと思うけどもラップを分散させることでその末脚を削ぐことが出来ていた。

天皇賞で好走するためには間違いなく同じような作戦が要求される。

 

皐月賞 12人気3着 1:57:9 (3F 34.3)

59.0-58.8 平均ペース

12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7

  

 

 この馬のベストレースと言えるのがこの皐月賞

人気は無かったけども厳しい流れの中でも脚を削ぐことなく追走して、最後はペルシアンナイトに惜しくも差されたが見るものを驚かす3着だった。

 

まずこのレースが評価出来るのは、着狙いでなくおそらく勝ちに行っての3着だったという点。

アルアインに届かなかったのは外外を回した不利の分で、最後ペルシアンナイトに差されたのは勝ち行って甘くなってしまった分がそれぞれ強かったと思う。

 

こういう厳しい流れでも一定の脚を使えるし、逆に今回人気のスワーヴリチャードやレイデオロはこういうレースではパフォーマンスを落としている。

なので積極的にペースアップする展開に持って行って、前半後半どちらにも強さを求める展開にするのが理想的だろうなと思う。

 

まとめ     

アルアインもキセキもこの馬にも同じことを言ってるんだけど、明確にスローペースにはあまりしたく無いのが共通点。

特にこの馬が1番、後半の瞬発力を強く問われると厳しくなると思う。

また今までの戦績から見てどうも中山巧者っぽい感じもしなくは無いので、府中という舞台で強気強気の競馬が果たして出来るかどうか。

騎手が乗り替わりで、菊花賞へぐって見せた戸崎だからね...厳しいと思う。

 

現状では切る可能性が高く、年明けの中山辺りでまた強く狙いたいかなぁ。

アルアインを買うならセットで買っといた方がいい馬だとは思う。

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ