★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年JBCクラシック【出走馬考察】ケイティブレイブ【中央の覇権を取り戻すか?】

f:id:syuuuun709:20181029004344j:plain

ケイティブレイブ (騎手:福永)

地方ダート界ではもはや敵はいない

あとは中央で覇権を戻せるかどうか、欲しいのはそれだけだ

 

帝王賞も勝った。川崎記念も勝った。そして前走の日本テレビ盃でも圧倒的な力の差を見せた。

あとは今のダート界の頂点に君臨する、ゴールドドリームとルヴァンスレーヴ、この2大巨頭を打ち倒し、ダート界の覇権が誰にあるかを知らしめるだけだ。 

冬のチャンピオンズカップフェブラリーSはその頂上決戦の終着駅となるだろう。

そして、その2頭が不在のこのJBCクラシックは、ケイティブレイブがそのチャレンジャーとしてふさわしいかどうかの分水嶺となるだろう。

まさに中央で開催される今年こそ、その決定戦の場にふさわしい。ケイティブレイブ福永祐一について考察したい。

 

 

血統:〇

父:アドマイヤマックス

母:ケイティローレル

母父:サクラローレル

 

アドマイヤマックスは芝土兼用の優れた種牡馬だが、今までの産駒はほぼ全てオープン戦で壁に当たっていたことを考えると、このケイティブレイブは現時点で最高傑作と言って良いだろう。

母は根っからの中距離ダート馬で、ケイティブレイブの適正はこの母の血も大きく受け継いでいると言える。

 

コース適性:〇

京都コースは過去に平安Sで敗れている舞台だけど、あの時も決して弱い競馬でなかったことを考えると適正は悪くないと言えると思う。

スピード決着にもある程度対応してきていたしね。

とは言え地方の時計のかかる馬場の方が好成績であることも確かで、現時点での充実度と中央の馬場への苦手意識、どちらが勝ってくるかが一つの焦点になると思う。

 

展開:〇

 

展開に関しては自分で作る馬なので気にしなくて良いと思う。

サンライズソアあたりがどうかだけど、少なくとも今回のメンバーの中だとこの馬が自らペースを作って、横綱として受けて立つ競馬になる可能性が高いと思う。

あとは京都1900m戦で同じ競馬ができるかどうかだけど、1800mならともかく1900m戦だったらある程度コントロールしてこれると思う。

 

日本テレビ盃 1人気1着 1:52:5 (3F 36.4)

51.7-48.4 スローペース

12.5-12.2-13.7-13.3-12.4-11.8-12.0-12.0-12.6

 

まずは前走人気に応えた日本テレビ盃を振り返る。

テイエムジンソクが作り上げたスローペースの前残りの展開の中、2番手から後半のロングパートを上がり最速でぶっちぎった。

後ろからのサウンドトゥルーはともかく、アポロケンタッキーを直線で更に引き離す非常に強い競馬だった。

 

この馬の良いところは2つあって、一つはこういうロングスパートが非常に得意で、ダートの最上位の馬たちと比較しても、かなり長い時間いい脚を使ってこれるという点。

そしてもう一つが前半が厳しい流れになっても後半に高い総合力でレースをまとめてこれるという点。

これについては後述する。

 

帝王賞 1人気2着 2:04:3 (3F 38.8)

59.9-64.3 ハイペース

12.3-11.2-11.6-12.6-12.2-12.2-13.2-13.0-12.5-13.4

 

その後半の強さを見せたのがこの帝王賞。 

ラップを見てわかるように前半が芝かよと思うぐらい速いレースで、後半はもう3Fで13秒台が出てしまうぐらいの消耗戦になっている。

その中で勝ったゴールドドリームと比較して終始厳しいラップを踏み続けた中で最後まで粘り通していたので、かなり強い競馬をしたなという印象。

ゴールドドリームは別格として、少なくとも後ろの馬は相手にしていないのでこれだけのハイペースの中でも脚を使ってこれたというのは、昨年勝利した帝王賞以上に価値のあるものだったと思う。

 

 

平安S 4人気5着 1:56:5 (3F 38.8)

47.4-50.4 ハイペース

6.9-10.6-11.1-12.5-12.1-12.1-12.4-12.5-12.6-12.9

 

一方で、少し前のレースにはなってしまうけど今回の同舞台で敗戦を喫した平安Sについても見ておきたい。

このレースもかなりのハイペースの中前目で進めて直線あわやというところだったけど、最後は沈んで5着だった。

この敗戦の敗因を特定するのは難しいけど、帝王賞で粘れている所を見ると、馬がまだ少し本格派しきっていなかったか、地方の馬場の方が粘り強さが増すかのどっちかだと思う。

これについては正直わからないけど、調教師や騎手の意見を鵜呑みにするならこの時はまだ本格派前だったから気にしなくて良い、むしろこのペースの中でよくここまで粘ったな、という評価になる。

一方でもし地方の馬場でパフォーマンスを上げるタイプだとしたら...今回も非常に危険だと思う。 

 

 

まとめ     

 

個人的には平安Sの敗戦は馬がまだ成長途上にあったことが大きいのではないかと思っている。

よくこの馬で言われるのが地方と中央でのパフォーマンスの違いで、それこそが今回のこの馬の取捨を決める大きな鍵になる。 

 

個人的に今までのこの馬のレースを見て思うのは、ハイペースの中でも強い競馬をしているけど、本質的には前半あまり無理をせずに後半の脚を引き出すレースがあっていると思う。

出遅れながら勝ち切った帝王賞や前走の日本テレビ盃がまさにそうだと思う。

なので理想的な展開としては自身が前を引っ張ってスローペースからのロングスパート戦に持ち込めればほぼ確勝だと思う。

一方でハイペースで前が厳しい展開になれば、オメガパフュームやサンライズソア比較で見てもちょっとわからない...というか充分紛れる展開になると思う。 

 

なので難しいところだけども、できれば自身でペースをコントロールしきって支配下におきたいところだと思うので、サンライズソアあたりとの枠順の兼ね合いは非常に重要になると思う。

ぜひ勝って、冬のダート戦線を面白くして欲しいところだけど。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。