★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年アルテミスS【本命予想】8 エールヴォア【浜中騎手の2018重賞初勝利はここだ】

アルテミスS (GⅢ)

10/27 () 15:45発走 芝1600m(左)

f:id:syuuuun709:20181026200755j:plain

 

2018アルテミスS 本命予想

いよいよ明日に迫りました、

牝馬クラシックの登竜門、アルテミスSの本命予想について書いていきます。

 

まず少し事前に雨がぱらつきそうですが、午前中で止みそうなので稍重まではいかないぐらいの馬場を想定。

ライデンシャフトが大外になったけど、前に行きたいと思うので出だしから前へ。グレイシアはゲート次第ですが普通に出ればスピード上位で前に行くと思うのでおそらくこの2頭の先行争い。

多分グレイシアは無理に先頭を取らないと思うので先頭争いは比較的すぐに決着して、ややスロー~平均ぐらいのペースに。

逃げるライデンシャフトを各馬が捕まえに行くのでやや早めの仕掛け、そこからの持久戦+最後にもう一足の瞬発力戦になると予想。

長く脚を使ってこれるマイルよりも長い距離を走れそうな馬にとっていい展開になると思います。

走破時計は1:33中盤~1:34前半ぐらいかな。結構タフで力がないと上位に来れないレースになるはず。

 

本命◎8 エールヴォア

 

本命は最終追い切りの時点からほぼ決めていてエールヴォアに。

正直かなり強いと思っていて、前走の阪神は同日の500万以下よりも速いタイムだし、それも自ら動いて勝ちに行ったものなので非常に価値が高い。

今これを書いてる時点で20倍ついてるけど、普通に2番人気ぐらいになるんじゃないかという気もしてる。

(追記:現在1番人気になってますね...だれかがぶち込んだみたいで。

さすがに、強いのは間違いないんだけど2歳牝馬にぶち込むというのは、まったく暴挙だと思うよ個人的には。こういうパターンはちょっと嫌な予感がするね...杞憂になるといいけど)

 

個人的には走りを見る感じ距離は長いほうが良い気がしているので、将来的にはオークスとかで楽しみなんだけど、アルテミスSという舞台だったらその適性はむしろプラスに出ると見ている。

この馬はまだ全く底を見せていないんだけど、走りを見る限り個人的にはかなり瞬発力があるんじゃないかと思っているので、今回はむしろ瞬発力が求められるレースで見てみたいという気もしている。

 

あえて弱点を述べるとすると、その瞬発力に関して未知なので、かなりスローペースになって瞬間的な加速、それも10秒台の脚が求められる展開になった時にどうかなというのと、グレイシアをはじめ前目から脚を使える馬が多いので、それらの馬にペースをコントロールされた時にどうか。

まぁこの馬も出脚がないわけではないので、十分射程の距離にいれば全く問題ないと思う。

 

最近めっきり影の薄い浜中騎手で、なんと今年は重賞未勝利なんだけど、ここは今年の唯一にして最大のチャンスだと思う。

ぜひ強気に乗って素質の片鱗を見せて欲しいね。

 

対抗〇2 グレイシア

 

対抗はグレイシア。

この馬もかなり強くて前走、前々走ともに強い競馬で勝っていてしかも底を見せていない。

1400m戦でしたが距離延長も問題ないでしょう。とは言え、傾向的にタフなレースになるアルテミスSで距離延長は結構きつくて、最後に差される可能性は低くない。

 

アルテミスSは素質で買うレース...と考察で述べたけど、今回はその素質の片鱗を見せている馬が非常に多いので、とても悩みどころ。

ただ現状、完成度という点ではこのグレイシアが一番だと思う。今のところ弱点という弱点がないので、普通に勝ってしまう可能性ももちろんある。

なので本命にしてもいいかと思ったけど、傾向的にも、メンバーを見る感じでもこのレースで勝ちきるのはなかなか難しいと思ったので今回は対抗まで。

決め打ちで馬単とかを買う人にとってはこの馬の2着固定とかも面白いかもね。

スタートをしっかり決めたいところ。

 

穴目▲1 トスアップ

 

穴目からはトスアップを。この馬も札幌1500mで非常に高いパフォーマンスを見せてきたんだけど、1500mの持ち時計はなんと稍重にして2歳の最速。

タイムだけで語れないのが競馬だけど、さすがにこのパフォーマンスでは無視できないし、いい感じに人気もない。

上位の2頭と違ってこの馬は今のところまったく府中の舞台の適性、具体的には瞬発力がどれほどのものかわからないので、ここでその強さを見極めたい側面が強い。

まぁジャスタウェイの息子だから府中が合わないはずはないと思うけど。まだまだ未知だからね。

 

とは言え流れた厳しいペースでも速い脚を使ってきているし、前走の反応・加速・そしてラップタイムを見る限りだと全く問題ないと思う。

ひそかに上位評価の2頭を負かすかも...と思って期待してる。

 

連下△ 5 ミディオーサ

  △ 6 レディードリー

  △ 14 ウインゼノビア

  △ 15 ライデンシャフト

 

連下には4頭を選定した。

 

まずミディオーサは新潟で強い競馬で勝ち上がってきた。パフォーマンス的には上位評価した馬たちには及ばないんだけど、調教の感じとかを見ているとさらに上積みがありそうで、ここでもっとパフォーマンスを上げても不思議じゃないのと、スローペースになった場合の決め手は上位。

騎手も信頼が置けるので、総合的に見て切ることはできないかな…

 

レディードリーは全く人気がないんだけどデンコウアンジュするならこの馬かな。

今までのレースを見ると府中のワンターンの舞台は非常に合うと思うし、距離延長で追走がもう少し楽になりそうなのは大きい。

少なくとも前走見せた末脚はここでも上位だと思うので、あとはその脚をより厳しい流れ・展開の中でも出せるかどうか。前半をいかに楽に走れるかがポイントかな。

そこに関しては未知だけど鞍上もこの条件を得意としているので密かに期待したい。

 

ウインゼノビアも楽しみな1頭。前目からスローの展開になれば後続を出し抜ける。

前々走のパフォーマンスはかなり強かったと思う。

それに普段の調教とか、厩舎のコメントとかを見てると重い馬場になればよりパフォーマンスを上げてきそうなので、今日の夜の一雨は恵みになるかな。

あとは枠が外なので序盤をどの位置に付けるか。個人的には前につけてライデンシャフトの後ろにつけて欲しいね。

 

最後にライデンシャフトも非常に面白い1頭。タイムはあんまり当てにならないので、前走の9馬身差をどう評価するかというところなんだけど、個人的にはかなり強い競馬だったと思う。

時計はともかくタイム指数はかなり良くて、これはまぐれでは出せないからね...現状の人気は舐められ過ぎだと思う。

ただこの評価に落としているのは、正直内田騎手と合うかどうかが微妙だと思っていて、この馬は前半無理をしないことで後半のパフォーマンスを上げてくるように見えるので、典型的ダートタイプのゴリゴリ押す内田騎手だと気難しい一面を覗かせてしまうかも...そこは悩ましい。

とは言え、前走のパフォーマンス+今の人気でいくと間違いなく買い。なので連下では押さえておきたい。

 

 

買い目

単勝:8 ¥3,000

馬連:2-8 ¥2,000

馬連:1-2・8, 8-5・14 各¥1,000

馬連:8-6・15 各¥500

 

合計¥10,000 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ