★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2018年菊花賞【出走馬考察】アフリカンゴールド

f:id:syuuuun709:20181015230424j:plain

アフリカンゴールド (騎手:松若)

春の実績馬たちに待ったをかけた前走

新鋭松若を背に名前の通り菊の舞台でゴールドを掲げろ

 

 

前走は強い競馬で1000万常連のアロマドゥルセやフォイヤーヴェルクを一発回答で打ち負かして菊の舞台にたどり着いた。

今年は1000万舞台勝ちが4頭出走するがいずれも個性的で面白い馬が集まったなと思っている。

5年目となり騎手としてもそろそろ一皮むけたい松若風馬を背に、菊の舞台で勢いそのまま駆け上がることが出来るだろうか、アフリカンゴールドについて考察したい。

 

血統:

父:ステイゴールド

母:ブリクセン

母父:Gone West

 

この馬も父がステイゴールドで菊の舞台にはぴったりな1頭。

その一方で牝系がデインヒルになるが、ステイゴールド×デインヒルと言うと記憶にあるのがフェノーメノナカヤマフェスタと、いずれも晩成型なイメージ。

菊の舞台にはたどり着いたがおそらくさらに本格化するのはもう少し先ではないかという気がする。 

 

来年の日経賞とか天皇賞、そのあたりの長距離戦線に登ってきてくれるといいなと感じている。

 

コース適性:〇

京都コースは1-1-0-2も、沈んだ2敗はいずれも初勝利の前の未勝利戦のもの。

 

適性と言う意味ではそんなに悪くないと思う。

 

展開:〇

自分でレースを作ることが出来る1頭。

とは言っても未勝利時代や初勝利を飾った1戦ではむしろ後ろからの競馬も多かった。

徐々に成長していく中でトモがしっかりしてきて前に来れるようになったイメージが強い。

好位からの抜け出しという王道の競馬がこの馬の強みかな。

 

兵庫特別 1人気1着 2:26:8 (3F 34.3)

62.8-59.0 スローペース

13.3-12.0-12.5-12.6-12.4-12.4-12.5-12.0-11.4-11.6-11.5

 

まずは菊への名乗りを上げた前走から。

 

小頭数で行く馬も少なかったため、飛ばしたメイショウホウトウから離れた好位2番手で追走。

後半4Fのスピード持続力勝負の中で後ろをどんどん引き離し、全く相手にせず終わってみれば4馬身差の圧勝だった。

 

確かに終わってみれば圧勝だったし、相手も1000万で好勝負をしているフォイヤーヴェルクやアロマドゥルセだったけど、辛辣な言い方をすると他の馬がだらしなさ過ぎた。

フォイヤーヴェルクもアロマドゥルセも最後の方は追うのを止めてるしね。

まぁ代替開催ということで調整などが難しかった可能性があることも頭に入れないといけない。

 

少なくとも展開に助けられたのは間違いなく、前半62.8(この馬自身で見ればさらに遅い)で序盤にまったく無理することなく、かなり余裕のあるレースになっていた。

なので4馬身差の勝利を額面通り受け取るのは危険だと思っている。もちろん、ほぼ馬なりで相手をちぎってきたのでこの馬が強いのも間違いはないけど。

 

渥美特別 4人気1着 2:11:9 (3F 35.6)

58.8-60.9 ハイペース

12.6-10.9-11.2-12.1-12.0-12.2-12.5-12.5-12.1-11.6-12.2

 

逆に前々走の渥美特別ではハイペースの中前目で先頭を追走し、それでも上がり最速で駆け抜けて古馬を全く相手にしなかった。

 

まぁラップだけを見ればハイペースもこれは先頭が飛ばしたもので、この馬で見れば61~62秒というところなので実質は少しスローペースかもしれない。

このレースの見どころとしては飛ばしたブロウユアマインドがペースを落としたところで後方が一気に取り付いてきており、後半5Fぐらいの長い距離でスピードの持続力が問われている。

その中でラスト2F目にもう一度加速をするという、二段階の走りが求められたレースだった。

 

この馬はその2段階目の加速で他馬を一気に置き去りにしており、ある程度の瞬発力、と言うか切れ味も見せてきた。

古馬相手とはいえここでは素材が違ったかなと言う印象。

 

メルボルントロフィー 5人気2着 2:14:9 (3F 36.7)

61.1-60.8 平均ペース

12.8-11.5-12.4-12.2-12.2-12.8-12.4-11.9-12.4-11.8-12.3

 

3走前の敗れたメルボルントロフィーを見ると、この馬が徐々にパフォーマンスを上げているのが良く分かる。

 

このレースも逃げるスマートモノリスを見ながら2番手で追走という好位の競馬をしてきた。

このレースのラップで面白く、加速した後に一度緩み、そのあとまた加速するという持続力と言うよりは瞬間的な切れ味と器用さが要求されている。

 

 一度先頭に立つもこの切れ味ではっきりドレークに劣り、見劣ってしまった。

このドレーク比較でみるとエタリオウとか相手に好戦するのは中々難しいかな、と正直感じる。

ただこのレースでは道中フラフラしたり、今と比較して調教がそんなに良くなかったりまだまだ馬が子供だった印象も受けるので、この1戦だけで評価するべきではないと思う。

ただ瞬間的な切れ味と言う意味では今回の上位馬たちには少し劣るかもしれない。中々それが要求されるレースにはなりにくいけど。

 

まとめ

前走は確かに強かった。

が、展開にも助けられているし本当に強かったかは正直まだ様子を見ないとわからないと言える。

そう考えると今のオッズは少し過剰人気じゃないかと感じている。

おそらく、菊花賞の2,3着が傾向的に荒れやすいのもあって、こういう前走強い競馬をした穴目の馬と言うのは人気してしまう傾向にあるんだろうなぁ。

フィエールマンもしかり。

 

この馬のセールスポイントとしては明らかにどんどんパフォーマンスを上げてきているという点と、まだ本当の底を見せていないという点か。

前走で古馬を子ども扱いしたあの脚がまだまだ本当のものでないとしたら、ここでも好勝負出来る可能性は大いにある。

ただ前述したように本格化するのはまだまだ先なんだろうと思う。

 

一方で強い先行馬が揃ったこの中で今までのような位置をしっかり取れるかは個人的に大いに疑問を感じている。

もともとこの馬は逃げ馬でないし、見た感じはスピード能力そのままに位置が取れているだけなので、行きたがる馬が多く、しかも強さも折り紙付きの馬が多い中で、今までのような好位を取れるかは大きなカギとなるだろう。

 

枠順発表を見てしっかりとそのあたりの展開を考えたい。

現状では強く狙わないつもりでいる。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ