★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2019年オークス 注目馬紹介②

オークス (GⅠ)

5/19 () 15:40発走

芝2,400m (左 外)

 

2019 オークス 注目馬紹介②

 

 

シゲルピンクダイヤ (和田騎手)

父:ダイワメジャー

母:ムーンライトベイ

馬主:森中蕃

調教師:渡辺薫彦

生産:天羽牧場

 

今回は知っての通り、ノーザンの馬が非常に多い。(実に登録馬のうち12頭がノーザン)

そして、このオークスはノーザンや社台系の馬が本当に強い。


その中で非ノーザン、非社台で唯一の勝ちを意識できる馬で、その姿はさながら、甲子園常連校に立ち向かう雑草魂溢れた弱小校のようなもの。

とはいえここ2戦は強い競馬を見せており、人気を大きく上回る競馬を見せている。

むしろ、もはや弱小校という表現は失礼ですらあるかもしれない。


普通に考えると桜花賞馬がいない今回は、2着馬のこの馬こそ本命になっても何ら不思議はない。


この馬の強みとしては、やはりあの末脚。

上がり最速でダノンファンタジーを飲み込まん勢いだったチューリップ賞も、後方から上がり最速を叩き出した桜花賞も、本当に素晴らしかった。

特に、個人的に注目したのは、あの馬込みをものともせず末脚を披露できた前走は凄かったと思う。

競走馬にとって重要な闘争心、操縦性という点でも良い馬だと思う。

あの競馬ができるのがわかったのは、今後を考えると非常に大きな収穫だった。


テンション、左回り、馬体の維持と今回も超えるべき課題は多い。

特に初輸送となるので、これがどう出るかは非常に重要となるけど、上がりの脚が使える馬は通常オークスでは問答無用で買いだし、現状だと馬券から外す手はないかなとは思っている。

 

ラヴズオンリーユー (Mデムーロ騎手)

父:ディープインパクト

母:ラヴズオンリーミー

馬主:DMM

調教師:矢作芳人

生産:ノーザンファーム

 

桜花賞組がクラシックの王道路線とするならば、忘れな草賞からきたこの馬は、対・オークスの王道路線と言えよう。

まさに最初からここを狙い撃ちにしてきた馬で、緩さが見た目にも残る中で、しかもアクシデントがありながら強い競馬を披露した前走は非常に見所があった。

想定ではけっこう人気しているけども、血統面や脚質からも致し方ないのかもしれない。


とはいえ、この馬は課題も多い。

まずはいわずもがな、少頭数の競馬しか経験がないので、おそらくオークスは最後方がそれに近い位置どりでの競馬になると思う。

ミルコだし強気強気の競馬をする可能性ももちろんあるけども、スタートの接触で一気にヒートアップした前走を見ても、なかなか強気の競馬を見せるのはまだ難しそうな気もするので、基本は折り合い重視になるはず。


そしてもう一つは、やはり輸送。

1週間時点でもけっこう馬体はほっそりしているように見え、現時点でもけっこうギリギリの状態のように見える。

現状ではなかなか馬体の増えない、あるいは維持が難しい馬なんだと思う。

調教後の馬体重は要注目だけど、やはり、何よりも当日の馬体重。

これが450kgを切ってくるようだと、危険信号で個人的には嫌いたい思いが強くなるかな、と感じている。

 

ビーチサンバ (福永騎手)

父:クロフネ

母:フサイチエアデール

馬主:金子真人ホールディングス

調教師:友道康夫

生産:ノーザンファーム

 

現時点では穴目で期待したい一頭のひとつ。

まぁ実績からすると馬券に絡んできてまったく不思議はないし、まだ他馬との勝負付けは済んだと思っていない。特にこの距離では。


この馬の強みは追ってからの反応の良さと、その脚の持続性。

アルテミスSクイーンCなんかを見ても、この世代で見て上位の力にあり、しかも安定している。

逆に言うと極めて高いレベルでは突き抜けた能力がなく、GⅠなどでは善戦マンになってしまう。


血統面からするとこの馬も2400mという距離には前向きにはなれないけども、単純に馬の気性や走りを見ていると、この馬は不安が少ないと思う。

特に走りは府中にピッタリだと思っていて、府中だと加速面、足の持続性がワンレベル上がるように見受けられる。

し、調教も友道康夫お得意のクラシックディスタンス仕上げになりつつある。

ツイッターでも述べたけど一週間前調教は非常に良かった。


なので、去年のリリーノーブルのように、本番での序列の逆転は十分に可能。

まだまだ奥のある馬だと思うし、今までの競馬で上記のような能力評価を下すのはまだ早いと思う。


本番は6番人気ぐらいになるだろうと思っているので、あとは他の注目している穴馬の状態を見て、この馬の買い方を決めたいと思っている。

 

 


 

 

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ