★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2019年オークス 注目馬紹介①

オークス (GⅠ)

5/19 () 15:40発走

芝2,400m (左 外)

 

2019 オークス 注目馬紹介①

 

 

コントラチェック (D・レーン騎手)

父:ディープインパクト

母:リッチダンサー

馬主:キャロットファーム

調教師:藤沢和雄

生産:ノーザンファーム

 

今回のV候補No.1といっていいと思う。

まず明確な弱点がなくて、テンもスピードも高く先行力がある。

それに、2走前の菜の花賞では58.3のラップを自ら刻みながら、最後まで伸びて後続を引き離していた。相当強いと思う。

ここにD・レーン騎手とくるとまさに鬼に金棒といった印象を受ける。

このオークスでノーザン一番期待の馬はやはりこの馬なんでしょう。

 

懸念点を上げるとすれば3つ。

 

1つ目は左回りの経験がないところ。

これに関しては、手前の替え方もスムーズでむしろ器用な競馬するタイプなので、個人的にはまったく問題ないと思う。

 

2つ目は府中コースが初めてであるということ。

これに関してはなかなか難しいけど、中山ほどの適性はないように現時点では感じる。

ダイワスカーレットやアエロリットのように府中でも強さを発揮する逃げ馬もいるし、そうでない馬もいる。

こればかりは走ってみないと難しい。

ただ、馬場で考えた場合は先週のような超高速馬場が好ましいのは間違いないので、今週の雨模様は若干マイナスに働くだろうと思う。

この天気予報のままなら当日は若干時計のかかる馬場になるはずで、その中で逃げ切ろうものなら大したもの。

 

3つ目は逃げ以外の戦法の経験がないこと。

個人的にはこれが一番な懸念になると思う。

 

スピードがあり過ぎることが大きいけども、今までの勝ったレースは全て逃げによるもの。

逆に後塵を拝した2戦はいずれも番手の競馬だったのは興味深い。

調教師は前に馬をおいても問題ない、と言っているけども、これはあくまでもこの馬のリズムで進めることができた時の場合だと思う。

万一、先頭を他の馬に取られてこの馬のリズムでレースを進められなかった場合は、惨敗しても何ら不思議はないリスクがある。

 

とは言っても、新馬戦はともかく、教育のために無理やりその番手の競馬にして敗れたサフラン賞も決して弱くはなかったし、重箱の隅をつつくような懸念なのかもしれない。

 

ただ、やはり牝馬の未知の距離の2400mだし、馬場から見ても近年のトレンドで見ても、今回のオークスはタフな競馬になりそうだと考えている。

それに桜花賞のレベルも例年以上に高く、各馬のレベルは非常に高い水準にあった。

そして何より、先週の競馬ファンたちのDレーンへの喝采は当然騎手たちの耳の中にも届いているはずで、今週はただでさえ逃げ馬で目標になるのに、馬も騎手も目標にされることになる。

 

以上を鑑みると、いかにノーザン期待の馬といえど、この馬にとってもオークスを勝ち切ることは決して容易ではないと考えている。

 

クロノジェネシス (北村友騎手)

父:バゴ

母:クロノロジスト

馬主:サンデーレーシング

調教師:斎藤崇史

生産:ノーザンファーム

 

バゴ産駒というとなかなかオークスのイメージが湧かないけど、ダノンファンタジーに比べるとこの馬の方が、距離に関しては幾分融通がききそうな気はする。

それは先週のレーン旋風の前にはこの馬が想定の一番人気になっていた点からも明らか。

ただ脚質や走法は確かに実にオークス向きといった感じはして、ある意味馬券内に来るだけのレースをしろと言われたら確実にもってこれるだけの力はあると思う。

 

とは言え、桜花賞で見るとダノンファンタジーに劣っていたのは確かだし、かかりながらもグランアレグリアを負かしに行ったダノンファンタジーに比べるとパフォーマンスとしては物足りなかった。

勝つにはもう何段階か恵まれる必要がありそう。

イメージとしては、ダノンファンタジーよりも少し前か、もしくはダノンファンタジーの真後ろなどでピッタリ目標にする位置がベストだろう。

ダノンファンタジーが確実に来ることが前提にはなるけど…

 

アイビーSの競馬などからも、決して後ろからの競馬だけの馬ではないと思うので、今回は少し攻めた位置取りを期待したい。

 

 

ダノンファンタジー (川田騎手)

父:ディープインパクト

母:ライフフォーセール

馬主:ダノックス

調教師:中内田充

生産:ノーザンファーム

 

人気馬の中で最も取捨の難しい馬…

というか、個人的には即切りしてもいいぐらい2400mという距離に懐疑性があるんだけど、どうもノーザンはコントラ並みにこの馬に期待してるフシがあるのが気になる。

 

前走でもチューリップ賞でもそうなんだけど、前半の折り合いは見てるこちらがハラハラする暴走一歩手前の走りを見せていて、ベストは1200〜1400mなんじゃないか?と疑いたくなるくらいの前傾姿勢。

将来的にはダノンスマッシュみたいになりそうな気がしなくもないんだけど、まぁ確かに冒頭でも述べたようにオークスマイラーでも活躍できる舞台ではある。

 

走りに関していうとまさに現時点で世代トップクラスなのは間違いなく、前走もグランアレグリアに最も惜しいところまで迫ったのもこの馬。

あの展開では如何ともしがたかったけど、差されたとはいえ勝ちに行ってのあの競馬は強かったのは間違いない。

 

なのであとは本当に、距離がどうかだけ。

ただ、タフな流れでスタミナを要求されれば馬群に沈むと思うし、スローなら折り合いが非常に難しい。

意外と好走条件は限られていると思う。

一つのプランとしては、スローの場合は一か八かレイデオロのダービー戦法をするプランも個人的にはアリだと感じるけど、さすがに川田騎手だしそれをすることはないかなと思う。

川田騎手なので、10中8,9、王道の競馬でくると思う。

 

そして、王道の競馬でくるのであれば、今回は切りの一択だなと、個人的には感じている。

現時点では。

前提に考えている今回の条件だと、この馬を逆転する可能性のある馬はけっこう多いと思う。

 

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ