★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2019年オークス 1週間前予想

オークス (GⅠ)

5/19 () 15:40発走

芝2,400m (左 外)

 

2019 オークス 1週間前予想

いよいよやってきた府中連続G1開催。

クラシックの中でも特に重要視される、クラシックディスタンスの2400mで行われるオークスは、まさに現時点での牝馬の頂上を決める戦いとしてふさわしい舞台といえる。

 ただし、その中でも今年は桜花賞を制したグランアレグリアが不在である。

経験上、こういう年のオークスは荒れる傾向が強いような気がするけど、今年は人気馬に実力馬が揃い、単純に力が求められる1戦になりそうな気もしている。

とはいえ、今を時めくノーザンの馬たちも実に10頭以上名を連ねており、桜花賞で好成績を残した馬たちも決して油断はできないだろう。

 

まずは1週間前の今、フラットな目線でこの1戦の予想を行いたい。

 

レース展望 ~馬場~

まず現在の府中の馬場状態は、連日メインでレコードを叩き出したように空前の超高速馬場。

なので、まず前提として速い時計で走る力が要求されるのは間違いない。

 

しかしながら、現在の1週間前予報を見ると、来週はどうも週の半分ほどは雨模様。

しかも金・土曜日も雨の予報である。

こうなると、本番の日はフラットな馬場状態で迎える可能性もあるし、天気の悪化がずれ込めば道悪決戦になる可能性もある。

 

なので、いったんここは現時点ではあまり考えないようにしたい。

 

レース展望 ~傾向~

有名なオークスの格言の一つに、 「瞬発力のあるマイラーを狙え」というものがある。

これはその名の通り、1600m(つまり桜花賞)に強い馬はオークスでも強い、ということを言った一言で、過去10年でも桜花賞で好成績を残してきた馬たちがオークスでも好成績を残しているところを見ると、あながち間違っていない。

 

とはいえ、大多数の人は普通、こう思うだろう。

 

 

オークスって800mも長くなるのに、1600mの馬で大丈夫なの?」と。

 

 

その言葉は正しい。

当然、ジョッキーや調教師たちもそう考える。

そして、3歳牝馬にとって2400mの距離は全馬が未経験なので、彼らはこう考える。

 

「前半は無理をせずにいきたい」

 

その結果、歴代のオークスの大半のレースはスローペースになって、後半の瞬発力勝負になっている。

つまり、前半の800を流して、後半の1600mで勝負をする馬がほとんどだ。

その証拠に、過去10年、いや15年の傾向を見てもほぼすべてのレースでスロー~平均以内でペースは収まっているし、ほとんどのレースが差し・追い込み馬たちで決まっている。

 

実は、そういう事情もあってこのオークスは日本のG1の中でも特に距離適性が問われないレースの一つなのである。

 

しかし、最近になって少しだけ状況が変わってきている。

下を見てほしい。

 

2018年 110 アーモンドアイ

2017年 110 ソウルスターリング

2016年 106 シンハライト

2015年 105 ミッキークイーン

2014年 101 ヌーヴォレコルト

2013年 100 メイショウマンボ

2012年 109 ジェンティルドンナ

2011年 98 エリンコート

2010年 100 アパパネサンテミリオン

2009年 108 ブエナビスタ

2008年 101 トールポピー

2007年 104 ローブデコルテ

2006年 101 カワカミプリンセス

 

上の数字は、過去10数年のオークス勝ち馬の時計を指数化したもの。

(自分+色んなサイトの指数を合わせて平均化してます)

 

ジェンティルドンナブエナビスタの年はいずれも三冠を達成(もしくは準三冠)したレベル高い年だったことをを考えると、だいたいどの年も100ぐらいでまとまっているのが面白い。

ただ、ここに来て4年連続で指数が上がり続けている。

アーモンドアイは言わずもがな強すぎたのもあるけど、これは、最近の競走馬のレベルが上がってきていることに起因していると考えている。

 

これを見ると最近の競争レベルが底上げされていることがよくわかる。(特に、2~5着の馬たちの指数を見ると)

 

 

最近になってスーパーレコードを連発しているのは、もちろん馬場の影響も多分にあるんだろうけど、競馬のレベル自体が底上げされてきたことも大きい。

馬具の進化、ジョッキーの進化、外厩の進化、意識の変化...色んな要因があると思う。

 

 

話は長くなったけどこれからもオークスのレースレベルは徐々に上がっていく方向に行くんじゃないかと思っている。

ましてや今年はコントラチェックという強い逃げ馬がいるので、決してレースレベルの低い戦いにはならないだろうと思う。

 

 

なので結論、

今年は瞬発力マイラーではなく、

タフな流れのこの距離でも戦えそうな馬を重視したい。

(前談が長くてすみません。。)

 

レース展望 ~展開~

上記でも述べたように、コントラチェックがいるので今年は緩い流れにはならないように思っている。

(馬場が速いことと、人気馬たちのレベルが例年に比べても指数的に高めなことを考えると、60.0ぐらいで入っても結果的にスロー、とかになりそう)

 

なので、今の超超・高速馬場+このレベルの馬たちだったら

60.0-24.5-58.0 (2:22:5)

ぐらいがベースラインになってくると思う。

 

書いてて思ったけど、このタイムやばいな…

 

でも、今の馬場状態ならこれぐらいは出てしまう計算になる。

もちろん天気も悪そうなので実際はもう少し遅い馬場になるでしょうが...

 

 

 

明日以降は、この読みの中での注目馬たちを紹介します。

 

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ