★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2019年マイラーズカップ 【本命予想】◎6 ダノンプレミアム

マイラーズC (GⅡ)

4/21 () 15:35発走 芝1600m(右 外)

 

2019 マイラーズS 本命予想

 

2012年から京都芝1600mで行われるようになった安田記念の前哨戦だが、近年は開幕馬場の恩恵もあり高速決着が目立つ。

昨年のサングレーザーなんかは1:31:3と非常に速い時計だった。

今日の1000万以下の1600m戦で1:32:8という時計も出ているところを見ると、 今年も高速決着になりそうな馬場状態なので、極端なスローなどにならなければ走破時計としては1:31秒台を求められてくるだろう。

 

今年は小頭数ということもあり、なかなか紛れは起きにくいと思うので、かなり絞った予想としたい。

まぁ、本来ならば買うレースでなく見るレースだからね。。

 

本命◎6 ダノンプレミアム (川田騎手)

父:ディープインパクト 母:インディアナギャル

馬主:ダノックス 調教師:中内田充

生産:ケイアイファーム

 

 

1週間ひたすら穴馬を探し続けてきたけど、 さすがに逆らうことは難しそう。

不安としては2つあるかなと思っていて、一つ目が調教で舌を出したり普段見せない姿を見せている点。いかにこの馬といえど、久しぶりのマイル戦なので落ち着いたレースができるかどうかは少し不安がある。

まぁ調教を見ると、マイル仕様でしっかり仕上げて出してきそうなのでそこは問題はなさそうかなと思う。

 

2つ目は、色んなところでも言われているけど、持ちタイムがないという点。

そこに関しては、この馬の持ちタイム上は朝日杯の1分33秒台がベストではあるんだけど、今までのレースぶりやスピードから考えて1分32秒前半~1分31秒後半はまぁ楽に出せるレベルにあると思う。

そこから先は正直走ってみないとわからないけど、常々思うのはマイルという舞台は本当に適性が大事だと思っていて、本当にマイルに完全適性がある馬とない馬では、タイム勝負で大きな差が出てくる。

 

今回のレースとは少し話が変わるんだけど、自分が最も気にしているのはそこで、この馬はまだ正直どちらか全くわからないけど、この高速馬場であれば今回である程度はっきりするかなと思う。

ここは間違いなく本命ではあるけど、おそらくアーモンドアイも出てくるであろう安田記念において本命にできる器であるかどうかを、ここでしっかりと見極めたい。

(アーモンドアイが出る以上、安田記念も同じような馬場状態が続くのであれば、今年は下手をしたら1分30秒台の決着になりそうなので...)

 

対抗〇3 インディチャンプ  (福永騎手)

父:ステイゴールド 母:ウィルパワー

馬主:シルクレーシング 調教師:音無秀孝

生産:ノーザンファーム

 

去年のアーリントンカップで本命にして、よくここまで成長してきたな...としみじみ感じる。

ただまだ成長途上だと思うので、今回は間違いなくダノンプレミアムに胸を借りる立場でしょう。

 

右回りよりも左回りのほうがはっきり良いので、正直この人気ほどの信頼度はまだないと思っているし、圧倒的1番人気が相手+前哨戦+福永騎手と、ある意味、最も足をすくわれる可能性が高い条件がそろっているけど、ここは力で何とか面目を保つだろうと思っている。

安田記念のダークホースとなるためには、ここは連は外せないね。

  

穴▲2 パクスアメリカーナ  (藤岡祐騎手)

父:クロフネ 母:グローバルピース

馬主:山紫水明 調教師:中内田充 

生産:千代田牧場

 

この馬も成長著しいけど、ダノンプレミアム以上にタイムの不安がある(+高速馬場への適正)ので、この評価まで。

もしかしたらパンパンの良馬場よりは時計のかかる馬場状態にずっと適性があるんじゃないかとも思うけど、前哨戦のここなら好勝負してくれると期待。

 

追って少し鈍いところがあるので、騎手には早めの仕掛けを意識してほしい。

 

連下△1 ストーミーシー  (北村友騎手)

父:アドマイヤムーン 母:リーベストラウム

馬主:ミルファーム 調教師:斎藤誠 

生産:ミルファーム

 

穴ならこの馬。

スピードは1:31秒台を視野に入れても問題ないと思うので、小頭数のここは期待できる。

近走はなかなかまともに走っているレースのほうが少ないぐらいなので、鞍上にはここは内枠の利を生かして、周囲をアッと驚かせる末脚を見たいね。 

 

連下△8 グァンチャーレ  (池添騎手)

父:スクリーンヒーロー 母:チュウオーサーヤ

馬主:松本俊廣 調教師:北出成人 

生産:中央牧場

 

まぁ馬券内に来れるかは半々かとは思うけど、さすがにこのメンバー構成なら3着は狙えそう。

ただこう言う馬場は個人的には合わないと思っているので、少し評価は下げたい。

 

連下△9 ケイアイノーテック  (シュタルケ騎手)

父:ディープインパクト 母:ケイアイガーベラ

馬主:亀田和弘 調教師:平田修 

生産:隆栄牧場

 

 

なかなか買い時が難しい馬だけど、今回はこの評価で。

プラス要素は芝のマイル代わり+終える騎手というところで、シュタルケ騎手も面白いと思うけど、上位2頭への逆転までは難しいと思うので。

 

 

買い目:

馬連

3-6 ¥2,500

2-6 ¥1,500

三連単:

◎-〇▲-〇▲△ 各¥1,000

 

計¥10,000

 

 

 

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ