★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2019年【事前予想】フローラS その3【今年も波乱があるのか】

フローラS (GⅡ)

4/21 () 15:45発走 芝2000m(左)

 

2019 フローラS事前予想その3

オークスのトライアルレース第1弾、ダービーまでの長き府中開催の始まりを告げる、まだうら若き乙女たちの1戦。

桜花賞から日が浅いのもあるので、必然的になかなか世代最強の馬は参加がないのが通例ですが、

その分混戦となりやすいのか、かなり荒れるレースとして知られています。

最近で言うと、モズカッチャン(17年、12番人気1着)、ヤマカツグレース(10番人気2着)、パイオニアバイオ(18年、13番人気2着)あたりが印象深いでしょうか。

 

特に、上記の馬の前者2頭もそうですがハービンジャー産駒が中々好調な結果を残しています。(パイオニアバイオはルーラーシップ産駒)

 

今年で言うと、ハービンジャー産駒はエアジーン(Mデムーロ)、ルーラーシップ産駒はフェアリーポルカ(和田)、パッシングスルー(石橋修)が該当します。

 

また、今年は重賞勝利馬も不在のためにより混戦模様が強いように感じます。

まずは前日予想として、出走予定馬を見ていきたいと思います。

  

フェアリーポルカ (和田騎手)

父:ルーラーシップ 母:フェアリーダンス

馬主:椎名節 調教師:西村真幸 

生産:ノーザンファーム

 

牡馬に混じってのレースで好成績を残してきたのがこのフェアリーポルカ

前走の勝ちを経て、このレースでは堂々の主役を張ろうという勢いだ。

果たして、牝馬の中で力の違いを見せつけオークスに向かえるだろうか。


…という矢先に大外18番を引いてしまった。 

これはこの馬にとっては非常に良くない結果で、内のレオンドーロも先行力があるし、ヴィエナブローやフォークテイルが主張してくると位置どりが悪くなる危険もある。


とはいえしぶとい脚も持っているため、良い位置を取れればこのメンバー関係なら見せ場は作りそう。

取捨に迷う一頭になった。

 

フォークテイル (田辺騎手)

父:ロードカナロア 母:フォルクローレ

馬主:サンデーレーシング 調教師:中川公成(美浦) 

生産:ノーザンファーム

 

ゲートの欠点はあるものの、二の脚は速く、なかなか強い競馬を見せてきてるのがこのフォークテイル。

所詮は明らかに緩さが残る中で圧勝し、前走も出遅れがなければはっきり勝っていたでしょう。


ただ追い切りを見る限り、本格化はまだまだ先で展開待ちになるでしょう。

スムーズに競馬をすることが出来れば上位に来そうだけど、最近の田辺は流れが悪そうなのがどう出るか。

 

この人気のままなら穴で押さえたい。


ペレ (大野騎手)

父:ハーツクライ 母:ホットチャチャ

馬主:NICKS 調教師:奥村武(美浦) 

生産:ノーザンファーム

 

府中の未勝利戦で良い末脚を見せて来たけど、ハーツクライ産駒らしく本格化はまだまだ先かなと思う。

現状ではおそらく追走にも苦労すると思うので、この馬が馬券に絡むとすれば、前が潰れて後ろの馬が結果として前を拾う形になった時かなと。


なかなか勝利まで狙うのは厳しそうだけど、先行馬たちがいずれも良い枠を引いたので、後ろの馬としては押さえたい気持ちは強くなったので、買い目と相談して。


レオンドーロ (柴田大騎手)

父:スクリーンヒーロー 母:コスモルーシー

馬主:ビッグレッドファーム 調教師:伊藤大士(美浦) 

生産:ビッグレッドファーム

 

人気と実力が一致していない馬の一頭だけど、フラフラ走ったり集中を欠くことが多いのでこの外枠はマイナスに感じる。

出来れば内枠で馬込みの中に入れてあげたかったかなと。


今回は切りたいけど、いずれどこかで穴を開ける馬だと思う。

 

ローズテソーロ (黛騎手)

父:ハーツクライ 母:ロマンシエール

馬主:了徳寺健二 調教師:金成貴司(美浦) 

生産:幌村牧場

 

現状はまだまだ足りないと思うけど、再内枠を引いたので、モズカッチャンする可能性が少し出て来たかな。

このレースで勝てる二パターンは、レースをコントロール出来る馬と、他馬を圧倒する末脚を持つ馬と言ったけど、もう一つのパターンが内枠で上手く立ち回っていく、モズカッチャンのパターン。


圧倒的1番人気を府中で負かしているし、少し不気味な一頭。

 

ヴィエナブロー (藤田菜々子騎手)

父:Camelot 母:Danish Delight

馬主:吉田千津 調教師:林徹(美浦) 

生産:Mr Hubert Mazeaud

 

今回のレースで少し異色なのがこの馬。

 見るからにダート馬っぽいところがあるけど、陣営はここに使って来た。


強みがあるとすれば、牡馬の中で揉まれながら走って来た経験かな。

 

とはいえさすがに強調材料は少ないか。



 

 

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ