★回収率100%を超える☆週末馬券生活

競馬歴は約10年。単複・中穴派でトータルの回収率は90%ぐらい。得意な競馬場は東京、中山、京都。競馬のレース予想、レース回顧をメインに書いていきます。たまに競馬界のことや競馬の思い出なども呟いていきます。目標は年間で回収率110~120%を本気で目指します。

2019年【事前予想】フローラS その1【今年も波乱があるのか】

フローラS (GⅡ)

4/21 () 15:45発走 芝2000m(左)

 

2019 フローラS事前予想

オークスのトライアルレース第1弾、ダービーまでの長き府中開催の始まりを告げる、まだうら若き乙女たちの1戦。

桜花賞から日が浅いのもあるので、必然的になかなか世代最強の馬は参加がないのが通例ですが、

その分混戦となりやすいのか、かなり荒れるレースとして知られています。

最近で言うと、モズカッチャン(17年、12番人気1着)、ヤマカツグレース(10番人気2着)、パイオニアバイオ(18年、13番人気2着)あたりが印象深いでしょうか。

 

特に、上記の馬の前者2頭もそうですがハービンジャー産駒が中々好調な結果を残しています。(パイオニアバイオはルーラーシップ産駒)

 

今年で言うと、ハービンジャー産駒はエアジーン(Mデムーロ)、ルーラーシップ産駒はフェアリーポルカ(和田)、パッシングスルー(石橋修)が該当します。

 

また、今年は重賞勝利馬も不在のためにより混戦模様が強いように感じます。

まずは前日予想として、出走予定馬を見ていきたいと思います。

  

アモレッタ (三浦皇成騎手)

父:ディープインパクト 母:オペラクローク

馬主:ゴドルフィン 調教師:藤原英昭 

生産:ダーレージャパン

 

今年唯一のディープインパクト産駒。

ディープ産駒はこのレース2-1-2-15、複勝率98% で可もなく不可もなくといったところだが、

この馬はまだ1戦のみしか経験しておらず、立場としては穴馬的存在。

 

今回は1頭回避が出たため抽選無しで出られることが確定している。(4/18現在)

 

前走はかなりいいレースをしていて、圧倒的1番人気の中、前目から早めに捲って長くいい脚を使ってきた。

フローラSはこの「長くいい脚」が要求されやすいので、この馬はなかなか面白い存在だと感じている。

 

初輸送、相手強化するので当日の気配を見るまで厚くは張れないが、要注目の1頭。

 

イノセントミューズ (蛯名騎手)

父:ヴィクトワールピサ 母:アイアムラヴィング

馬主:社台 調教師:笹田和秀(栗東) 

生産:社台ファーム

 

想定人気は全くなく、府中も始めてでなかなか評価がしづらい1頭。

鞍上もかなり落ち目なので現状は全く馬券に入れる気はないが、こういう馬が激走してしまうのがフローラSでもある。

中京2000mでも好走経験があるため、調子が上向いていれば面白いかもしれない。

 

ただ現状のフォームを見る限りでは小回り向きな印象を受けるので、現状は府中の2000mでは厳しいかなとは思う。

将来的にはどこかで1発ありそうなタイプなので、人気落ちした条件戦で買いたい1頭かなぁと思う。

 

ウィクトーリア (戸崎騎手)

父:ヴィクトワールピサ 母:ブラックエンブレム

馬主:シルク 調教師:小島茂之(美浦) 

生産:ノーザンファーム

 

今回のレースのカギを握る1頭。

4戦2勝の2つはいずれも逃げ切り。

わかりやすい気持ちよく逃げれれば強いタイプ。

前走の逃げ切りはかなり強かった。

 

すでに逃げ宣言をしているので、枠順が非常に重要になると思う。

 

ただ逃げ切ったレースは函館、中山なので、府中の2000mで同じようにレースができる可能性は低いとみている。

他の馬がどれだけ絡むかにもよるが、現状ではこれだけ人気(想定1番人気)するのであれば、目を瞑って切るのもありかなとは思っている。

 

ウインゼノビア (松岡騎手)

父:スクリーンヒーロー 母:ゴシップクイーン

馬主:ウイン 調教師:青木孝文(美浦) 

生産:村本牧

 

結構注目している1頭。

昨年の夏はかなり強い競馬をしていて、未勝利戦(府中)とクローバー賞の競馬はかなり強かったし、この時点では桜花賞も面白いと思っていた。

ただアルテミスSで4着に敗れると、ジュベナイルでは見せ場なく惨敗して放牧となった。

 

アルテミス辺りからかなり調子を落としていたそうで、立て直しの効果がかなりあるようなのでどれほど上がってきているか期待したい。

 

未勝利戦の感じの競馬ができれば十分圏内だと思っているので、あとはどれだけ調子を上げてきているか。

ただ追切を見た感じだと、まだデキ7割という感じなんだよなぁ。。狙いたいんだけど。

 

エアジーン (Mデムーロ騎手)

父:ハービンジャー 母:ラスティングソング

馬主:ラッキーフィールド 調教師:堀宣行(美浦) 

生産:ノーザンファーム

 

冒頭にあげた、このレースに強いハービンジャー産駒の1頭。

ただ個人的にはそれで強く狙えるとは思っていない。

想定も結構人気しているし。

 

ずっと中山を使っていたこともあり府中の適正は未知だが、鞍上も最近はめっきり影が薄く、2走前に人気を裏切って敗れているので相性がどうか、というところかな。

 

けっこうモズカッチャンと重なるところはあるんだけど、追切の走りとかを見る限りまだ子供だし、厳しいかなとは思うが...

 

エトワール (内田騎手)

父:ハービンジャー 母:ファシネイション

馬主:近藤英子 調教師:牧光二(美浦) 

生産:ノーザンファーム

 

ハービンジャー産駒その2、さらに前走はエアジーンと最後まで競い合ったがわずかにクビ差届かず敗れてしまった。

ウチパクへの乗り変わりは、おそらくエージェントが同じことに起因しているんだろうけど、そういう事情もあって現状は強く狙えないかなと思う。

(それこそモズカッチャンを思い出すけど笑)

 

ただ走りとしては悪くなく、エアジーン比較で見ても展開一つ、といったところなので人気がないようだと買い目に入れたい1頭ではある。

府中の実績もあるしね。

 

 

ほかの馬たちはフローラS 事前予想その2にて。

 

 

 

 

 

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

↓クリックで応援頂けると非常に助かります↓

人気ブログランキングへ